5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

MRSAの治療法?

1 :卵の名無しさん:04/05/25 14:33 ID:BlFEJcJ2
MRSAですといわれた知人がいますが、見舞いに行く場合
手洗いすればよいのでしょうか?
また、その付き添いの人にアドバイスをしたいが知識がないので
教えてあげることができません。

ご教授ください。

ちなみに、その病人はMRSAと看護婦から言われたそうです。
感染原因は病院じゃないって。


2 :卵の名無しさん:04/05/25 14:35 ID:OJ0VMq2o
貴方自身の全身を検査してみたら皮膚や鼻の穴や消化器にMRSAいるかも知れませんよ。

3 :卵の名無しさん:04/05/25 14:35 ID:tnF/cc02
オートクレーブ

4 :卵の名無しさん:04/05/25 14:37 ID:uxU1xt4K
MR. SAusageか、看護師にそういうニックネームを付けられるとすれば
相当な一物だな。うらやましい。

5 :卵の名無しさん:04/05/25 14:44 ID:DMDuI0H8
>>1
小さなお友達ですね
                     → .  ミエネェゾ、ゴルァ!!

6 :卵の名無しさん:04/05/25 17:56 ID:oLa8wpl1
 ペニシリンが開発されてから半世紀を過ぎ、各種抗菌薬により感染症の治療が容易になった
のみならず、悪性腫瘍の治療、大手術、移植などを土台で支える役割を果たしており、現代の
医学を根底から支える薬剤となっている。しかし、抗菌薬が多用されるとともにこれに耐性の
菌株が出現し、耐性菌に有効な薬剤が開発されるとまた新たな耐性株が出現するという、いた
ちごっこが繰り返されてきた。
 このようななかで、1980年前後にメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)が日本の医療社会
に出現し、約10年の経過で大都市から地方へ、大病院から中小病院へ拡大した。また、この10
年、入院患者から検出される黄色ブドウ球菌の70%がMRSAとなっているが、市中患者からの
検出率も徐々に上がっている。

7 :卵の名無しさん:04/05/25 17:57 ID:oLa8wpl1
 1980年ごろにはバンコマイシン注射剤は輸入されておらず、ほかにもMRSAに使用できる薬剤
がなかった。MRSA感染症の適切な治療法も知られず院内感染を起こしやすいこともあり、大変
恐れられた。このことがマスコミに盛んに報道されて社会問題にもなった。当時作成されたMR
SA対策マニュアルは、その反映として社会からMRSAの撲滅を夢見た厳しいものが多かった。
 しかし今日、MRSAはほとんど常在菌のような形でヒトに定着している。感染症状は無効抗菌
薬投与中の体内異物(血管内カテーテルなど)が留置されている入院患者がほとんどであるこ
と、発症例に対してはバンコマイシン、テイコプラニン、アルベカシン、ST合剤などが使用で
きることなど、状況は大きく変化している。また、MRSA検出例の90%前後は単に定着(コロニ
ゼーション)しているだけで、感染症状はほとんど見られないこと、狭い範囲に抗菌薬投与患
者が密集している急性期病院以外ではそれほど蔓延しないこと、抗菌薬投与を受けない患者で
はそのうちMRSAは消失してしまうことなども明らかにされてきた。そういうなかでも保菌者に
対する厳しい隔離的なマニュアルのみが生き残り、保菌者に意味のない差別を強いることにな
っているのが実情である。

8 :卵の名無しさん:04/05/25 17:58 ID:oLa8wpl1
 このような状況を踏まえ、在宅医療の場においてはMRSAを他の病原微生物と特別に区別して
扱う理由はなく、one of them の病原体と考えるべきであろう。一般的な清潔動作さえ励行さ
れていれば、在宅医療の場では特別扱いする必要はない。ただし、在宅で中心静脈栄養などが
行われている症例では、MRSAの有無にかかわらずカテーテル管理には十分な注意が払われるべ
きである。また、病院に入院する際は、周囲の手術患者や易感染性宿主への蔓延に注意すべき
であるが、それぞれの病院の実情に合わせて必要な院内感染対策を行えばよい。MRSA保菌患者
の診療拒否が許されるはずもないことは肝に銘じておくべきであろう。このような注意はカル
バペネム耐性グラム陰性桿菌や、バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)にもあてはまる。
 なお、日本感染症学会(http://www.kansensho.or.jp/)や東京都福祉局
http://www.fukushi.metro.tokyo.jp/)のホームページも参考にしていただきたい。

MRSA保菌者の在宅管理
稲松孝思 東京都老人医療センター感染症科部長

9 :卵の名無しさん:04/05/25 19:53 ID:BlFEJcJ2
非常に参考になります。
その人は現在、熱が37−38度あります。
追われるように、別の病院へ移されることが決まりました。
また、某病院は受け入れ拒否です。
○民病院の出来事です。



10 :卵の名無しさん:04/05/25 20:11 ID:D2YEtAyf
MRSAなんてそこら中にいる菌だし気にする必要は全くなし。
君がAIDSとか、90才の寝たきりとか、新生児でなければ。

あなたはMRSAですって言われたの?
それはお前は大腸菌だとか、お前は肺炎球菌だって言われたのと同じで、いじめとしての状況以外では日本語として成り立たない。
君の知人が黄色ブドウ球菌そのものなら話しはわかるが・・・


11 :メチシリン耐性黄色ブドウ球菌:04/05/25 22:40 ID:QfaIn8wI
>>10
MRSAですが何か?

12 :緑膿菌:04/05/25 22:50 ID:Yh70BFAS
>>11

おまえ最近出てきた割に態度でかすぎ。
もう少し遠慮しろ。

13 :メチシリン耐性黄色ブドウ球菌:04/05/25 22:56 ID:QfaIn8wI
>>12
うぁ緑色のキモイおいちゃんだ。
時代遅れなんだよ!
知ってる?
最近の若い茄子は、耐性菌のピオでもあんまり気にしないんだよ。
やっぱり時代はメジャーな、わ・た・し。

でも兄弟分のVRSAもまだまだ認知度低いのよね。

14 :緑膿菌:04/05/25 23:06 ID:Yh70BFAS
>>13

確かに時代遅れかもしれんが、
尿路や呼吸器はまだまだ俺たちの勢力は強いんだよ。
immunocompromized host ばっかりひっ付きやがって。
もうちょっとどうどうと感染してみやがれってんだ。

15 :VRE:04/05/25 23:07 ID:Xfh0782x
おまえらもう古い.
これからの時代は俺。

16 :mrsa:04/05/25 23:13 ID:QfaIn8wI
>>14
だって弱ってる方が楽なんだもん(  ̄ー ̄)

>>15
強い漢って、す・て・き。か弱い私はバンコに負けちゃうの・・・
でもちゃんとTDM測定してる石、少ないのよね。
茄子も全然理解してないから、適当にdripしてるし。

17 :Mr.S.A.:04/05/25 23:27 ID:LQDted7E
今、気づいたけど、俺のイニシャルS.A.だから、Mr.をつけると(ry

18 :mrsa:04/05/25 23:40 ID:QfaIn8wI
>>17 anal sexさん?

19 :トリコモナス:04/05/26 14:01 ID:tLUGXHOj
良スレハケーソ

20 :mrsa:04/05/27 22:32 ID:85pq6nl9
>>19
原虫ハケーン


( ゚д゚)ノ○ メトロニダゾールドゾー

21 :ドキュソルビシン:04/05/27 22:36 ID:5dhO+pqH
VRSAはまだですか??

22 :ジアルジア ランブリエンザ:04/05/28 15:30 ID:dd3fuTHm
わたしの仲間が集うスレは ここですか?

23 :まるとふぃりあ:04/05/28 15:43 ID:yVuRmUTr
これからはわれらグラム陰性桿菌の時代です。


24 :カルバペネム耐性しゅーど:04/05/28 20:51 ID:jCGu5a52
>>13
うちの病院の茄子もおいらよりも傷から出たM男のやつばっかり気にしてるな。
おいらは今のうちに勢力拡大して>>23やら大腸菌のやつに、耐性遺伝子教えてやるからまってろ。

25 :prion:04/05/28 22:47 ID:zi3etUeW
o(・_・= ・_・)o キョロキョロ・・・仲間?

26 :卵の名無しさん:04/05/28 22:51 ID:wq2oZ56O
バンコ  バクトロ 手洗い ウェルパス

27 :Candida:04/05/28 23:44 ID:FmulvVi5
おまいら、おいらを忘れてる事があるだろ?

28 :まるとふぃりあ:04/05/28 23:46 ID:yVuRmUTr
>>24
僕はもともとほとんどカルバペネム耐性ですよ。

29 :卵の名無しさん:04/05/28 23:56 ID:Y4oO4Yuo
>28
どういうこと??

30 :prion:04/05/29 00:00 ID:kOfAB9vU
>>29
ttp://www.nichibiken.com/rinsyou/rinsyou_sub16-2.htm#Stenotrophomonas

31 :卵の名無しさん:04/05/30 06:51 ID:MH/e0ZaC
S maltophiliaは、染色体上に確かにメタロをもっているのも事実。
むかしはPseudomonasに分類されていたのも事実。
でも、今はPseudomonasとは区別されている。S maltophilaは治療しにくいが
弱毒性なので治療すべきかどうかがそれ以上に問題となる。
通常、緑膿菌のカルバペネム耐性は排出ポンプ関係のpore異常がメインなので
緑膿菌がもともとカルバペネム耐性とはいえないと思う。

32 :卵の名無しさん:04/05/30 06:58 ID:MH/e0ZaC
ごめん、
24の名前はマルトフィリアになっていたのに気づかなかった。
てっきり、23の流れからは緑膿菌とおもってた。

ちなみにこれからは、CA-MRSAとメタロが主流になると思ふ。

33 :ESBL:04/05/30 07:30 ID:/ZivRtqA
多剤耐性ですが、何か?
セファマイシンには弱いけどね。

34 :セラチア:04/05/30 14:09 ID:/MlOXF09
打たれ強さには自信があります。

35 :卵の名無しさん:04/05/30 18:16 ID:WEwSurmt
マーサ三宅

36 :TBC:04/05/30 20:10 ID:jsxEXlMu
これからは、漏れの時代さ。
ベッカムもそう言ってるぜ。

37 :カルベニン:04/05/30 20:15 ID:DatWZ7T4
私を使ってもらうのにさえ院長の許可がいる。

38 :Candida:04/05/30 20:32 ID:OwBRTbEv
で、そろそろ私の出番では?

39 :卵の名無しさん:04/05/30 21:18 ID:WEwSurmt
製薬会社からの金額によって
医局長が全例術後抗生剤を決める大学があるんだぜ。
泣けるだろ。

40 :カルベニン:04/05/30 21:44 ID:hMvIHhZe
>>38
いえいえ私の守備範囲外です。

41 :フル○リン:04/05/30 21:49 ID:8dNeHqDC
>>39
公協規違反と知りつつ、文献、スライドで勘弁して下さい。

42 :TBC:04/05/30 21:59 ID:jsxEXlMu
>>40
ふふふ、効かぬなぁ。
何故効かぬか、分かるまい。漏れは、生まれついての帝王の星。

43 :卵の名無しさん:04/05/30 22:27 ID:ysN1JRRV
RFP+ST は結構、除菌に有効だよ。

44 :卵の名無しさん:04/05/30 22:27 ID:ysN1JRRV
RFP+ST は結構、除菌に有効だよ。

45 :卵の名無しさん:04/05/31 02:28 ID:VmQdO6ho
>>44
退かぬ、媚びぬ、顧みぬ。テーベーに、抗体はないのだ。

46 :BLNAR:04/06/01 07:28 ID:rs2yKiBG
俺って薬屋の宣伝のために生まれた気がするのだが・・・

47 :卵の名無しさん:04/06/01 23:06 ID:jvJaW1TQ
よさそうなスレなのにもうネタ切れ?



48 :卵の名無しさん:04/06/02 00:57 ID:avh0mcLU
>>39
そんなの常識だろう?


49 :カルバペネム耐性しゅーど:04/06/02 01:20 ID:goh9gsbR
>>28
亀れすだが、そうですた。
>>32
おいらは緑膿菌のつもりで書いた。不勉強でスマソ。

で、メタロの遺伝子入りプラスミド、ヤフオクに出品すますた。

50 :卵の名無しさん:04/06/02 01:53 ID:GrReF+tr
>48
耐性菌で逝きなさい

51 :卵の名無しさん:04/06/03 11:32 ID:Z+56PWaM

クラビット点眼薬のネブライザーとか
ハベカシンのネブライザーとか。

緑茶のネブライザーとか、

いみないんですよねえ・・・


52 :卵の名無しさん:04/06/03 11:38 ID:55ik7HFy
>>50
うちの医局
月初めに医局長から紙のきれっぱしを渡される
そこには特定の抗生剤の名前が・・・
なんてことは無いメモ書きみたいなもんなんだが
それにしたがって術後予防投与の抗生剤や
どうでもいいとき(何でも効くとき)の抗生剤が決まる
古い話だがメロペン発売の時なんか露骨だったよ(後発だったからね)

薬剤>>>>>>(無限大>>>>>>>医者の手技料

である以上当然の帰結だと思うよ
何も恥じる必要は無い
それが国策だ

53 :卵の名無しさん:04/06/03 12:27 ID://T80Syz
サイクリングってどうなん?
この話を最初に聞いたとき、うさんくさいなぁと思ったんだが。

54 :汁3ダース軍曹:04/06/03 18:57 ID:vvmwBSTQ
>52
恥知らず

55 :卵の名無しさん:04/06/03 18:59 ID:hkDt73yp





56 :卵の名無しさん:04/06/03 19:03 ID:55ik7HFy
>>54
まぁ恥を知ってたら大学病院なんかでは勤められませんわね(笑


57 :まるとふぃりあ:04/06/03 20:13 ID:Qp1Puumq
>>57
ICUにおいて確か、死亡率を下げたかなんかの
トライアルがあったけど信用ならんような。


58 :多剤耐性アシネトバクター:04/06/04 06:48 ID:htcTihxB
サイクリングは、病院全体で変更していかないと全く効果がない、
あるフロア、ある病棟、個人の受け持ち、そういうレベルでやっても
意味がないんだってさ。

東北大のかく先生がうちで講演したときは言ってたよ。

・・ただし、個人レベルから流行りそうな予感がするが・・・
サイクリングいい!て思った奴からやり始めちゃうんじゃない?

59 :まるとふぃりあ:04/06/04 09:58 ID:zBu/NIAf
>>58
いや文献検索してもきっちりと手法まで書かれた
トライアルがないんです。本当はかく先生も疑問
に思っているような気がします。
唯一のトライアルがICUにおいてってやつだったん
でどうしてもしたいならかく先生のおっしゃるとおり
フロア全体でしなくちゃいけないのでしょうねえ。


60 :卵の名無しさん:04/06/05 07:47 ID:cb/sbScl
6〜8>>大変参考になりました。
母が病気で寝たきりになり、意識レベルも低い状態で入院しています。
検査したらば、ろうを作った場所に菌が入ってしまったので部屋を移動しました。と言われました。
それ以外の説明は受けてないんですが、部屋に入るときに殺菌した上着を着てはいらなくてはならないのと、
帰りにナースが念入りな消毒方法を教えてきたという事から、母はMRSAに感染してるのではないかと。

このような場合病院側からは説明ないんですかね?
ナースに聞いても曖昧な説明しかないし。
明日は父が仕事休みで見舞いにいけるんで、こちらから話を聞くつもりではいますが・・

患者の家族が注意する事や、患者の為にできる事ってあるんでしょうか?
話を聞く時に、曖昧な返事をされないように聞いておくべき事があったら教えてください。






61 :卵の名無しさん:04/06/05 10:43 ID:hRbXxG1r
せっかくの良スレの方向を変えちゃダメ! >>57-60

62 :カルバペネム耐性しゅーど:04/06/05 23:12 ID:xabdpJRC
>>60
MRSAに感染しているということとMRSAが検出されているということは、大きく違うので注意するように。
で、家族からMRSAが検出されたら、一番気をつけることは、部屋から出るときにほかのものを触る前に必ず殺菌剤(入り口に置いてあるでしょ)を塗ることだとおもう。

MRSAが検出されているだけのときには、その人にはなんら害は及ぼしていない。
しかし、そこからほかの人に移って害を及ぼすことが多い。
移るためには、99%人間の手を使っていかないと無理なのです。
それが、医者であろうと、看護婦であろうと、見舞いに来た家族であろうと。

ちなみに、今の時代MRSAなんてその辺にうようよしているから、
環境中から検出された、と言って愛知県のH病院のMRSA騒ぎのときに大騒ぎしていた某新聞、おまいらは罵禍マスゴミぶりを世間にさらしたな。


で、スレの方向を元に戻と、、、
Mより、漏れの方がよっぽど怖い気がするが、誰も怖がってないね。

63 :まるとふぃりあ:04/06/05 23:47 ID:TO8A6duy
>>62
ポリミキシンB点滴だー

64 :メガロシン:04/06/06 01:58 ID:vDjT8yX1
バンコ使う前に俺がいるだろ?

65 :TBC ◆d5N1/ATPNU :04/06/06 02:05 ID:cFt8vScD
>>62
ふふふ.......

66 :ドキュソルビシン:04/06/06 02:37 ID:jFm5d9g+
>62
ニューキノロン使う、タゾシン+アミノグリコシド使う、モダシン使う、アザクタム使う・・・
で今のとこ何とかなってますなり。でもスーパーシュード出ると手に負えないですね。ブルブル

67 :まるとふぃりあ:04/06/06 10:29 ID:F9JDxD6z
>>64
えっ?
>>66
最終兵器がポリミキ点滴ですわ。

68 :卵の名無しさん:04/06/06 12:54 ID:V8q+NjOe
>66
うだ。うちの場合、カルバペネムに耐性でもCAZに感受性あるだ。が、これまで
2株ほど両方耐性があったなぁ。そういえば、うちでもとうとうPRSPでLVFX耐性
菌がでてしまったぞ。レスピラトリイ キノロンとかいってMICをちょこっと
超える濃度で使うからだぞ。どうだ、怖いだろ

69 :もう12時半田ね。:04/06/06 12:59 ID:eVHi1tar
>今の時代MRSAなんてその辺にうようよしているから、

んだ。NEJMにも市中感染症でもかなりが既にMRSAだったつうのが
載ってたね。米国の話だし、別にMethicillinがRでも他のが効けば
全く問題ないんだけどね。向こうじゃやたらVCM使うからなあ、G(+)
cocciだと。そのうちガクブルな事態になるんじゃないかと…。



70 :卵の名無しさん:04/06/06 13:13 ID:5nRiVSLq
人間に使う抗生剤よりも
牛や鶏に使う抗生物質のほうが数倍大量だからね
これを規制せずに病院の使用法のみうんぬんするのが馬鹿らしい
市中に溢れているのも当然の事だわね

71 :卵の名無しさん:04/06/06 13:23 ID:oX3CxrDT
クニミツハッケーン

72 :卵の名無しさん:04/06/06 14:44 ID:cFt8vScD
>>69
うちの病院でMRSAが2例出て、「すわ、院内感染か」って話になったが、
耐性のパタンが全然違った。
一方は、VCMとかしか効かん菌でもう一方が、MINOとニューキノロンの両方が
有効だと..........漏れは違う菌だと思うけど、皆さんの御意見キボンヌ。

73 :卵の名無しさん:04/06/06 15:13 ID:5nRiVSLq
>>72
普通別のものだと判断すると思う


74 :メガロシン:04/06/06 15:17 ID:MMae68fS
>>67
確実に効果が期待できる薬は緊急時や最終兵器にのみ使えということ。

MRSAにバンコが効かんくなったら流石にやばいでしょ?

75 :卵の名無しさん:04/06/07 08:01 ID:0BJPc6qW
>72
MRSAのMINO感受性を調べると、少なくともうちの場合はきれいに
2峰性のパターンを示し、統計上は違う群とみなせるとでた。そこで
喜んで調べたが、同一人物、同一検体で抗生物質を使ってないのに感受性を
示したり示さなかったりしたので、アテにならんと判断した。
今年の感染症学会でもどこかが緑膿菌についてだが、感受性とPFGEパターン
は一致しないとだしてた。
>74
ネリゾネドじゃだめ?どこかが発表してたと思うけど(二ヶ月ほど前の
medical tribuneにちこっと載ってたような..???)

76 :まるとふぃりあ:04/06/07 12:52 ID:gxL1uLZV
VREは激怒した。
必ず、かの邪智暴虐のザイボックスを除かなければならぬと決意した。
VREには医療がわからぬ。VREは、腸管内の細菌である。
VanA geneやVanB geneやらを持ち、
大腸菌やブドウ球菌と遊んで暮して來た。
けれども新規抗菌薬に対しては、人一倍に敏感であった。

77 :メガロシン:04/06/09 17:34 ID:ca0fzB7B
>>75
ザイボックスはアメリカじゃMRSAの適用がある。
日本でも申請中。
ただ、ある程度普通の抗菌剤でも期待できるならそっちの方がよい。


てか、オレを使え

78 :卵の名無しさん:04/06/09 18:02 ID:EmyLPKcc
>>76
すばらしい名作!
他の腸内細菌群のために、命を賭けて自分の耐性DNAを分けてやる菌の話ですね。

79 :まるとふぃりあ:04/06/09 18:07 ID:3eOwGKCO
>>78
走れメロスのパロディです。ガイドライン板参照してね。
>>77
MRSA感染症にカルバペネムを使えってことですか?

80 :メガロシン:04/06/09 23:05 ID:4P0NCSlg
>>76
ワロタ。
>>79
効果が期待できるならカルパぺネムだろうがアミノ配糖体でも何でもいい。
ちなみに、オレはキノロンだ。シプロとクラビットのせいで目立たないが。

81 :赤尾 和尚:04/06/10 00:02 ID:e2WkociS
>>63 お前馬鹿か?MRSAがいつから真菌になったんだ?水虫治療と勘違いしてるの?

82 :赤尾 和尚:04/06/10 00:07 ID:e2WkociS
>>63 お前が噂の甲陽卒で10年に1年の甲陽の素材だといって
東大医学部卒業したはいいけど、いまだに医師国家試験に合格してない
池田宏一郎か?

83 :メガロシン:04/06/10 00:09 ID:G5g/ueRe
>>81
お前医者?

84 :メガロシン:04/06/10 00:18 ID:G5g/ueRe
>>83
一応忠告しておく。
アンホテリシンBという薬があるのだが水虫には使い物にならんよ。
水虫に使うには副作用が強すぎるし第一MICが悪すぎる。
オメーの低脳さを隠すにはせめてカンジダ治療というべきだったな。

85 :ドキュソルビシン:04/06/10 01:07 ID:phZkU2nk
>67
おー。そんな技があるとはっ。メモメモと。

86 :まるとふぃりあ:04/06/10 09:11 ID:eoWpxKnq
>>80
すみません。オメガシンの親戚と思いました。
ぐぐったのですが、発売中止になるようですね。
けど、キノロンとブドウ球菌は相性が悪そうな。
シプロは1step mutationで耐性とられますし。
メガロシンは今ひとつ詳しく知らないのでわか
りません。。

>>83
神戸大学附属病院スレの先生のようです。

>>85
ていうかFDAも承認していない裏技。すごい
熱でるそうです。耐性菌王国の中国は使いそう。

87 :まるとふぃりあ:04/06/10 09:14 ID:eoWpxKnq
>>81
多剤耐性緑膿菌にどうしようもなければ
ポリミキシンBを使うって話題だったんです。

88 :メガロシン:04/06/10 20:05 ID:VTMKSo37
>>86
畏れ多い事をしてしまったな。素人に毛が生えた分際で。
てっきり荒らしかと思ったよ。

オレはもういなくなる。あと、キノロンは全体的にブドウ球菌に弱い。
ただ、オレがMRSAに対する相性がいいのは事実だ。
信じてもらえるかはわからんがソース置いとく。
http://www.aceart.co.jp/antibiotics/detail.php?SEARCH=B&SELECT=1&GERM_ID=46

89 :卵の名無しさん:04/06/10 20:17 ID:b0oZhRbb
2年前ぐらいかなぁ、横浜で小学生の鼻腔内細菌を調べたら、7%にMRSA
がいたという報告があったなぁ。どういう経緯で保菌者になったのかわからないが、
全く抗生物質を服用していないで、MRSA腸炎で入院してくる人結構いるもんな。
生物学的にはただのブドウ球菌のはずなのだが・・・。

90 :まるとふぃりあ:04/06/10 21:45 ID:eoWpxKnq
>>88
そんなこといわないで下さいな。
いなくならんで下さいな。
キノロンはグラム陰性桿菌用とグラム陽性球菌用
にわけてるくらいで細かい違い(ガチフロは嫌気性
菌にもいいとか)はあまり考えていないですなあ。
シプロもリファンピシンと併用で右心系IEには使用可
なんてtrialもあるんで例外はあるみたいですがねえ。
まあ、バンコマイシンは乱用(いわゆる‘MRSA腸炎‘やら
偽膜性大腸炎やらに)しないでって事が大事ですね。。

  / |〃  \  /     ̄/  /  ̄/       /  
  /  |       /     ./     ./ ―― / /   
/   |     /    _/    _/    _/ /_/
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

91 :メガロシン:04/06/12 13:40 ID:pJK2TFiE
オレの後はオレのジェネリックやガチフロ達の新しい世代に任せた。

偽膜性大腸炎にはメトロニダゾールのほうがいいように思うよ。
MRSAでもバンコマイシン以外の抗生物質で治せるケースもまだまだあるから。

92 :卵の名無しさん:04/06/12 23:36 ID:V3CM7g8S
メトロニダゾールは自費扱いだが、VCM経口は老人だと一割負担。ならば、VCMが
いいのでは...と思って計算したら、それでも遥かにVCMが患者さんの負担額は
大きいのね...
ただ、混合診療の壁が以外に厚い。

93 :TBC:04/06/12 23:42 ID:psqnjJeo
VCMは、経口だと吸収されにくいと聞くが、
腸炎などで腸上皮が傷害されてても、同じですか?

教えて、エロイ人。

94 :メガロシン:04/06/12 23:48 ID:Y2MbyFbB
何か効果が見込めるものに承認が下りてないものが結構あるような感じ。
メトロニダゾールの偽膜性大腸炎然りMAC・耐性結核に対するキノロンなど。
特に、スパラの抗酸菌に対する相性は抜群。
http://www.aceart.co.jp/antibiotics/detail.php?SEARCH=B&SELECT=2&GERM_ID=1

その割には承認されている菌でも効かないやつがある。
例えば緑膿菌に対してのミノサイクリンとかな。

95 :緑膿菌:04/06/13 00:43 ID:oxvYLDvY
おれに薬は効かないぜ。

96 :prion:04/06/13 01:14 ID:wHH2mWIi
>>1-95
何ぶつぶつ言ってるんだよ
折れを止めてみやがれ

97 :卵の名無しさん:04/06/13 11:44 ID:93vLnhzP
ほとんどいないやつはいないことにしておけばいい 合理的

98 :まるとふぃりあ:04/06/13 22:11 ID:5ni4/lQW
>>93
マジレスですが、経口投与ではほとんど吸収されません。
ゆえにMRSA全身感染症でバンコマイシン内服は無駄です。
ちなみに閉塞性イレウスの偽膜性大腸炎の治療はなやみ
ます。静注バンコマイシンはほとんど効果がないので。

>>94
効果があるのにっていみでは同感ですね。二次抗結核薬と
してのキノロンはこっそり使われる先生は多いです。
ただ、Vitroの効果とvivoの効果が必ずしも比例しないのが
難しいところですね。表皮ブドウ球菌感染症へのセファゾリン
なんかvitroで感受性があるのに痛い目にあうことがあります。

99 :卵の名無しさん:04/06/13 23:32 ID:dvYpNe+Z
>98
吸収されないから、バンコマイシン内服は偽膜性腸炎に対する薬なんですよね。

メトロナイダゾール内服は?女性ならトリコモナス膣炎、男性なら、
トリコモナス尿道炎で気合で通せ。あとは、どこかから、アメーバ赤痢
の治療として、メトロナイダゾール静注を手に入れる。

あと、MRSA腸炎って治す意味あると思います?臨床的に意味ないんじゃないかと。

100 :まるとふぃりあ:04/06/13 23:42 ID:5ni4/lQW
>>99
保険適応外だと何かあると怖いんです。
ちなみに閉塞性イレウスの偽膜性大腸炎に
対しては静注メトロニダゾール第一選択だ
そうですが、効果は内服に劣るとのこと。
でも静注手に入りません。
MRSA腸炎って偽膜性大腸炎じゃあって
いつも思っているんですがねえ。偽膜
あったりするし。



101 :99:04/06/14 00:19 ID:Lj3Yrz43
確かに、腸管からの吸収が非常によいので、経口でも静注なみの
血中濃度は得られるみたいです。>メトロナイダゾール

僕が偽膜性大腸炎にメトロナイダゾール使うときには、
・バンコマイシンくらいの効果がある。薬価は数十分の1
・日本では認められていないがアメリカのスタンダード
 (と言いつつサンフォードを見せる)
・副作用

を説明し、バンコ内服とメトロを選ばせます。
半分くらい、メトロ選ぶかなあ。あとは、バンコ1日内服したら、
「これ、苦くて飲めません・・・」といって変更する人もいる。
それに、VRE出現が怖い。この前、弁膜症でオペ適応なんだけど、
便からMRSAが出ていて消えるまで延々バンコを飲んでいた心外科の患者がいた。
いつVREが出てこないか、と冷や冷やしたよ。

102 :まるとふぃりあ:04/06/14 12:38 ID:cZpNmBfR
>この前、弁膜症でオペ適応なんだけど、
>便からMRSAが出ていて消えるまで延々
>バンコを飲んでいた心外科の患者がいた。
怖いですねえ。

ちょっと書き方が悪かったのですが、
‘閉塞性イレウスの偽膜性大腸炎‘
の場合にメトロ静注ってのは内服してもうまく
吸収されないってのが理由だそうです。
だから、本来、内服は適応になりません。
しかたなく静注するのですが、効果は普通の
偽膜性大腸炎に比べると今ひとつのよう
です。バンコ静注は全然だめです。

103 :メガロシン:04/06/19 14:00 ID:A4LwRrjm
確か静注用メトロってどっかの研究所にしかなかったよな。

しかしMRSAが消えるまでバンコ飲ませ続けたなんて・・・。
今どきMRSAなんてウヨウヨいるような気がするのだが・・・。

104 :まるとふぃりあ:04/06/19 15:14 ID:cudddHVS
静注メトロは普通は使えません。
国内販売してほしいです。

105 :卵の名無しさん:04/06/19 19:57 ID:sSc3eF6z
>103
話は違うけど、弁置換のみならず待機的なCABGでもMRSAの除菌を要求されるように
なった。そういうEBMがあるらしいが、いくら鼻腔の除菌をしても奥までは分かんないし
除菌のためにRFPまで使わざるを得ない症例もあって、いいのかしらんと思う今日この頃


106 :卵の名無しさん:04/06/20 00:28 ID:zooifMWz
MRSAといえども、ホスミシンの先行投与が著効する場合あり。
感受性試験で何でも効くようになる。明治がやってくれるから
自分の患者の検体MRにわたしてみ。

変な感染症の時はホスミシン、いいぞ。
r-グロブリンのように高価ではないのにもかかわらず、同様の効果
だからな。

.......間違っても単剤で使うなよ。

107 :卵の名無しさん:04/06/20 01:03 ID:7rebkUts
ホスミシンがMRSAに利くなんてマンデルにも出ていない。

ホスミシンが効いてるのか、果たして自然経過で消えていったのか、
明治のMRの怪しい資料にだまされたのか。

同様に重症感染症のガンマグロブリンも本当に効いてるのかは不明だよ。

同じように重症敗血症のエンドトキシン吸着とか、効果不明なものが多すぎ。


108 :卵の名無しさん:04/06/20 01:10 ID:JB3MVJDA
108ゲト

109 :卵の名無しさん:04/06/20 02:23 ID:zooifMWz
>>107

ホスミシンの抗生物質として以外の薬理作用を勉強しる。
単剤で使うなよと書いたのが大きなヒント。

自分が知らないことを相手がおかしいように書き始めたら、
中堅医者病「私は見たことがない」の初期症状。
DQN医者にならないように気をつけろよ。


110 :まるとふぃりあ:04/06/20 11:54 ID:xLfku3z9
>>107
マンデルってことはご同業でしょうか?
まあ、vitroで効果ありでエビデンス無しって
いえば、黄色ブドウ球菌へのリファンピン併用
なんかもそうですけどね。ホスミシンについては
明治さんのいうことも分かるんですけど今ひとつ
信頼できるvitroのデータもないんでねえ。
ホスミシンより明治さんにはクロキサシリンの再
発売をお願いしたいですねえ。

111 :107:04/06/20 17:43 ID:3ianoXIB
>109
薬理作用は分かるんだけどねえ。

ホスミシン派の某先生のお勧めする緑膿菌時間差最強療法でしたっけ?
ホスミシンを投与して何分かしてからスルペラゾンを投与するっていうレジメン。
あれ、世界であの先生だけだよ。そんだけ、良い治療ならなぜ流行らないの?
作用を分かっても実際の臨床で効いてるっていうエビデンスない限り、信用しない。
ただ、どうしても手詰まりで使いたいという気持ちは分かるよ。

>110
そうですねえ。クロキサシリンを知らない世代ですが、先輩に効くと、良く効いた
そうですね。ペニシリンGも萬有が撤退して、とうとう明治だけになるみたいですね。
明治にはオメガシンなんて出さないで、古き良き薬を売って欲しいもんです。





112 :メガロシン:04/06/20 18:53 ID:zXaLJIln
クロキサシリンやフシジン酸はいまだ海外では現役らしい。
てか、この二つが今も日本で現役ならMRSAはここまで広がらなかった気がする。

必要で効果も折り紙付の薬は儲からないという理由で販売停止にされるねぇ。
クロキサシリン然りスピラマイシン然り。

113 :卵の名無しさん:04/06/21 08:32 ID:bch2jzSn
昨日の新聞にPVL(+)のCA-MRSAが日本ではじめて検出されたとでてた。
でも、去年の西日本感染症学会で広島大学の菅井先生はとびひのMRSAに
ついて講演されてて、質問したらこれらのとびひのMRSAは米国のCA-MRSAと
同じような遺伝子をもっているという返事だった。
この辺の事情に詳しい人、いる?
今度のブドウ球菌研究会に行く人、いる?

114 :107:04/06/21 14:00 ID:9QhOt+tf
PVLってどうなんでしょ?
ホプキンスのIDの教授のバートレット先生は、まだ臨床で測定するには
実用的ではない、なんてこと言ってますが。

国内で調べている教室ってどれくらいあるのでしょうか?

115 :まるとふぃりあ ◆mrxpenGq4. :04/06/21 14:35 ID:IgnaM4hO
>>114
うーん、同業ですね。
私も大バートレット先生と同意見です。
日本国内でふれまわられているBIVR
なる概念と同様、まだdomesticな概念と
考えています。
国内でどれくらい調べているかは分かり
ませんねえ。
community acquired MRSAは日本でも
多いです。PVL(+)がどれくらいその
中でいるのか分かりませんが、PVL(+)の
MRSA感染症のoutcomeが著しく悪いってことは
なさそうな気がします。


116 :まるとふぃりあ ◆mrxpenGq4. :04/06/21 14:40 ID:wJwTAEEP
>>107
ちなみにクロキサシリンよりどうせなら
ナフシリンを国内で発売してほしいですね。


117 :107:04/06/22 11:21 ID:sBwaksno
>まるとふぃりあ先生
日本国内でふれまわられているBIVRなる概念
→この概念は今後標準的なものになるかどうかはともかく、
 藤○がタイコプラニンを売り込む口実になりつつありますよね。
 藤○のタ○シッドのパンフをもらうと、必ず載っている。

118 :メガロシン:04/06/26 15:16 ID:UUI9LE5y
タゴシッド使うまでもなくアベカシンでも十分なような気がしますがね。

ふと思ったことだが日本のMRSA感染症の中にはメチシリン感受性ありの
菌株もあるような気がする、個人的には。
確かめる術なんてないですがね。

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)