5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【狂牛病】米国政府に騙されるな

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/01 10:39 ID:T4tiq4rJ
米国政府は「牛の餌から肉骨粉を取り除き、へたり牛を食用から取り除き、
屠畜方法を改善すれば、BSEについては十分に安全だ」と言っている。
http://japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20031231-20.html

ところがこのスキームには隠されたウソがあった。

普通に見える牛でも、BSEの病原体が居るのだ。へたり牛だけ取り除いても意味がない。
ブッシュと農務省は食肉業界の手先となってこの事実を隠蔽して、あたかも「安全である」
かのように宣伝している。

日本が行っているような屠蓄前の全頭検査以外に、科学的に安全な方法でBSEのリスクから逃れる
方法はない。

日本政府は最後まで、全頭検査を米国政府と農務省に要求すべきだ。それ以外に安全といえる
方法はありません。

http://mutteraway.exblog.jp/i4

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/01 10:45 ID:ibzQyGDn
牛食いたい

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/01 10:48 ID:K1YlL2uk
そうだ、もしもこれで日本政府が折れたらもう誰も内閣なんて信用しないぞ!

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/01 19:27 ID:Ucpw8H65
マクドナルドの牛だけは全頭検査してるってね。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/01 19:42 ID:6w9epZj7
てか、脳ミソ&脊髄食わなきゃ安全なんでしょ?
べつに輸入してもよくない??

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/01 22:37 ID:h9G83w0a
アメリカでは近年アルツハイマーの患者が激増し、大きな社会問題となっています。
特に最近では若者の発病が急増しています。
しかし若年性アルツハイマーと呼ばれる患者の中に、
新型クロイツフェルト・ヤコブ病が多く含まれているのではないかと疑われているのです。
アメリカの多くの市民団体が政府に対し、狂牛病の発生を認めその対策を取るよう要請しています。
確実にアメリカ国民の肉離れは進んできています。

そして肉が余って困るから、日本や韓国に安く売っているんです。
フランスでは狂牛病のことをトラクター病と言っているんですよ。
なぜなら、トラクターで穴を掘って、牛の死体を隠していたからだそうです。
イギリスでは人間の発病が126人と言われていますが、本当は2ケタ違うとも言われています。
私たちに届いていない情報がたくさんある、ということです。
http://eco.yskasp.com/group/2002-4/01.html

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/01 22:39 ID:h9G83w0a
【韓国】狂牛病(BSE)患者が発生【焼肉危険】
韓国でクロイツフェルト・ヤコブ病患者発生
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/09/18/20030918000016.html
全羅(チョンラ)北道地域でクロイツフェルト・ヤコブ病と疑われる患者が発生し、
病院側が疫学調査に乗り出した。
18日、全北(チョンブク)病院によれば、A(40/公務員)さんが
記憶力の損失や小便障害などクロイツフェルト・ヤコブ病と
疑われる症状で治療を受けているが、依然昏睡状態のままだという。

病院側は「患者の脳組織を精密に検査してみないと分からないが、
脳細胞が相当損傷を受けるなど、クロイツフェルト・ヤコブ病がほぼ確実」と明らかにした。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/02 11:11 ID:7D6KNB0E
>>4
下記をご覧下さい。米国のひき肉はみんなAMRという器械をつかって、骨についている
肉を、まるごと磨り潰し、そこからひき肉を作っています。肉屋で買うひき肉とは違う
種類のひき肉をつかっているんです。骨や骨髄はBSEのリスクがきわめて高い事は知って
ますよね。

さて、マクドナルドのハンバーガーは安全でしょうか?

http://www.sasayama.or.jp/jouhou/jouhou040223.htm
肉処理

ここ数年、消費者団体は、アメリカにおける肉処理システムについて、批判を強めてきた。
すなわち、一定の慣行が、BSEの原因となっているということである。
これら団体の関心は、機械的に分離された牛肉に集中した。
筋肉の付いた骨は、押しつぶされ、押し出し機を通じて押し出され、ペーストとなる。
そして、AMRは、ベルトと骨プレスを使って、骨から肉をそぎとっていくものである。
これらの両方とも、死骸から肉片の最後まで、そぎとることを目的としたものである。
これらの処理物を使って、ハンバーガーやホットドッグを作るのが通常である。
不幸なことに、ワシントンでBSEが発生したことで、これらについての対応を余儀なくされた。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/02 11:18 ID:7D6KNB0E
下記をご覧下さい。2002年のEUの調査では、287頭もの普通に見える牛がBSEに感染していました。
へたっている牛だけを分離しても、BSEのリスクはまだ十分にあるのです。


http://www.sasayama.or.jp/jouhou/jouhou040223.htm
BSEサーベイランスについて

USDAのウェブサイトで、サーベイランスについて書かれていることにもとずくと、当局の
サーベイランスシステムは、たとえ、百万頭の成牛の中で、一頭のBSE感染牛が存在
していても、それを検出しうるレベルにあるとされている。
...
この主張は、USDAのウェブサイトにも書かれているように、ヨーロッパの検査データに
よって、反論されているとおり、誤った仮定にもとづくものである。
確かに、BSEのリスクは、ダウナーでない牛よりも、ダウナーの牛のほうが高い。
...
しかし、USDAは、これにとどまらず、アメリカに存在するすべてのBSE感染牛が、ダウナー
牛の中で発生しているものと推測してしまっている。
実際、EU委員会のデータでは、2002年には、287頭もの普通に見える牛がBSE陽性の
判定を受けている。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/02 11:28 ID:OrtUaFXT
>>5
そういう問題じゃなくって、これで日本側が折れたらますますなめられる。
政府レベルだけじゃなく、民間レベルもアメリカの言いなりって。
アメリカのあの横柄な態度が問題。気に入らん。
日本は、今後10年はアメリカからの食肉輸入締め出しとか、それくらい厳しい措置をするべきだな。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)