5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

〓庶民政党の嘘と創価学会〓

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/15 09:25 ID:va9wY8vk
創価学会は生命の尊厳、世界の平和という。
創価学会が絶対支持の公明党は政党唯一の「庶民の味方」「平和政党」
という看板で国民の支持を得てきた。

宗教奴隷となった学会員が公明党を今後も支持し続ける限り「生命の軽視」
「軍隊の増強」は続きそうだ。こういう動きを断固阻止しよう。

2 :衆愚権民家:04/06/15 10:04 ID:va9wY8vk
多国籍軍というのは実質アメリカ軍の指揮下にある。
指揮下に入らないという「軍隊」を参加させるのは詭弁だ。
アメリカ軍がそれを許す訳がない。
結局自衛隊は「軍隊として」アメリカの指揮下に入らざるを得ないのは明白。

海外派兵を含め、戦闘に参加する軍隊を国民の同意もなしに、国会の承認もなしに
決めてしまった。
国民がよく分からないうちに「軍備増強」が行われつつある。
今の自公政権の遣り方で本当に平和な世の中が来ると思うか?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/15 10:46 ID:???
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040615-00000001-yom-pol

◆派遣部隊の指揮強制力は5段階◆

イラク・サマワで活動する陸上自衛隊など、イラクに派遣された各国の部隊には、米軍が定めた指揮統制規則が適用されている。
強制力の違いによって、5段階に分かれている。

陸自の「上部組織」となるのは、連合軍(多国籍軍)司令部を2分割して5月15日に発足した

〈1〉治安維持やテロ組織の掃討を行う「多国籍部隊司令部」(MNC)
〈2〉人道復興支援に従事する国の部隊を指揮する「多国籍軍司令部」(MNF)――のうち、MNFだ。

人道復興支援活動について、陸自は形式上、MNFから、強制力が弱い「戦術的指図」を受ける。だが、MNFは
陸自に戦闘への従事を命令する権限は持っていない。(読売新聞)


4 :チェキラ:04/06/15 10:47 ID:???
学会にとって、学会員の存在は集票・集金・集会員マシーンでしかない。
いいかげん気づけよ、学会員。
自民の政策に引きづられる公明に存在価値はない。
いいかげん公明の化けの皮も剥がれたろ。
ほんとに気づいてくれ。頼むから。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/15 10:51 ID:???
>海外派兵を含め、戦闘に参加する軍隊を国民の同意もなしに、国会の承認もなしに 決めてしまった。

http://www.kantei.go.jp/jp/houan/2003/iraq/030613iraq.html
イラクにおける人道復興支援活動及び安全確保支援活動の実施に関する特別措置法

衆参両院を可決法案化されているからお前はウソを言ってる。

>国民がよく分からないうちに「軍備増強」が行われつつある。

具体的にどの部隊、どの兵器が増強されたのか具体的にあげよ。

http://www.jda.go.jp/j/library/wp/
防衛白書


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/15 10:52 ID:???
>>2
ウソばっかり言うなや。まるで創価学会員と同じだな。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/15 10:57 ID:w2F26O7M
>>2よ。詭弁いってんなや。

平和維持活動(PKO)ですら以前は野党は反対してたがいまやPKO/PKF活動を
野党も重要視してる。

まして人道復興支援活動及び安全確保支援活動のどこが人命軽視・軍事増強なんだ。

狂ったカキコはやめろウザイ!!

8 :チェキラ:04/06/15 10:59 ID:???
>>5
こんなのあったよ。
http://www.janjan.jp/government/0308/0308215871/1.php

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/15 11:01 ID:???
多国籍軍つったって ドイツ フランス ロシアは不参加なんだろ?
イタリアも、派遣支持の与党が選挙で惨敗
撤退したスペインはどう出るか?だね
多国籍軍=多くの国の支持 ではないんだよな

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/15 11:04 ID:w2F26O7M
>>8
アホ!ヘリ輸送艦だそれは。空母じゃない。防衛白書をちゃんと読め!!
馬鹿ったれ。んなものは以前からあった構想で今に始まったわけじゃない。

馬鹿も休み休み言え。

だいたい防衛庁は”空母”などという呼称はしていない。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/15 11:07 ID:???
沖縄タイムズに書いてあるけど、旧型のDDHの代替でしょ!?
これのどこが軍事増強なんですかな?>>2は狂ってるということでヨロシク。

12 :チェキラ:04/06/15 11:12 ID:???
>>10
落ち着いて読んでね。
防衛庁が狙っているのは「空母型護衛艦」などという曖昧なものではなく、
れっきとした「ヘリ空母」。

伝えられるヘリ空母の概要は、基準排水量1万3500トン。
艦首から艦尾まで中央部に構造物がない「全通甲板」を備え、対潜ヘリ及び輸送ヘリを4〜5機搭載するという。
実現すれば、とかく話題となるイージス艦「こんごう」(7250トン)を抜き、
海上自衛隊の中で最大の戦闘艦となる。

防衛白書なんかに騙されちゃいかんよ。
軍備増強だろ。これは。



13 :チェキラ:04/06/15 11:25 ID:???
ちなみに、昨日完成をみた有事関連7法案は、
法律の面からの軍備増強だね。
おお、こわ。

14 :衆愚権民家:04/06/15 11:33 ID:va9wY8vk
ま、色々細かい事はあるだろうが、いずれにしても防衛予算を含め軍事関連の
予算はうなぎ登りにならざるを得ない。
日本が実際に戦闘能力を有しているかというと、アメリカ軍に比べれば横綱と小結ぐらいだろう。
年金を含めて福祉予算が十分でない折りに、わざわざ軍事強化を誰のためにやるかだ。

駐留米軍の思いやり予算、イラクへの支援、さらには多国籍軍参加のための装備強化、建てては潰し建てては潰し
やがては、自衛隊が血であがなう事にも道が開かれる。
それが正常な事か!

15 :衆愚権民家:04/06/15 11:52 ID:va9wY8vk
日本は「軍事力」依って世界を押さえられる幻想を抱き自滅した。
ドイツも、イタリアもこの幻想に沿ってきた時期があり同じような目にあった。

次に経済戦争で日本は世界第二位の国になったこともある。しかし「日本バッシング」が
起こり経済成長の弊害が一杯出てきた「公害問題」などだ。

これらの選択の結果誰にツケが回って誰が苦しんだか。よく思い出す必要がある。
政治家が戦争に身を任せ、次に「金に身を任せ」国民はそれに従わされてきた。

今度は「軍事と経済」を握るアメリカに闇雲に従っていこうとしている。この結果のツケも
国民に戻ってくる事をよ〜く考えよう。

16 :チェキラ:04/06/15 13:42 ID:???
イラク問題に関して言わせてもらえば、
日本は、パリクラブの中で、最大のイラク債権国だと聞いた。
つまり、世界一のイラクに対する債権保有国だということ。
だから、債権放棄問題だけは決して譲歩しないで欲しい。
憲法を骨抜きにし、財政を削ってまで、イラクに対し復興支援を
行っている訳だから、加えて債権まで大幅に放棄してしまえば、
なんとも切ない話になるではないか。
与党支持のみなさん、ほんとお願いしますよ。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/15 13:52 ID:???
>衆愚権民家

志位さん元気??

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/15 14:07 ID:???
言葉の端っこをあげつらうようですまないが、ヘリ輸送艦ならヘリを搭載する時
クレーンか何かで甲板に乗せ、降ろす時も同じようにする。これなら輸送艦として納得する。

実際はヘリで直接甲板に離発着自在の船だろ。
こんなもの、言葉を弄んでいるだけでヘリ空母以外の何ものでもない。
だいたい、専守防衛を是としている日本に於いて必要があるのかね。

俺は日本にもいざという時の為、この程度の戦力の保持はあっても良いと
思うけど、いささか国民を馬鹿にしすぎ。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/15 14:57 ID:???
いま学会では、「この本だけは絶対読むな!」と全国の組織に指令が出ているんだそうです!
だからこそみんなで読もう!

富士大石寺顕正会発行 「日蓮大聖人に背く日本は必ず亡ぶ」
http://kenshokai.or.jp/kangyou/index.htm

とりわけ158ページ以降
「創価学会の仏法違背」-「御遺命守護の戦い」は全学会員必読!
http://kenshokai.or.jp/kangyou2/index.htm


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/15 17:04 ID:???
2次隊待つ難敵−1 ■割れる地元世論 2004年5月20日 東京新聞
ttp://www.tokyo-np.co.jp/00/kakushin/20040520/mng_____kakushin000.shtml

 先月、一時帰国した業務支援隊長の佐藤正久一佐は、極秘任務を帯びていた。地元から高まるさまざまな支援要求に、具体的
な回答を日本から持ち帰ることだった。
 サマワでは自衛隊の活動への不満が高まっている。地元紙の世論調査では「自衛隊派遣を有益とは思わない」との意見が51
%を占め、「思う」の43%を上回った。その一方で、自衛隊を応援するデモもあり、失望と期待が交錯する市民の心情をのぞ
かせる。
 派遣部隊は、当初計画していた隊員による道路や学校の補修を、現地で雇用したイラク人に任せている。サマワのオランダ兵
が手りゅう攻撃で死亡した翌日の十一日には、イラク人を使っての国道補修を開始した。
 補修工事は三カ所で同時進行し、治安悪化とは裏腹に支援活動は拡大している。襲撃におびえて縮こまるより、雇用を求める
地元の声に応え、協力者を増やすことが部隊の安全につながるとの考えからだ。
 だが自衛隊に大規模な事業を発注する権限はない。地元雇用は「講演、執筆、作業などを委嘱された者に対する報酬」という
名目の「諸謝金」を使って進めているのが実情だ。本年度の「諸謝金」は、宿営用地を借り上げた残金の一億円強。陸自幹部は
「毎月一千万円のカネで安全を買っている」と、派遣部隊の不安定な立場を解説する。


9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)