5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

個人主義は終わった 村社会を復活するべき

1 :名無しさんの主張:04/03/14 19:26
ガイ○チばっか増えて不安定なこの時代を
なんとか立て直すには
変わり者、毛色の違う人間(ガイ○チ)を排除する村社会を復活させるべき、
普通の人間が増えてけば世の中もちっとはマシになるだろ。

2 ::04/03/14 19:27
↓死ね

3 :名無しさんの主張:04/03/14 19:28

村社会が復活した翌日、私は近所に住む田中君とともに学校に向かった。
もう冬だというのに木は青々としている。
子供たちの表情は希望と活気に満ち、広場で遊ぶ女の子の額から流れる汗が太陽光を反射していた。

「人間が憎しみあう個人主義の時代は終わったのだな」
昨日までとある私立中学に通っていた斎藤君が、ほっとしたように僕たち二人に言った。
「そうだ、これからは人が人を支え合う時代なんだよ」
普段は滅多に話に加わらない田中君が、斎藤君の肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を思い浮かべて見ましょう。二本の線がお互いを支え合っているでしょう」
ちょうど出勤してきたばかりの髪の長い中年教師がそう言って微笑んだ。

小学校高学年の子は長年使ってきた参考書をブックオフに売り、真新しいサッカーボールを購入した。
「個性とかは不要だ。普通が一番だ。これからは日本中に普通の元気な声を響かせよう」
少年らしい生き生きとした表情で男の子は言った。

青空のなかををツバメが横切っていった。



4 :名無しさんの主張:04/03/14 19:31
3が標榜する社会とは共産主義

5 :名無しさんの主張:04/03/14 19:31




つまらない

6 :名無しさんの主張:04/03/14 19:33
共産主義になった翌日、私は近所に住む田中君とともに学校に向かった。
もう冬だというのに木は青々としている。
子供たちの表情は希望と活気に満ち、広場で遊ぶ女の子の額から流れる汗が太陽光を反射していた。

「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある私立中学に通っていた斎藤君が、ほっとしたように僕たち二人に言った。
「そうだ、これからは人が人を支え合う時代なんだよ」
普段は滅多に話に加わらない田中君が、斎藤君の肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を思い浮かべて見ましょう。二本の線がお互いを支え合っているでしょう」
ちょうど出勤してきたばかりの髪の長い中年教師がそう言って微笑んだ。

小学校高学年の子は長年使ってきた参考書をブックオフに売り、真新しいサッカーボールを購入した。
「詰め込み教育はもう不要だ。これからは日本中に元気な声を響かせよう」
少年らしい生き生きとした表情で男の子は言った。

青空のなかををツバメが横切っていった。


7 :名無しさんの主張:04/03/14 19:36
村社会を復活させるには、都道府県、市町を廃止して、全て村落に
変更する必要がある。
東京村、大阪村、愛知村。


8 :名無しさんの主張:04/03/14 19:36
>>1
とりあえず北朝鮮へ逝け、
そして先進国には入ってくるな

9 :名無しさんの主張:04/03/14 20:08
タコ過ぎ

10 :名無しさんの主張:04/03/14 20:43
釣れた標的を村八分にしていぢめ殺すスレ。

11 :個性と村社会 - 1:04/03/14 22:50
ttp://www.sidetrak.com/Japanese/murashakaikojinshugi_new.htm

個性を育てる上で必要な個人主義

輪を大切にする為に和が求められる村社会。個性が強く求められる時代になりましたが、個
性的なものはなかなか生まれません。そこには個人主義的考え方と生き方が育っていないか
らです。村社会的な世間体だとか掟によって拘束されているから、勝手(個人主義)なこと
はできないのです。集団を基準としているので、個人の心が求める独特な生き方をすること
ができないということです。しかし、そんな彼等彼女らも自分たちが個人主義であると信じ
て疑いません。行動がともなわない観念の世界の中だけで個性豊かだと思っているわけでが、
行動面では今でも農耕時代の村社会的拘束にがんじ絡めになっていて、身動きができない人
が多くいることが現実。これでは囚人とかわらないわけですね。この時代、飼い慣らされて
いるという他に表現のしようがありません。手足ある人間が生きるということは、観念の世
界だけで自由になることではなく、物理的な自由の下に個人の心が求める生活を送ることな
のです。村社会の日本、和を尊ぶあまり、個人主義的考えや生き方を抑えつけてきました。
これで個性が育つわけがないと思っています。



12 :個性と村社会 - 2:04/03/14 22:51

日本人は村社会の農耕民族だった

日本は、もとより農耕民族によって構成されていた村社会でした。村社会での共同作業、そ
れをともにいわう豊作祭り、村八分、、、常に団体行動が基盤となっていて、出る杭は打た
れるの喩えではありませんが、個人行動が許されない社会に人々は生きてきました。

革命経験がない

日本人は、貧困であったにもかかわらず、革命を経験しておりません。明治維新はクーデタ
ー、もしくは反対勢力による徳川幕府の転覆といった方がより正確だと思います。百姓一揆
は窮鼠猫を噛む的なものでしかなかったし、政治意識に基いた一揆を組織化したわけではあ
りませんでした。日本の国民は自主性をもって政治参加をしなかった、ということです。常
に、儒教の訓えに従って、耐えること、目上には逆らわないことなどを教えられてきました。
その点、アメリカは異なります。生活の困難があれば「耐えて良き日を待つ」受動性ではな
く、「躊躇せず障害物を取り去る」能動的行動をみせます。



13 :個性と村社会 - 3:04/03/14 22:52

    観念の世界で自由に

往々にして、日本には行動がともなわない観念論だけが飛び交っています。現実の戦争が理
想論に近い形で語られるのです。実践とは、理想と現実の妥協にあるのですが、理想論者た
ちは、この妥協を許しません。しかし元々行動がともなわないひとたちだから、実践の何か
がわかっておりません。そういう人たち同志がアフガニスタンで戦争がおこなわれている時
に、全く現実にそぐわない討論で青筋をたてている姿を目にすると僕にはその姿が滑稽にし
か見えなくなります。政府野党も、常に理想にそぐわないから、という追及だけをやり、与
党も理論的な違いを論破することができないでいます。個人行動が許されない日本村社会、、
誰でもが波風の立たない事をやっている(=個人行動をとらない)。しかし、それで気持ち
がスムわけがないから、誰でもが観念の世界に入り込んで、想像だとか夢だけを語っている
の(だけなのです)です。

    責任転嫁

要は、個人主義が許されない社会、主体性が許されない社会に生きてきた多くの人たちは、
自分が行動をとらないものだから、結果責任を他の人にもっていきます。いとも簡単に責任
転嫁をするのです。個が喪失しているとしかいえませんね。個があれば、結果というものが
自分の主体性の結末であることを自覚しています。アメリカ人も責任逃れをしますが、それ
は主体性に基いた行動結果への罰を逃れる意味での方策です。これを好しとしているのでは
ありませんので誤解なきよう願います。



14 :個性と村社会 - 4:04/03/14 22:53

    助け合い

村社会には助け合い精神があって、それが日本人の社交上の美徳となっています。しかし、
そこには限界があります。個人の意志として、例えそれが独りであっても助けるというとこ
ろまではいきにくい。常に、お隣さんを気にしています。
お隣でもやらないから、うちもやらなくてもいいんではないか、、、
お隣もやっているから、うちもやらくてはまずいだろう、、

    誰も助けてくれなかった、と他人の所為にする

以前、困っていた時に誰も助けてくれなかった、と言った人がいました。個人主義が強い僕
はこの発言に違和感を覚えました。この人は助けを期待していたのか? しかし誰も助けて
はくれなかった。個人主義的傾向強く生きてきた僕にしてみれば、結果責任は常に自分自身
であったので、こういう言葉が平然としてでてくることに戸惑いました。この人の場合、日
本が美徳としている助け合いの精神はこの人にはさしのべられなかったのです。助けを求め
る側の考え方に関してみれば、これは終身雇用制、、会社が将来面倒をみる(助けてくれる
という期待感)という暗黙の了解で人間としての主体性を会社に委ねる気持ちに似ていると
思いました。



15 :個性と村社会 - 5:04/03/14 22:54

    助ける、ことは日本人だけの得意技ではない

村の共同作業などを通じて日本人は助け合いの精神を身につけてきました。それを日本独特
の美徳と思っている人と出会うことが多々あります。しかし、僕は助ける優しさが日本人特
のものではないと思っています。欧米の個人主義者たちは、行動を示して助けます。世界の
貧困地帯で、個人の資格でボランティアー活動をやっている人たちの数、、、。圧倒的にヨ
ーロッパとアメリカ人が多いはずです。ところが、日本では助け合いどころかお金を払って
済まそうとする傾向すら強いですね。助け合いの美徳は何処に?と疑ってしまいます。

でも、ここで注意してください。欧米人の場合は助け合いではないと思うのです。助ける、
という一方通行です。助け合いには、次にこちらが困った時には助け返してもらうことへの
期待があるのではないでしょうか。少なくとも、アメリカ人がボランティアーをやる場合は、
個人の正義感などの自己納得のためのものであって、それは無償の汗の提供です。日本の贈
答のような、お返し、を期待することは、こちらのギフトにはありえないのです。

英語で、GiftとPresentはニュアンスが異なります。Giftには心の思い入れが強いのですが、
Presentはどちらかというと即物的です。何れの場合にも見返りへの期待はありません。しか
し、贈答、、には答というように、返が含まれていますね。ここに日本の助け合い精神の優
しさの限度が感じられてしまいます。 Give&Takeの精神は日本では誠意の世界まで広いので
はないか、とまで勘ぐってしまうほどですね。



16 :名無しさんの主張:04/03/14 22:54
いきなし近隣ぐるみで「仲良くしましょう」ってのを押し付けるのでなく、
家族内や親戚単位で仲良くしようってな呼びかけなら同意。

ゆとりだの何だのって叫ばれてから、
家族で同じ時間を過ごすどころか、
問題を共有することすら避けられているんじゃないのか。

17 :個性と村社会 - 6:04/03/14 22:55

    日本の良い面

日本の良い面にも触れたいと思います。ですが、今の日本では悪い面が圧倒的に目立ち、良
い面が角で小さくなっているような気がします。

    村社会の原点が和の精神にある

日本特有の、「和」の精神、、、。良く考えると、村社会を保つ原点がここにあるような気
がします。だから、集団の仲間たちは、いつもニコニコ顔の八方美人をやる。これも、個人
主義が育たなかったからこその特徴ではないでしょうか。ドングリ平均点教育にしても同様
です。集団の仲間たちと同じならばいい、とする均一的価値観、、、。だから出る杭はスグ
に打たれてしまうのです。これで個人主義が育つわけがありません。こんな理由から研究者
やオリジナルな人たちの日本流出があると思っています。はっきりといって、日本で抜きん
出るとヤッカミや意地悪からの邪魔まであるから、そんな平等主義的集団社会ではやってい
けないんではないでしょうか。


18 :個性と村社会 - 7:04/03/14 22:56

    平等と公平

日本の職場での労働者に対する富の分配の仕方は平等を基準としてますが、これは共産主義的
なもの。そこには公平がありません。これは、今さらということではなく、村社会ができてか
らのものだと思います。村社会そのものがコミューンですね。共産主義思想は科学として成立
したかもしれませんが、それは過去の経済形態の時代までのこと。経済階級を、有産階級と無
産者階級にしか分けなかった。中間階級やエリートの台頭、競争の原理、そして人間の心理な
どを全く見落としていたわけです。共産主義に顕著な独裁者たちは、政権の委譲すらを息子な
どの家族にひきわたすわけです。キューバのカストロ将軍が現在それを計画しているそうです。
過去、彼は革命の英雄だったかもしれませんが、現在では彼の個人エゴ(心理)が政治を我が
物にしている。革命後40数年、、、政権交代すらなかった個人独裁でした。そして、ヒエラ
ルキーにしたがってエリート官僚たちによる支配体制が警察権力的になっているのです。北朝
鮮は知るがごとし、中国でもそうでしたし、今でもそうです。ルーマニアのチャウシェシュク
も酷いものでした。 平等社会に見られる傾向のような気がします。

日本に個人主義を育てなければ、ネット社会での国際競争には大きく遅れをとることでしょう。
何しろドングリが考えることは右へ習えで誰もがいっしょ。これではオリジナルなものが生ま
れにくいわけです。オリジナリティーがなければオリジナリティーのある国に負けるわけです。
その為には、個性を育てることが大切。しかし、個性を育てるということは、個人主義という
土壌が初めて可能だと思いますので、今でも村社会に生きる人の間からは生まれにくいもの。
それだけ日本は、欧米から大きく引き離されることになると思います。今の日本は欧米各国か
らの特恵のもとに取り引きをやっていた時代とは異なる再出発が求められているのです。

おのざわショージ04・13・02
ttp://www.sidetrak.com/Japanese/murashakaikojinshugi_new.htm

19 :名無しさんの主張:04/03/14 22:59
('A`)マンドクセ

20 :名無しさんの主張:04/03/14 23:00
全てきっちり長方形
個性なし

21 :セニョリート民主党 ◆40WnEtzSeY :04/03/14 23:01
ポコチンの小さい人間が金持ちに進化した。

ttp://member.nifty.ne.jp/worldtraveller/cuba/cuba7.htm



22 :セニョリート民主党 ◆40WnEtzSeY :04/03/14 23:08
これが真実。
--------------------------------------------------------
多くの日本の女性達は、日本の男は最低だと考えている。

いま、女性達の求めているのは、型を破った男性である。

ムラ社会という田舎社会の中では、そこには、セックスも夢も
色褪せ、人々は組織化され、あらゆる男性が男性としての
意味を、アイデンティティを失わざるを得なくなってしまっている。

女性達は、男性に比べて行動力があるので、世界各国へ出て行き
そこで素晴らしいセックスをして、日本人の血を世界中にばら撒いてくる。

日本は、男性という機械で管理された、世界有数の女性供給国
になってしまったのだ。
--------------------------------------------------------


23 :セニョリート民主党 ◆40WnEtzSeY :04/03/14 23:18
結局、個人主義は未完成のままだった。

個人主義を否定する人間って、会社で男同士でつるんでいる連中に多い。
つまり、個人主義を否定する人間は、臨床心理学的には、「ホモ」である。





24 :名無しさんの主張:04/03/14 23:27
それのどこが個人主義だ

25 :名無しさんの主張:04/03/14 23:34
かなりハチャメチャな大卒だな

26 :名無しさんの主張:04/03/14 23:41
ボケ茄子の1よ。

個人主義って元々西洋の概念だろ。で、”個人主義”って何?まずは定義を。

次に、西洋の個人主義の国はガイ○チが多くて、日本のかつての村社会がまともな人間が多いと。何で?







27 :セニョリート民主党 ◆40WnEtzSeY :04/03/14 23:46
>>25
大卒は当たり前の時代なの。
いちいち大卒に反応するんじゃないよ。

2ちゃんねるの住民の80%以上は大卒または在学中です。

特に、大学生は暇なので、大学構内で授業中にインターネットばかり
やっていますからね。



28 :名無しさんの主張:04/03/14 23:49
キャハハハ
  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ^∀^)< キャハハハ >>27が院卒?? ギャグだろ? ネタだろ?
 ( つ ⊂ ) \_________   お お わ ら い (^∀^)
  .)  ) )
 (__)_)     (^∀^)ゲラゲラ (^∀^)ゲラゲラ (^∀^)ゲラゲラ

  (^∀^)ゲラゲラ (^∀^)ゲラゲラ (^∀^)ゲラゲラ (^∀^)ゲラゲラ

(^∀^)ゲラゲラ (^∀^)ゲラゲラ (^∀^)ゲラゲラ (^∀^)ゲラゲラ



29 :名無しさんの主張:04/03/15 00:02
村社会はなくなってないけど何か。
さらに個人主義さえ根付いてないよ。

30 :名無しさんの主張:04/03/15 00:04
「当り前の時代」という古いフレーズ

31 :名無しさんの主張:04/03/15 00:57
>>29

同意。日本ではまだ個人主義は根付いていない。
根付いたのは個人主義を履き違えた利己主義。

32 :名無しさんの主張:04/03/15 00:58
rt

33 :ACTS:04/03/15 01:09
>>31
同感です。
自由権の範囲をきちんと定義し教育しなくては。

個人主義という言葉に踊らされたり、
みんなで個性が重要などという所が相変わらず
民衆の思想の個性のなさを表していますね。
その個性が重要だという思想すら自分で考えたものではなく、
今までと同じように洗脳されているだけなのに。

人文科学の人間がもう少し科学的にならないと駄目ですね。

34 :31:04/03/15 01:35
>>33

レスさんくす。
いやぁ、ホント同意。

>みんなで個性が重要などという

こういう所がムラ社会的発想だって気づいて欲しいよね。

でもそう考えると、やっぱ日本で(本来の)個人主義が
定着するのは難しい気がしてならない

35 :名無しさんの主張:04/03/15 02:42
>自由権の範囲をきちんと定義し教育しなくては。

自由は無限で「自由権の範囲」なんてないのよ。
法を犯せば罰せられるということだけ教えればいいんです。

36 :ACTS:04/03/15 03:10
>>35
自由と自由権は違います。

自由は無限かもしれませんが、権利には範囲が存在します。

37 :35:04/03/15 03:26
>>36
自由は権利であるが範囲があるといいたいの?

38 :名無しさんの主張:04/03/15 03:36
どっちもliberty

39 :名無しさんの主張:04/03/15 03:39

出る杭は打たれるべきである



40 :名無しさんの主張:04/03/15 03:42
村社会って本当は一番民主主義多数決制に向いてる筈なんだけどね。
西洋は広場で政治を発達させて東洋は権力者の密室で政治を発達させたという事か。

41 :ACTS:04/03/15 03:48
>>37
いえ、>>36に書いたとおり自由と自由権は定義が違うということです。

例えば「自由に人を殺す」は自由の定義内に存在しますが
自由権の範囲には含まれません。

自由権とは主に法律で定義されるものです。
まああなたが>>35で書いた意見の違う表現といえるでしょう。

42 :名無しさんの主張:04/03/15 03:55
人を殺す自由は
家族や国家の危機のとき各市民がそれぞれ銃を手に取って戦う自由
としてアメ国独立宣言なんたら書みたいなので規定されている。

43 :35:04/03/15 04:16
>>41
同じことをいってるのならそれについて話をすることも有りませんね。
別のことを少し・・・
>民衆の思想の個性のなさを表していますね。
「民衆の思想の個性」の十分な国は例えばどんな国?
そんな国はないと思うんだが・・・・

44 :ACTS:04/03/15 04:19
>>42
まだわかりませんか?

その法律で全ての殺人が自由だと許されますか?

許される範囲までが自由権で
自由が定義する範囲とは違うといっているのです。

まあ現在は国によりますが、どの国にも範囲は存在します。

45 :ACTS:04/03/15 04:22
>>43
>「民衆の思想の個性」の十分な国は例えばどんな国?
それって何か関係あるんですか?

自由と自由権が違うと述べているだけですよ。
時代、国にもよりますが自由と自由権は同じ定義ではないんですよ。

日本では自由権は他人に害を与えない範囲の行動を指しますね。
自由が指す定義はあなたの言うとおりもっとひろいでしょう?


46 :35:04/03/15 04:33
>>45
「自由権」の話はもういいです。大差ない話だから議論にもなりません。
>>33で日本社会には個性ないと指摘されたことについて聞きたい
だけですよ。
とくに「民衆の思想の個性のなさ」ということがどういうことなのかと・・・

47 :ACTS:04/03/15 04:35
>>43
あっ、すいません。既に違う話をしているんですね。
まだ>>36について議論してるんだと思ってしまったんで・・。
もうそれはいいんですね。

>「民衆の思想の個性」の十分な国は例えばどんな国?
>そんな国はないと思うんだが・・・・
僕もないと思いますよ。だから「日本人」ではなく「民衆」と書いたのです。


48 :名無しさんの主張:04/03/15 05:34
            ,. ‐''"´ ̄ ̄ ̄~゙``''‐ 、
           /             ,   \
          /        i ,:i  ハ.     ヽ
          /       ,イ''ナト / ヽ‐|ト、| i
         /   |   ノ// レ'   `、!゙、.| |
        ,'    |    '! " ┃     ┃ 'l} !
        ,i    |   l   ┃     ┃  | |
       /    l    |  ,.、,,_       | |
       ,'       |  ,iニL/   ~`'''ー─┐ i |      なんでこのスレ こんなにウヨ臭いん?
       l ,|  ,. ┴r/   {)      / ノrュ!,_
         ! i'! /  { l {    ,},,___/ri'゙r''"ヽ ',
       ゙ハ/   ヾ;`ョ‐r;'コ /     | { { 个'゙_.ノ
        /   _,:ヘr'i"  | /     ヾ=ヾtュニ┐
        〈       ! {.  |'---─''''"~ レ'i {.  |
       /,ヘ     / !.{  |            i {  |
      / / ゙ヽ、___i { |             i { |
      〈,_i  |  |  | | | i { |             i.{ l
     __,.ニ=:L_|_|l_L,.!/            i/
   r''r''       l    ,!
     ̄```''''''─‐- '`'''''''''"

49 :名無しさんの主張:04/03/15 18:05

    帰ってきた村社会

 君にも見える 村々の星 ♪

 遠く はなれて 日本にひとつ ♪

 個人主義退治に 使命をかけて ♪

 荒れた 村に あとわずか ♪

 秩序の 乱れを 耳にして ♪

 帰ってきたぞ 帰ってきたぞ 村社会 ♪




50 :名無しさんの主張:04/03/15 18:08
ガイキチを隠蔽しているのが村社会じゃねーのか?

51 :名無しさんの主張:04/03/15 18:10
アゲ

52 :名無しさんの主張:04/03/15 22:14
うちの会社には、会社を辞める自由がない。
引き留めが凄まじい。


53 :名無しさんの主張:04/03/16 09:08
1の理屈でいくと村社会にはその村の安定を脅かすものを排除し、平和な
生活が保障される社会ということらしいが、その村が強いものに盲従し、
強いものの言いなりになるだけの村ならば、つまらんとは思わないか?

子供でさえも世の中にはいろいろなひとがいると理解する今、
村社会で固まって身分を保証される人生より、変なヤツをうまく交わす術を
見に付けたほうがどんな社会でも渡っていけるぞ。

1は、その村社会で村長を目指す香具師か?お前が村長になる頃には
合併で強い市に飲み込まれているだけだろうが。



54 :名無しさんの主張:04/03/16 10:01
しかし地域社会によるインフォーマルな社会統制が、
日本の低犯罪率の一因になっていたのは確か。

55 :幕府崩壊:04/03/16 10:14
いわゆるムラってとこに18歳まですんでた俺の個人的な
感想なんだが、ムラビトってなんも考えてないよ。
ネット?グローバル?なんやそれ食えるんかってな
もんで老若男女関係なし。それにほとんど小学校しか出てない
人が半数だよ。それに年下のものを隷属支配したがるから
うざくてしかたない。それがいやならムラ出てけってこと。

56 :名無しさんの主張:04/03/17 03:57
>>55

そうそう、だから権力には本当に弱い。
地方の農村部が自民党の政治家を「おらがムラの先生が〜」
って担いでる限りはこの国は良くならない。
 >>55の言うような人々には、未だに幕末の「尊皇攘夷」の
ような発想をする人が多いのもこれまた事実。

57 :名無し文責・名無しさんさんの主張:04/03/17 04:30
社会は米があってこそ成り立つ
しかし古い考えは新しい考えに見下される
というのは仕方ないことなのだ
未来は変化しえるということを
受け入れることだ

58 :名無しさんの主張:04/03/17 14:00
>>57
ご飯がダメなのかと一瞬思った

59 :正義の見方:04/03/17 15:48
よく大学の社会学の人たちが村社会なんていうが、そんなものは徳川時代で胡散霧消
しているんだ。明治になって西洋文明が入ってきたとたん個我の確立こそが近代化だと
いわれ、全体よりも個が優先する思想が導入され、村社会そのものが封建時代の遺物
として捨て去られたんだ。村の共同体組織に若者は逼塞感を持ち、村からいかに抜け出
すかが問題だったんだ。
いまでも地方の若者は都会をめざし、過疎化が進むばかりだが、都会には働き口がある
ことはもちろんだが、他人から干渉されない自由な空間があるから都会へ集まってくるわ
けで、それをまた村に戻そうというのは地球の自転を逆にするようなもので、不可能なん
だ。それより、いかに個を確立させながら、全体との距離を縮めて連帯感を持つことがで
きるか、それが問題だろう。


60 :名無しさんの主張:04/03/17 16:03
>>59
毎回思うのだが、その改行の仕方わざとやってるのか?

61 :名無しさんの主張:04/03/17 16:37
>>60
単純に横幅固定してるだけなんじゃないのか?
前半と後半で微妙に文字数が違うのが気になるところだが。

縦読みについては過去現在通じて解読できたものはなかったと思う。
全部を試したわけではないが。

62 :名無しさんの主張:04/03/17 17:36
吉井と水苔炊き

63 :セニョリート民主党 ◆40WnEtzSeY :04/03/17 23:05
ムラ社会は男と女の親密な関係を引き裂く社会であり、
ホモ社会である。

日本はムラ社会なので、ホモにとってはあまりにも居心地が良く、
欧米に比べるとホモが集会を開くようなことが起こり得ない。



64 :名無しさんの主張:04/03/17 23:07
ノンケ主義は終わった ホモ社会を復活するべき

65 :名無しさんの主張:04/03/24 06:26
ムッシュ、村々

66 :名無しさんの主張:04/03/24 06:38
あ、そうだ。みんなでキチガイになればいいじゃん。

いや既になってるか、ウヒャヒャ

67 :名無しさんの主張:04/03/25 02:35
★☆★web・キャッシング スタートキャンペーン★☆★

ホームページによるお申し込みを始めました。これを記念して
融資基準大拡大キャンペーンを実施中。
・当社では、審査・ご連絡時に貴方のご指定番号にしか連絡
いたしませんので、ご融資後のクレームがまったく無く、再融資率
が抜群に高い会社です。
・登録 都1ですが、短期高利・紹介屋では絶対ありません。
http://www.daily333.com/
携帯から  http://www.daily333.com/i/


68 :名無しさんの主張:04/04/04 23:21
村社会党を与党にして、村社会主義を復活汁。
日本村社会国。


69 :自動走行システム:04/04/10 14:32
>>1はユナボマーですか?

70 :名無しさんの主張:04/04/10 21:16
>>1
家族にも部下にも相手にされないからって剥きになるなよ。
恥ずかしいぞ。

71 :名無しさんの主張:04/04/10 21:24
>>1
すでに遅いのだよ。お前がいくら村社会復活と逝った所で、村八分の制裁を
加えたところで、痛くも痒くもないぞ。貴方の言う村から追い出されれば
、別のところに新しく村を作るだけなのだから。貴方の言う村など
所詮はただの私の道具。それを忘れずに。

72 :名無しさんの主張:04/04/10 21:46
>>1を見てわかったことがひとつある。それは>>1みたいな人間は所詮
権力にしか自分を見出せない。ところで>>1よ、変わり者の排除とは
どのようにしてやるのだ。別に貴方の考えているように、村にしがみついて
いる人しかいないわけではないぞ。

73 :名無しさんの主張:04/04/10 21:53
漏れから見れば1がガイ○チだ
別に排除までする必要はないけど、1は嫌われることが多いだろう。

74 :名無しさんの主張:04/04/10 21:59
>>1
哀れだな

75 :名無しさんの主張:04/04/10 22:01
>>1
何とか立て直すって、まさか日本社会のことではないよね?

76 :セニョリート民主党 ◆40WnEtzSeY :04/04/10 22:16
ムラ社会支持者は、男と女の親密な関係を絶つ、ホモとしか
いいようがない。

な、体育会系のホモ!


77 :名無しさんの主張:04/04/10 22:31
>>1のいう村社会に近い理想像をなしているとしたら、
京都か山梨、長野や奈良などの
庁所在地の四方を山に囲まれ夏は蒸し暑く冬は底冷えする
盆地なのかも知れない。

78 :セニョリート民主党 ◆40WnEtzSeY :04/04/10 22:33
真の個人主義社会を復活させるためには、
日本社会を、沖縄化したほうがいいんだよね。

僕は秋田出身ですが、盆地出身ではないので
ムラ社会は大嫌いです。

沖縄的な、快楽主義が日本を救うと思います。


79 :名無しさんの主張:04/04/11 05:49
>>1
自身が基地外のオマエに言われてもなぁ...

80 :名無しさんの主張:04/04/11 09:28
ところで>>1は出てこないの?

81 :名無しさんの主張:04/04/11 11:17
日本に個人主義なんか定着したことはないんだから、「終わった」というのはおかしい。

82 :名無しさんの主張:04/04/11 12:27
>>81
概ね賛成。あるとすれば「利己主義」だけ。

83 :名無しさんの主張:04/04/11 14:59
>>81>>82
いいこと言ったね。

84 :名無しさんの主張:04/04/11 15:07
年金廃止というヤシが沢山いるが、年金のない時代は親の老後
は子供が観ていた。つまり年金廃止したら親に仕送りを
しないといけないというところに頭が回らないかな。
もちろん無視して親を放り投げてもいいけど、俺はそんなこと
ムリだわ。貯金が沢山あっても年金と違って今いくらあるとか
そういう管理の業務が必要になるわけだし。

85 :名無しさんの主張:04/04/11 15:25
>>84
自分のお金くらい自分できちんと管理しなさい。

86 :名無しさんの主張:04/04/11 15:28
>>85
後期高齢者(75歳超)にそれを期待するわけ?
それができないから高齢者の問題がでている訳でしょう。



87 :774:04/04/11 16:25
日本ってどこに向かっているのかって思う時がある。
弱い小学生狙って殺したりとか・・・、社会に不満があるなら弱者じゃなくて
強者にたちむかえばいいのに。
たしかに暴力はだめだとは思うけど。


88 :名無しさんの主張:04/04/11 17:04
>>86
高齢者はまともに管理できないから、
天下り先で官僚様に使っていただいたほうが良いってか?

89 :名無しさんの主張:04/04/11 17:20
>>86
若い人にも期待しないように

90 :名無しさんの主張:04/04/11 17:29
村社会がなければ何も出来ない>>1に言われたくない

91 :名無しさんの主張:04/04/11 19:28
あはははは〜 

92 :セニョリート民主党 ◆40WnEtzSeY :04/04/13 22:58
>>87
それなら、アメリカと小泉馬鹿どのに向かっていきましょう。
ファルージャのイラク人を、アメリカの手から救うために。

日本は、同盟国フランスと共に。


93 :TUSEKO ◆RS1jrgGpdw :04/04/18 01:39
確かに田舎に住んでいると、行くところ行くところムラ社会的感覚の人物ばかりが
多くって疲れる。が、しかし・・・本人が相当しっかりしていない限り
「個人主義」ってもっとアブねーって感じ。
ホント、40代のオッサンから20代の若者まで、個人経営者や、それに類似した
立場にある人物にはアブナイ個人主義者多すぎ。
でもって就職活動してる際、私は姉にこういわれた。
「近頃、変な人が多いから、何を考えているのか誰もがわかる企業(DQN個人零細企業
よりは宗教系でも大企業のほうがはるかにマシということらしい。)、誰もが名前を知っている
企業に就職してちょうだい。」
と。これは、要するにワケの分からない個人主義者が多発して様々にブキミで不思議なことばかり
やっていて危険な世の中なんだという事を姉はいいたかったんだろうと思う。脅し、犯罪一歩手前、
怪しげで適切でない思想を若手DQN社員に語り、洗脳して自分が教祖になりあがるような・・・。
事実、私が在籍していた専門学校は規模が小さく、常勤講師から率先してこんな性格。案の定、
全部が全部でないにしろ、類似した人物ばかりが学校に出入りする始末・・・。
「類は友を呼ぶ」んである・・・。
個人主義者は、本当の厳しい競争社会を知らない、井の中の蛙、お子様でしかない。
ムラ社会はそれはそれでキツイ。
「仲間じゃないか」「友達じゃないか」という名の元に同考えても理不尽なことを
平気で押し付けてくる馬鹿がいる。
断ると「ケチ」といったり、回りに悪評を広めるのでやっかいだ。

こういう、得体の知れない感覚がはびこっていない、ルールーが確率されたうえにある
ムラ社会というのは、「いかに気持ちよく暮らしていくか」の知恵を皆で結集している
わけだからすごくいいと思う。

94 :名無しさんの主張:04/04/18 01:51
>>92
そして、「決して」フランスは立ち向かう対象にはならないと・・・。
ダブスタって気楽でいいよな。
駄レスが減らん訳だ。

95 :セニョリート民主党 ◆40WnEtzSeY :04/04/19 22:46
フランスは素晴らしい。
アメリカよりも、個人主義が確立している。

他人に対して無関心さという思いやりが確立している。
そして、ホモが少ない。

だから、他国のことなんてどうでもいい。

社会のことより、セックスのほうが大切。

セックスに費やす時間も世界一長い。

それに対して、アメリカ人や日本人は、仕事馬鹿。

そうだ、フランスは素晴らしい国だ!


96 :名無しさんの主張:04/04/19 23:35
去年熱波で3000人のお年寄りが孤独死したのってフランスじゃなかったっけ?
家族はバカンスの最中だったのかな。

97 :名無しさんの主張:04/04/19 23:41
>>93
そんなのは個人主義じゃないだろ?ただのわがまま世間知らずだよ。

98 :TUSEKO ◆RS1jrgGpdw :04/04/20 00:19
>>>97
確かにそうなんだけど、その当の本人達からしてみれば、自分はすばらしい
教祖かなんかのつもりになっていて、もう、何を言っても無駄状態・・・。
それに、何にも知らない人は本当にこういう人を心の底から信じてついて
いっちゃうしね。
ついでに、こういう奴等は、ちょと親切にするともう、「自分のパシリ」
「自分にベタ惚れのオンナ」と大勘違いして接してくるから困るんだよな・・・。
うざいわぁ〜

99 :名無しさんの主張:04/04/20 01:20
それは会社(商店)が組織として機能していないからだ。
でも、何の裏づけもないからワンマン経営や
宗教的権威によるカリスマ性で社員を引っ張って行くしかない。
別に日本に限らずアメリカのベンチャーでもよくやるし、
ソ○ーや松○でもそこまで極端じゃないが普通にやってるよ。
ただ、ト○タは下請けには厳しいけど結構、合理的だ。

100 :名無しさんの主張:04/04/20 01:22
労働者が彼の生産物の中で外化するということは、彼が対象に付与した生命が、
彼に対して敵対的に対立するという意味する。

しかし国民経済学は労働の本質における疎外を隠蔽している。
労働の外化とは、労働が労働者の本質に属していないので、そのため自分の労働において、
幸福と感ぜずに不幸と感じ、肉体と精神の消耗と頽廃を感ずることである。

だから労働者は、労働の外部ではじめて自己のもとにあると感じ、労働の中では自己の外にあると感ずる。
労働そのものが他人の労働、強制された労働なるが故に、彼を苦しめる労働となる。

労働していないとき彼は家庭にいるように平安を感じ、労働している時、彼は苦痛を感ずる。
これは、労働者が所有者に隷属している労働により私有財産が生まれる。

疎外された労働によって、人間は彼の生命活動、類的存在から疎外され、私有財産が生まれる。
労働者の労働は他人に隷属しており、労働者自身の喪失である。
労働者は、食うこと、飲むこと、生むこと、着ることに人間的な諸機能を、自分の自発的行動を感ずるのみである。

http://www.eva.hi-ho.ne.jp/nishikawasan/asa/sogai.htm


63 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)