5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●環境ホルモンについておしえてください●

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/30 10:52
おながいします。
どんな製品に含まれている〜とか・・・物質名とか・・。
知っている事教えてください。


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/30 10:59
2げっと

いろんなものに含まれてるよ。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/30 11:35
いろんなもの・・。
殺虫剤とかですかね?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/30 18:23
環境ホルモンはまだ2例しか確定していないそうだ。
http://plaza13.mbn.or.jp/~yasui_it/EDCConc2002.htm
ノニルフェノールとオクチルフェノール。
それも、人間に影響がある話ではないらしい。
結局、大山鳴動ねずみ2匹、だったみたいね。300億円かけて研究したのに。


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/30 19:08
>>4
でもインターネットとかみてると色んなHPにこんなのが危ないとか色々書いてありますよね?
あれってどうなんですか?

6 :ブーミン:02/06/30 20:05
生活製品で最も使用頻度が高い環ホルと呼ばれるのは、フタル酸エステル類。可塑剤として、また展性・剛性を維持するため色々使われてます。
数10ppb(10兆分の1)の基準値が決まりました。

ビスフェノールa、bはカップラーメンに多く使われていたっけ。エースコックはすぐ耐熱の紙カップに切替えたが、日進とかは、「検査の結果、溶出濃度は基準値以下でした」と曖昧な答えをだし、現在も市場でかなりのシェアを占めている。
ダイオキシンも広義の意味で環境ホルモン。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/01 18:45
フタル酸エステル類、ビスフェノールa、bなどは、環境ホルモンの効果が
確認されてはいないと思うが。疑わしいという段階で規制されたのでは?

けっこう昔から騒がれているのに、未だに確認できていないということは
影響があっても非常に微妙なのではないか。

8 :ブーミン:02/07/01 19:29
>7そうなのか。環境影響評価の基準値は、各国でまちまちだが、その物質と生殖細胞への影響は臨床実験で証明されたはずだが。



9 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/08 14:39
あ、こっちにこんなスレがある。

あのさ、温泉引いたり排水したりするときに、温泉の管(水道管)は
何使ってるの?

こないだ建設現場みたら、塩ビ管がごろごろしてた。
熱い水を通すのに、どうなんだろうと思って心配になったよ。
だってそのまま川に流れるんでしょ?



10 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/08 22:01
SPEED'98、事実上自己崩壊か?

http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak181_185.html#zakkan184

環境省による環境ホルモン調査結果がわかりやすく説明されています。
おすすめ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/08 22:27
>>4,10
やるべき実験を行って、その結果安全が判明したのだからあまり
悪し様に言うのには賛成できない。急性毒性以外の判断基準が必要だと
いうことは少なくとも分かったのだし。
「メス化する自然」の価値がいささかも失われたわけでもない。

ただ、日本の多くの便乗本はその価値を失ったと言える(w

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 21:08
環境ホルモンって、人間に直接的な影響がなければOKってものでもないと思うが・・・

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/09/15 20:21
男性の精子の数を激減させ、乳がんや精巣がんをも引き起こす
と言われている環境ホルモン。
人間に限らず野生動物までもがこの影響を受けています。
しかし企業は環境ホルモンを含む合成化学物質を使用した製品の
生産を中止しようとはしない。
はたしてこのままでいいのでしょうか?
人類をはじめ、地球上の生物の運命は如何に・・・?



14 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/09/15 22:04
今現在これ程多くの化学物質が溢れていて、どの生物にどの位の量でどれだけの
期間で影響を与えるかというのはとてもじゃないが、わからんだろうね、
50メートルプールに一滴の希釈度で反応してしまう事もあるというし、また
逆に濃度が高いと反応しない事もあるというし、まあまるっきり無ければ
問題ないけどね、それから浄化施設で浄化後、見た目はキレイになった水に
含まれている場合もあるというし、とにかく始末が悪い様だよ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/09/16 23:42
フタル酸エステルなんて
ありとあらゆるところに存在しすぎて
バックグラウンドが高くて分析が大変

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/09/22 16:33
エストロゲンが増えたのはジジツでしょ?
最近の子供は具合が悪そうな気がします。(特に男の子)
温暖化のせいもあるんでしょうけど・・。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/09/23 23:01
最近環境ホルモンが免疫系をも撹乱しているという報告が増えていますが、
皆さんどうお考えでしょうか?


18 :名無しさん@お腹いっぱい:02/09/24 01:10
もっと色々なリンク先を教えてください

19 :名無しさん@お腹いっぱい:02/09/30 00:45
メダカの受精率などに影響があるようですが

20 :             :02/09/30 04:19
ビスフェノールa、bはカップラーメンに多く使われていたっけ。エースコックはすぐ耐熱の紙カップに切替えたが、日進とかは、「検査の結果、溶出濃度は基準値以下でした」と曖昧な答えをだし、現在も市場でかなりのシェアを占めている。」
================================
東京都の環境衛生研究所がたしか、ビスフェノールに対して環境ホルモンとしての性質をもつと、認定してたけど、日新はひっしになって、否定してたな。

カップ麺は売れ行きが落ちてるんだから、プラスチックのカップをやめればいいのに。
おれのまわりで、カップ麺を食うのじたいをやめたやつがいるぞ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/10/04 12:56
>>18
http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/EDCNow2001.htm

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/10/04 20:56
結局、環境ホルモンよりもエストラジオールの影響の方が大きいんじゃないの

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/10/07 22:53
コイやカエルにメス化現象
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021007-00000012-yom-soci


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/04 16:58
○  今回得られた試験結果からは、いずれの物質についても、低用量(文献情報等により得られた人推定暴露量を考慮した比較的低濃度)での明らかな内分泌攪乱作用は認められなかった。
 ただし、一部の物質については、現時点において内分泌攪乱作用との関連は明らかではないものの、mRNA発現量や血中ホルモン濃度等につき有意差のある変化が認められており、今後の知見集積の中で注視する必要がある。

○  残り4物質(オクタクロロスチレン、フタル酸ブチルベンジル、フタル酸ジエチル、トリフェニルスズ)については、今回得られた試験結果からは、明らかな内分泌攪乱作用は認められなかった。
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=3408

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/04 17:00
Q: ホルモン作用を持つ合成化学物質は体内のホルモンあるいは天然のホルモン物質(植物エストロゲンなど)と比べ危険と言われていますが、本当ですか?

 『奪われし未来』には、『天然に存在するホルモン類似物質と合成されたそれとは全く別ものであることを認識することが大切である。
というのも、天然の植物エストロゲンは1日もあれば対外に排泄されてしまうが、合成化学物質のほうは体内に何年も残留してしまうからである』との記述があります。
DDTやPCBなどの一部の有機塩素系化合物は、確かに残留性の高いことが知られていますが、ホルモン作用を持つ合成化学物質が全て残留性が高いとする認識は間違いです。
物質の残留性(体内から排泄されにくい性質)は、「天然化学物質」であるか「合成化学物質」であるかに関係なく、それぞれの物質の構造などによって決まる固有の性質です。
ベンゼン環に多くの塩素分子を持つDDTやPCBは、体内に吸収されると、肝臓で一部の塩素がはずれるなどの代謝を受けますが、それ以上には代謝されにくいことが分かっています。
その結果、脂溶性の高い代謝物が脂肪組織などに蓄積されることになります。
このように脂溶性が高く、代謝を受けにくい物質は、体内にいったん摂りこまれると脂肪組織に長期間にわたり残留したままとなります。
体内で脂肪組織が多いのは、脳や乳房です。
脂肪組織に蓄積したPCBやDDTは、それ自体では、有害性を発揮することはないと考えられていますが、脳の場合には、PCBやDDTの酵素阻害作用により脳機能が影響を受け、神経毒性が発現することが知られています。

生体が自ら産生する女性ホルモン(エストロゲン)や植物エストロゲンあるいは弱い女性ホルモン活性を有するビスフェノールAなどは、体内では、まず、ベンゼン環に水酸基が付加されます。
最終的にはグルクロン酸や硫酸などの水溶性の高い分子が結合し、結果として、水溶性物質に代謝されます。
このような水溶性が付加された物質は、血液を経由して腎臓でろ過され、尿中に排泄されたり、肝臓から胆汁へ排泄されたりするため、体内に蓄積することがないというわけです。
フタル酸エステルも同じくグルクロン酸に抱合されて体外に排泄されます。
ttp://www.chemrisk.org/qanda/qa_a8.html

26 :背反理論:02/12/04 22:25
環境ホルモンという話題に過剰に反応し過ぎ。と思う。本当に人間浄化した
ほうが、環境に良いかも。結局、環境で金儲けの手段?


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/05 18:36
環境ホルモンは、今年の夏くらいに完全に否定された。
人間に対する、低濃度毒性は無い。(もちろん高濃度では毒性があるものもある)
アルキルフェノールが一定濃度以上で、水棲生物に影響ありだが、
これも従来の毒性の範囲内。

つまり、環境ホルモンは杞憂だったってこと。
これからも、科学的な研究の報告を無視して騒ぐDQNはいるかもしれないが、
君は騙されないようにね。


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/05 22:15
>>27さん
もしソース在るのでしたら教えて貰えませんか。
胎児の男女決定時のホルモンシャワーの阻害物質で少量でも後の性的発達を阻害する
って一時TVでよく言ってましたが、間違いだったのですか?


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/05 22:46
すみません28ですが、>24のURLがソースと理解して良いのですか?

30 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :02/12/06 09:55
>>27
>環境ホルモンは、今年の夏くらいに完全に否定された。

完全に否定する事は無理です。
人体実験を無数にやる事は、不可能なんだから。
日本の男性の精子が、50年くらい前に比べて、半分になってると聞いた事が有る
その事と環境ホルモンが無関係だと証明する事は無理でしょう。
関係していると証明するのは、オオゴトだと思うが、、、、

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/06 13:59
>>30
「環境ホルモンが霊界に影響を及ぼさない」と言うことを証明する事も不可能でしょう。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/08 02:50
ノニルフェノールはホルモン性作用があるという実験結果って無かったっけ?
詳しくは論文読んでないしわからんけど。
あと、一般下水道では女性のおしっこが1番の環境ホルモン?の発生源という発表もあったような

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/08 06:05
【原発は】恵也と語ろう!!【いらない】  ではショッカーに完敗したのでこっちで頑張ります by恵也

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/26 01:33
化学者でないんで詳しくは知らないのだが、
PCBとかDDTって主に脂肪に蓄積されるんじゃないかったけか?
肝臓とかにも。
(これらも確か環境ホルモンのリストに入っていた物質だったが)

それで極地方に住んでる生物に(もちろん人間にも)影響が出始めてるとかいないとか・・・
寒い地方の動物って寒さから身を守る為に厚い脂肪層に覆われている形態が多いし。
海洋の流れの影響で垂れ流しにされてきた色んな化学物質が
あの辺に多く集まってしまうらしい。
東海大学海洋技術センターだっけか?この手の情報はココが詳しいらしいけど
一般に開示されてるかは知らない。
(ただ、テレビ(NHK)で衛星からの経年変化データ(というのか??)を
放送していたくらいだから、何かしらの形で開示されいるも。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/26 01:43
あと、始末に負えないのは
溜め込まれた化学物質って(体内に留まってしまうもの)って
親から子へ生体濃縮で20万倍に濃縮されていくって聞いたんだけど。
それを聞いて最近のアレルギー問題とか、やっぱ関係あるのかなと
思わずにはいられなくなったよ。

どなたかこの辺にもっと詳しい方、カキコ希望れす。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/01/04 06:04
>>35
関西の大学院で環境ホルモンについて研究しているものです。
確かに、母体から胎児に移行しているのは事実でしょう。
ただ20万倍に濃縮しているかどうかはケースバイケースですが…。

環境ホルモンと疑われている物質のほとんどは親油性で、
体内の脂肪に蓄積しやすいのです。
なので母乳に蓄積・濃縮した環境ホルモンを乳児が
直接摂取してしまうことになります。
有名な例ではダイオキシンが当てはまりますが、
基準値以下の摂取量なので問題はないとされています。
しかし、乳幼児期は感受性が高いこともあって
問題があるのではないかと考えられています。

アレルギーに関しては専門外ですが、
アレルギーは基本的には神経の過敏反応なので直接のものではないかと。
でもハウスダストや建材からでる化学物質による
化学物質過敏症が増えているの事実です。
フタル酸エステルなどの可塑剤関連も影響があると
考える専門家も少なくありません。
まぁ、生産者側は否定していますが。

参考になったでしょうか?

37 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :03/01/04 10:21
>>36
>化学物質過敏症が増えているの事実です。

俺は杉の花粉症になってしまったよ。もう少ししたら又、虐められそうだ。
本当にあれは突然、なってしまうものだね。
化学物質過敏症なんかになったら、年中虐められそうで、それだけは遠慮したい
本当の原因は、環境ホルモンかも、自動車の排出ガスかも、電磁波かも判らんが、
結論の出る話じゃないからな。
フタル酸エステルなどの可塑剤関連も影響なんて書いてるが、これはプラスチック
や塗料に使ってる物じゃないか?
まあ食い物は陶器やガラスで保存しろって、ことなのかな??

38 :35:03/01/05 01:42
>36 
レス有り難うです。
やっぱプラスチック系の可塑剤って問題ありそうなのかな。
もちろんそれだけじゃないし、化学物質に囲まれた生活してるんだから
気にし過ぎても仕方無いかも知れないけどね。
気休めかもしれないが(まあ今更なんだけど)
この手の問題が騒がれ始めてからうちはガラスや陶器に器を変えたよ。
まあ臭いの問題もあったんだけどね。

一番、この手でビックリして怖くなったのは、
いつだったか数年前にNHKで放送された番組で
(もちろんケースバイケースは承知の上で生体濃縮の20万倍もこれで紹介されていたと思う。)
アメリカの五大湖周辺で川鵜の奇形がみつかったので原因を調べたら、
湖周辺の魚がどうも周囲の工場からの物質で汚染されていて、
それが原因じゃないかって事になったと。

その後、人間でその魚を食べた母親から生まれた赤ン坊と、
食べない母親から生まれた子供の神経系だったかな、
その発達の度合いを比べたら、明らかな差が出ていたとの事。
急を要する様な重大な変化ではないにしても、
たった1世代で顕著な変化が出てしまう事に、ちょっと怖くなったよ。
同じ様にバイカルアザラシとかもあったけど
この問題、知らないうちに蝕まれていって、子孫にまで伝わってしまうなんて厄介な問題だよなあ。


39 :36:03/01/05 02:24
>>38
プラスチック可塑剤は日常にありふれたものになっていますよね。
ただ私の個人的な意見ではそれほど影響がないかと思います。
他の有機化学物質に比べて高濃度ですが、
実験動物に影響がでるのはもっと高濃度であるからです。
しかも体内蓄積性がとても低い(体外にでやすい)こともあります。
一般にダイオキシンの体内半減期(体内濃度が半分になるのに要する時間)は7.5年ですが、
フタル酸エステルは1日とかそういう単位であったりします。

魚は大抵食物連鎖の一番下に位置することもあって
重金属などの有害物質が濃縮しやすい(生物濃縮)です。
1世代で重大な影響の出る水俣病はその例です。
魚を食べるときは注意が必要です。
日本人はよく魚を食べますし。
1番危ないと思っているのは「シーチキン」です。
油の固まりですし、どこを泳いでいたものかもわからないですし。
実際、シーチキンを食べている人は有機水銀の摂取基準値を
上回っているという研究論文をみたことがあります。
別に食べるなって言っているわけではなくて、
こういうこともあるっていう提示と受け止めてください。

40 :36:03/01/05 02:31
忘れてました。

>>37
そうですね。
フタル酸エステルはプラスチックの強度や柔らかさを
変化させるために使用する可塑剤としての利用が主です。
基本的にプラスチック製品は可塑剤を放出し続けています。
気になる方はガラス製品の使用をおすすめします。
問題なのはこういう情報が消費者に伝わっていなくて、
消費者が自ら選択できないことにあります。
気にならない人はプラスチックの方が安全ですし、
安価で、丈夫です。

私は花粉症ではないのでそのつらさが分かりませんが、
いざそうなったことを想像するとぞっとします。
今では治療できることもあるそうですよ。

41 :36:03/01/05 02:33
可塑剤について知りたい方はこちらをどうぞ。
可塑剤工業会
http://www.kasozai.gr.jp/

42 :山崎渉:03/01/07 13:45
(^^)

43 :名無しさん@夢いっぱい:03/01/08 01:02
PBBとPBDEこの2つの臭素系難燃剤はEUのRoSHでも問題になっている。
ていうか、EUじゃ第2のPCB並みの扱いしてるけど、日本では東大の先生までが
HPで「もう少し様子を見ましょう」なんて書いていた。
(後にそこのところは削除シタヨウダガ・・・)
高分子化合物に使用される可塑剤・難燃剤などは、
成型時の熱や圧力でも成分が変化し別のものになる。
SONYのPS2からでたCdは別問題!
中国製のパーツなんて信頼度0だす。
中国松下工場の毒ガス事件・・・
うふ!ないしょ!

44 :山崎渉:03/01/18 21:28
(^^)

45 :山崎渉:03/03/13 15:08
(^^)

46 :山崎渉:03/04/17 08:54
(^^)

47 :山崎渉:03/04/20 03:31
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

48 :山崎渉:03/05/21 23:11
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

49 :山崎渉:03/05/28 13:49
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

50 :名無電力14001:03/06/24 14:51
>>39
水銀マグロも最近マスコミが騒いでいるようだが、
マグロは特異的に水銀をため込む生物なのは結構以前から知られた話。
ところがマグロ体内の水銀はセレンと結合した状態で存在する。
セレンも水銀同様毒性があるが、毒をもって毒を制すという諺通り、
セレンに水銀が結合することにより毒性を抑えていると考えられている。

環境ホルモン終焉決定的
http://plaza13.mbn.or.jp/%7Eyasui_it/EDCFin.htm

環境ホルモンなるものの影響は自然ホルモンに比べれば話にならないくらい弱い。ふつうの植物にだってホルモンは天然に含まれている。
最近の合成物質からくる環境ホルモンはその数億分の一くらいの量や影響しかない。
実際のデータ不足も不足で、唯一示されている精子が減ったという話も、1970年以前のデータがぜんぜんなくて何とも言えない。
http://cruel.org/reading/skeptenv.html

51 :名無電力14001:03/07/06 18:47
>>43
PS2からCdって表に出てる話だったの?
仕事上知ってはいたけど守秘義務違反じゃないよね?

52 :名無電力14001:03/07/06 19:21
でもそれって公序良俗に反するから、守秘義務自体が無効じゃないのか

53 :名無電力14001:03/07/06 21:21
守秘義務自体が無効となると
分析会社はその存在意義を失う
分析に必要な情報と機密の保持はそのバランスをとるのが難しい。
2chに流れた情報についてそんなに簡単に書き込んだ人の情報を明かせないのと似ている。

54 :山崎 渉:03/07/12 10:30

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

55 :山崎 渉:03/07/15 13:15

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

56 :なまえをいれてください:03/07/21 12:49
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

57 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/08/02 03:01
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

58 :名無電力14001:03/08/10 21:51
Q: ホルモン作用を持つ合成化学物質は体内のホルモンあるいは天然のホルモン物質(植物エストロゲンなど)と比べ危険と言われていますが、本当ですか?

 『奪われし未来』には、『天然に存在するホルモン類似物質と合成されたそれとは全く別ものであることを認識することが大切である。
というのも、天然の植物エストロゲンは1日もあれば対外に排泄されてしまうが、合成化学物質のほうは体内に何年も残留してしまうからである』との記述があります。
DDTやPCBなどの一部の有機塩素系化合物は、確かに残留性の高いことが知られていますが、ホルモン作用を持つ合成化学物質が全て残留性が高いとする認識は間違いです。
物質の残留性(体内から排泄されにくい性質)は、「天然化学物質」であるか「合成化学物質」であるかに関係なく、それぞれの物質の構造などによって決まる固有の性質です。
ベンゼン環に多くの塩素分子を持つDDTやPCBは、体内に吸収されると、肝臓で一部の塩素がはずれるなどの代謝を受けますが、それ以上には代謝されにくいことが分かっています。
その結果、脂溶性の高い代謝物が脂肪組織などに蓄積されることになります。
このように脂溶性が高く、代謝を受けにくい物質は、体内にいったん摂りこまれると脂肪組織に長期間にわたり残留したままとなります。
体内で脂肪組織が多いのは、脳や乳房です。
脂肪組織に蓄積したPCBやDDTは、それ自体では、有害性を発揮することはないと考えられていますが、脳の場合には、PCBやDDTの酵素阻害作用により脳機能が影響を受け、神経毒性が発現することが知られています。

生体が自ら産生する女性ホルモン(エストロゲン)や植物エストロゲンあるいは弱い女性ホルモン活性を有するビスフェノールAなどは、体内では、まず、ベンゼン環に水酸基が付加されます。
最終的にはグルクロン酸や硫酸などの水溶性の高い分子が結合し、結果として、水溶性物質に代謝されます。
このような水溶性が付加された物質は、血液を経由して腎臓でろ過され、尿中に排泄されたり、肝臓から胆汁へ排泄されたりするため、体内に蓄積することがないというわけです。
フタル酸エステルも同じくグルクロン酸に抱合されて体外に排泄されます。
ttp://www.chemrisk.org/qanda/qa_a8.html

59 :名無電力14001:03/08/10 21:51
98/12/15  ちょっと待った!環境ホルモン!
 最近、新聞を読んでいると「環境ホルモン原因物質」の簡便な試験法を開発した、、といった記事が連日出てきています。
しかし、根本的なところに大いに疑問が持たれます。例えばガンの簡便な試験法と比較してみましょう。
ガンの場合、人間は間違いなく損失を被っており、その原因や治療法などもかなりわかってきています。
どんな物質が人をガンにするか調べる場合、人体実験をするわけには行かないので、動物実験を行います。
しかし、それでもお金と手間がかかるので、微生物など安くて大量に入手できる物で代用しようと研究が進んでいます。
その際、最大の関心事は、その簡便な試験の結果と、人での結果に密接な関係があるのかどうか?です。
 ところが、環境ホルモンの場合、人に害があるのか無いのか?という点からして、まだわかっていない状況です。
そんな中で簡便な試験法を開発したとしても、それが人での結果と結びつくのかどうか?を検証することが当然出来ません。
ですから、それらの試験方法には意味を持たせることが出来ないのです。
基礎研究として検定法を開発することは非常に重要ですが、その結果を持ってして、
今の段階で「環境ホルモンだ」などと決定づけるのは全く意味がないことだということを、覚えておかなければいけないでしょう。
ttp://web.archive.org/web/20001014041302/member.nifty.ne.jp/TATEKI/PESTIC/OPINION.html

60 :名無電力14001:03/08/10 21:51
環境ホルモン終焉決定的
http://plaza13.mbn.or.jp/%7Eyasui_it/EDCFin.htm
最近の環境ホルモン報道 
http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/RecentEDC.htm
文藝春秋の「買ってはいけない」批判
http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/FridayHigaki.htm

61 :名無電力14001:03/08/10 21:51
可塑剤について知りたい方はこちらをどうぞ。
可塑剤工業会
http://www.kasozai.gr.jp/

塩ビについて知りたい方はこちらをどうぞ。
クロロフィル:塩素と塩化ビニル工業界の勤務者
http://www.sopia.or.jp/kotoku/No2chlor.htm
塩ビを誤解しないで
http://www.sopia.or.jp/kotoku/

シリーズ 地球と人間の環境を考える 環境ホルモン 人心を「撹乱」した物質
http://aserve.procen.net/nippyo/books/bookinfo.asp?No=2161
環境ホルモン―人心を「撹乱」した物質 シリーズ・地球と人間の環境を考える
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453504824X/250-3093333-3797820

62 :山崎 渉:03/08/15 17:55
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

63 :名無電力14001:03/11/11 23:35
山崎パン

64 :名無電力14001:03/12/29 13:14
環境ホルモンと生体内ホルモンの違いと共通点を1000文字で教えてください

65 :名無電力14001:03/12/29 14:19
宿題は自分でヤレ!w

66 :名無電力14001:04/01/12 17:03
>>59
3年前の記事をもってこられてもな。
その後どうなったの?


67 :名無電力14001:04/01/13 23:52
>>66  もどる >>27-


68 :名無電力14001:04/01/14 08:06
学会のHP見つけた
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsedr/

69 : :04/01/14 09:24
初歩的な質問ですいません。
よく、環境問題全般で基準値を下回ってるから問題ない・・・。
という風に片付けられる事が多いですが、そもそも基準値って
いうのは、国の関係機関が決めてる数値であって(学術的根拠
や統計的根拠はあるけど)国によって数値に格段の相違がある
し、個人差も当然ある訳で、素人はどう判断すればいいんです
か?

70 :名無電力14001:04/01/14 20:18
普通の有機溶媒もやばいみたいですが、どんなことが起こるのですか?
http://www2.odn.ne.jp/~cet58400/kix3_017.htm

71 :名無電力14001:04/03/07 22:57
精子の数が減ったっていうのは立派な人体被害じゃないの?
それともこれはまだ確定してないってことか

72 :名無電力14001:04/03/12 14:13
>>71
地域差が大きい。
個人差が大きい。
なので大量のサンプルが必要。にもかかわらず調査が難しい。

「三日間なさらずに最初に出たやつください」なんてのに
協力する人間はなかなかいないわけで。

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)