5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

狂牛病や口蹄疫など

1 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2001/04/07(土) 05:07 ID:oUBljROU
日本は大丈夫ですか?

2 :あははは : 2001/04/07(土) 12:40 ID:31wsU7RI
大丈夫だという保証はありません
予防とかでやみワクチンに手を出したらそれこそ、パーーですね。
あくまで水際で防ぐというkとを、畜産農家の総意にしなければいけません。
無関心が一番の大敵です。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2001/04/07(土) 18:17 ID:6lWcmUCI
大丈夫なはずがない。結構いい加減にがんがん持ち込んでいるし。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2001/04/08(日) 11:44 ID:BnersciA
狂牛病はプリオン。
口蹄疫はウィルス。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2001/04/08(日) 15:09 ID:CE/k3wYY
狂牛病
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/science/Medical/200101/15-1.html
厚生労働省が「薬害エイズなどの教訓から、今回は安全を重視した措置を取った」と話しているくらいだから、
かなり厳格な対策がとられているらしい。
まあ、ヤミで流れ込むかもと言われりゃどうにもならんけど。

口蹄疫
http://infofarm.affrc.go.jp/~chujo/FMD_JP/FMD_QA.htm
宮崎での死闘は記憶に新しい。輸入飼料の麦藁がほとんどクロっぽいらしいけど、
今後どのようなルートで入り込むかは予想がつかないなあ。
O-157がどこからか発生してしまうのに似ている?
畜産家さんにとっては「O-157どころの問題じゃない」んだろうけど。
とりあえず人間には無害とのこと。

6 :ざけんな!アメリカ合衆国 : 2001/04/09(月) 15:54 ID:62HUqc7U
滝沢ハムの生ハムの材料はアメリカの牛肉だそうだ。
狂牛病も入ってきてるべー
 普通はアメリカでちゃんと検査していると考えっぺや
ところがO-157入りじゃまいっちまうよなあ
滝沢ハムはかえーそうだ
すかす、うかつに生ハムなんか作ったなあ
 生ハムなんかは自分で牛を育てて、しっかりばい菌の検査を
してから作った方がいがっぺなあ
アメリカなんか信用でぎねーんだよ
このまえの潜水艦の体当たりだって鯨の真似して遊んでいだんだ
クジラのなぎごえを聞いいだあどで、サービスだって
ジャップの船なんでついでにおどがしてやれなんて
 アメリカの物はそれがら、あっちはバブルだったんで
そらーひでーものが多いぞ、ひでなしだ

7 :>6 : 2001/04/10(火) 06:50 ID:???
自分のスレ立てたならそっちに誘導する程度にしてくれ。
ほとんどコピペのマルチポストじゃん。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2001/04/11(水) 00:11 ID:bE81doAM
〜2ch内関係リンク〜
食べ物板
 「狂牛病の心配してる?」
  http://salami.2ch.net/test/read.cgi?bbs=food&key=981379939
 「狂牛病原因の飼料を日本が輸入していた!!」
  http://salami.2ch.net/test/read.cgi?bbs=food&key=981370225&ls=50
農学板
 「口蹄疫上陸?」  118,123にリンクあり
  http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=nougaku&key=954132850

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/24(火) 01:30 ID:rkkA83yc
ユンケル口蹄疫

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/24(火) 05:19 ID:1lnwISuQ
Exclude international visiter from your farm for at least 5days
after their arrival in the United States.

New York State Cattle Health Assurance Program

11 :これでいいですか?:2001/04/30(月) 10:39 ID:KvcIM1q6
アメリカに到着後5日以内の海外訪問者は
あなたの農場に入れないでください。

ニューヨーク州牛健康保証プログラム

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/28(木) 04:22
狂牛病
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/bovine_spongiform_encephalopathy
口蹄疫
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/aphthous_fever
ニュース速報板 牛肉は危険!フランスで狂牛病大流行!
http://saki.2ch.net/news/kako/974/974672118.html
ニュース速報板 牛肉は危険!フランスで狂牛病大流行!PART2
http://saki.2ch.net/news/kako/981/981600445.html
ニュース速報板 今日のNステ特集狂牛病
http://ton.2ch.net/news/kako/989/989233874.html
ニュース速報板 イギリス狂牛病100人突破
http://kaba.2ch.net/news/kako/990/990882153.dat
ニュース速報板 日本は狂牛病汚染 最悪に!
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=993476396&ls=50
ニュース議論板 狂牛病のこと、質問
http://piza.2ch.net/news2/kako/981/981303663.html
ニュース議論板 口蹄疫が人間に感染!!!!!!!
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news2&key=988103112&ls=50
ニュース議論板 マクドナルドの激安ハンバーガーは安全か?
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news2&key=993484840&ls=50
病院・医者板 ニュース板で狂牛病が話題になっているが
http://cocoa.2ch.net/hosp/kako/981/981634483.dat
農林水産業 狂牛病や口蹄疫など
http://ton.2ch.net/test/read.cgi?bbs=agri&key=986587665&ls=50
生物板 プリオンって何?
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=life&key=973262671&ls=50
生物板 狂牛病はやはりウイルス?
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=life&key=990492383&ls=50
国際情勢板 狂牛病で処分の牛をクレーと北朝鮮
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=kokusai&key=982520395&ls=50
食べ物板 狂牛病の心配してる?
http://salami.2ch.net/test/read.cgi?bbs=food&key=981379939&ls=50

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 13:11
最近メチャクチャ牛丼安いんだけど、首都圏だけ?
なんかどんな肉なんだか恐いんですが、
神経質すぎますかね。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/11(土) 00:57
全国的に安いのはデフレのせいでしょうね。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/10 18:22

2001/09/10−17:44


狂牛病の疑いのある牛を発見=千葉県で、国内初−農水省

 農水省は10日、千葉県で狂牛病(牛海綿状脳症)にかかった疑いのある牛を発見したと発表した。実際に狂牛病にかかっていれば、日本国内では初めてのことになる。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/10 18:37
ニュース速報板でデマが好き放題に飛び交っています。
あれを見ると、やっぱ2chって使えないな、って思いますね(w

http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=1000112161

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/10 19:02
ホントだったら、とんでもなくヤヴァイのは事実。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/10 19:34
http://www.maff.go.jp/work/press010910-01.htm
農水プレスリリース

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/10 21:42
騒いでるのは文系ドキュソのみだと思われ

20 :きょんきょん:01/09/10 22:23
みてると結構それっぽい情報わかってくる
白井市の酪農家であるらしいことはわかるし

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/10 22:34
1頭だけってことは無いとオモワレ。
時すでに遅し。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/10 23:05
ニュース23でも台風を押さえてトップニュースになってる。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/10 23:13
一応、貼っとこう。

用語 狂牛病
http://www.yomiuri.co.jp/minijiten/12960323.htm

狂牛病の正しい知識
http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/bse.html

24 :農家は黙ってクソまみれ!が似合う:01/09/10 23:31
「当時の技術水準では予測不可能だった」
「取る得る限りの、最大限の処置を取ったが・・」

言い訳する農協・百姓。
結局感染症に感染したら患者が貧乏籤を引く。

埼玉・所沢のダイオキシン被害の時も、農協独自でデータを取りながら
テレビ朝日の再三の公開要請にものらりくらりかわして、結局逆切れで
テレビ局に責任転嫁。

みんな!騙されないで、牛肉、牛乳は最低3ヶ月はボイコットしようぜ!

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 00:15
>24
「百姓」はれっきとした差別用語ですよ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 00:18
どうでもよいが、生物板のスレでも、
狂牛病が極めて厄介な病気であることは、認知されてるぞ。

農家の経営が破綻しようが何をしようが、
汚染された肉類を流通させて良いと言う話には、なり得ない。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 00:58
>>24
ダイオキシンは、また話が違うぞ。
TV局は誤報だったわけだし。
まあ、この手の問題は過剰反応しないで冷静に知識を身につけ
自衛するのが良いのではないかと。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 01:27
いま、一番知っておきたい情報

1.感染率
2.感染経路
3.感染回避の方法

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 01:41
>27
けれどヤフーBBみたいに裏でコソーリ活動してたのは事実。
農協は電話取材にも応じなかった。お茶だって堂々人間様が飲む
飲料でしょ?

横浜の税関が取って付けたような検査してOーベントーの関税引き上げたのも
明らかに農協>農林水産省>?党>税務署に圧力掛けた実績考えれば
今度もどんな手を使うかどうか判ったもんじゃない。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 03:52
所沢の野菜、粉じんが野菜に積もってたのに安全なわけないよな。
産廃業者と闘わなかった農家にも責任あるね。
所沢は立入禁止にして汚染土を入れ替えるべし。
野菜を作るなど論外。

31 :名無し@お腹いっぱい:01/09/11 05:45
狂牛病になったのはホルスタインだけど、乳の出なくなった乳牛は太らせてから、牛肉になるんですよね。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/09/11 06:47
>>28 同意。不安を煽るだけなら速報版でやってね。
おそらく感染経路は輸入動物性飼料だと思うが、
実際動物性飼料って一般的に使われている(いた)ものなの?

それは酪農家自身が配合してるのか配合飼料に既に入っているものなの。

33 :牛乳が危険なわけ:01/09/11 11:23
牛乳が危険なわけ
欧州ではマウスに狂牛病プリオンを接種して発症がないからということで牛乳は安全だとしている。
しかしよく考えてみると、この試験方法でもって牛乳が安全ということは言えるのであろうか?
たとえば、欧州では汚染地帯でも30カ月程度で肥育された牛なら出荷してよいということは、若い時のものはプリオンがそんなに多く増殖できないからいいよといってるようなものである。
プリオンが増殖するのに時間が必要であれば、マウスでの試験なんか無意味な点もあるのだ。
それらのことから千葉県の牛乳が、汚染?地域のものでも平気で流通させるというのは、おかしなことです。
そんなに安全だというならば、厚生省 農水省の役人、各都道府県の畜産課や試験場の役人全員にこれからその汚染地帯の牛乳を365日飲んでいただき、30年以内にどう変化(発症)するのか試験をするのが早急な人体に対するものの考え方でしょ。
その牛乳は非常に価値のあるものですから、庶民の税金で十分まかなってくれ。
給料はいつも低いから3倍にしてあげる。
こういうことには我々国民は賛成するよ。
そういうこともできないなら、国が発表してることはウソということになる。
今回のこの狂牛病は、社会全体をゆさぶることであるから早急に対応していただきたい。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 12:26
>25
百姓は100個の姓(かばね)と言う意味で100ほどの
仕事(職業)をこなせるトータルマンだという意味がある
と、昔科学雑誌で読んだことがある。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 12:38
>33
> そんなに安全だというならば、厚生省 農水省の役人、各都道府県の畜産課や試験場の役人全員にこれからその汚染地帯の牛乳を365日飲んでいただき、30年以内にどう変化(発症)するのか試験をするのが早急な人体に対するものの考え方でしょ。
> その牛乳は非常に価値のあるものですから、庶民の税金で十分まかなってくれ。
たぶん「やる」となれば、ほぼ全員、喜んでやると思うよ(特に試験場職員)。
安全だと考えられているから。

あと、
> 欧州では汚染地帯でも30カ月程度で肥育された牛なら出荷してよいということは、若い時のものはプリオンがそんなに多く増殖できないからいいよといってるようなものである。
つうか、30カ月なら飼料の履歴(安全性)が確保されるからでは?

ついでに、
> 千葉県の牛乳が、汚染?地域のものでも平気で流通させるというのは、おかしなことです。
プリオンは空気感染しないし。飼料の問題だとしたら、隣の農場の牛でも問題ないはず。
今回の発症も、単なる突然変異かもしれないし。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/09/11 12:45
>マウスに狂牛病プリオンを接種して発症がないからということで牛乳は安全だとしている。
??意味がわからん??
異常プリオンを含んだ牛乳をマウスに接種したけど発症しなかった、でも人間の場合は
解らないってこと。
ならいま流通している牛乳中に異常プリオンが検出されなかったら安全じゃないの。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 13:04
>>35

飼料の問題だとしたらそれこそ問題だろ

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 13:07
飛んできてカキコしたんだけど農学板だと思ってた。

試験場の職員(研究職)だけどそんな牛乳飲みたくないよ。

39 :35:01/09/11 13:59
>37
うん?
千葉の牛全部が同じ飼料(汚染されている?)を使っているわけではないので、
>33にある、
> 千葉県の牛乳が、汚染?地域のものでも平気で流通させるというのは、
> おかしなことです。
に対して、千葉=汚染地域ではない、ということを言いたかった。

>37の
飼料の問題だとしたらそれこそ問題だろ
は、そりゃそうなんだけど、別問題。
ま、言葉が足りなかったんだけど。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 14:01
>38
あっそう?
問題ないと言われているんじゃないの?

自分で飲むのが嫌なら、ドキュソ学生雇って人体実験すればいいんだろうけどね。

41 :35:01/09/11 14:17
ああ、>33の言いたいことはいまいちわからないけれど、
> 千葉県の牛乳が、汚染?地域のものでも平気で流通させるというのは、
> おかしなことです。
というのは、(発生農場の牛乳も混じった)千葉県の牛乳ということかな。

国は「安全」と強弁しているけれど、飲む側の気分を考えると、微妙だな。

出荷停止などの措置を取った場合、パニックが起きることを
考えているのかもしれないが。どっちがいいのだろうか?

ただ、(発生農場の牛乳を含まず、加えて、発病した牛と
同じ飼料を子牛育成時?(潜伏期間を考えると)に使っていない)
千葉の牛乳は、さらに問題ないのだろ?

なんか自分のカキコをフォローするのって鬱だ。氏脳。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 14:38
おれは、とりあえずHOTで飲んでおくよ、、、

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 14:53
>42
120℃以上まで加熱してね。

44 :牛乳が危険なわけ:01/09/11 15:17
今回の狂牛病の一番のおかしいことは
まず生乳(牛乳)について、人間への感染についてなんら具体的な中身がないこと。
どこに証明があるんだ???????
あんな生存期間が短いマウスで試験できるのか?
CNS(中枢神経)関連における場所においては病原プリオンが集中してるからということであるが、末梢神経が散在する各臓器や骨格筋についての注意点がないというのはきわめて不自然。
我々消費者は、これからの生命維持の観点から、かもしれないとか、そうかもしれないという今回の伝染病の問題提起にあきれてます。
これらは、全て今までの歴史的国家政治により封印されてきた問題を呼び起こすかもしれません。
特に アイマイさに慣れっこの国家の体制には疑問ですね。
牛乳が安全ならば、国家は証明しなさい。
かもしれないだったら 牛乳の出荷はやめさせなさい
国家の存亡をになうのは各役人さんですよ
率先して、千葉県の牛乳を飲みなさい!!!!!!!!!
それからです 我々消費者が官僚野郎を淘汰するんです
消費者団体も腐ってるな
おまえらも地獄だ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 15:50
>>44
ツッコミどころ満載、笑いどころ満載の文章作成お疲れさま。
腹痛くなるから、あんまり面白いこと書かないでね(藁

いろいろ言いたいことはあるけれど、スレ違い(板違いかな)に
なるから、やめとくわ。んじゃあね

46 :牛乳が危険なわけ:01/09/11 17:43
>ツッコミどころ満載、笑いどころ満載の文章作成お疲れさま。
腹痛くなるから、あんまり面白いこと書かないでね(藁

あほは早く死ね

47 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/09/11 18:03
牛乳が危険なら欧州の狂牛病パニックのときに人への感染が
百数十人ですむはずがないんじゃない。すくなくても雪印事件の
何十倍はいても不思議じゃないでしょ。
もっともこんな経験則でなく生理学的に100%シロと断言して欲しいのは
確かだけど。

この先は根拠のない個人的な意見だけど。もし潜伏期期間中の感染牛が
既に出回っていたとしても危険なのは(正しく解体された)生肉や生乳より
加工品(ビーフエキスとか)の方だと思うね。
ただそうすると自衛のしようがないな、外食や弁当なんて確かめようがないし
困ったものだ。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 18:14
牛乳には「オートクレーブで3.6気圧、140℃で30分間加熱してからお召し上がり下さい。」と記載しよう

49 :消毒:01/09/11 18:48
180℃
3時間

でもプリオン元気

50 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/09/11 18:53
>>32の自己レスです。
中日新聞夕刊より
○全畜連配合飼料:問題の酪農家が1980〜98・3まで使用
「過去に遡っても骨粉飼料を販売していない。
農家が骨粉を個別に仕入れることはまずない」

○雪印種苗:全畜連の飼料を生産
「今までも骨粉飼料を生産したことはない」

○千葉県酪連飼料:現在その酪農家が仕入れている
「96年以降は、動物性飼料はまぜていないと聞いている」

----------------------------------
ん〜未だ特定はできないか。続報をまとう。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 19:03
>44
狂牛病の試験については詳しく知らんが、一般的な「感染試験」を
考えると、

> 今回の狂牛病の一番のおかしいことは
> まず生乳(牛乳)について、人間への感染についてなんら具体的な中身がないこと。
> どこに証明があるんだ???????
> あんな生存期間が短いマウスで試験できるのか?
は別におかしくないぞ。
「発症」ではなくて「感染」ならば、マウスでもできるよ。
「発症」と「感染」を取り違えていないかい?

それでたとえば、感染牛から取った脳やら脊髄やら筋肉やら乳やらを
マウスに食べさせて、感染するか試験したのでは?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 19:11
51です。ちょっと追加。

当然、牛のどこに異常プリオンが分布しているかも調べているのだろうし、
「感染牛から取った...」と書いたけど、筋肉や乳には異常プリオンが
存在しないことを確認した上での試験だったのではないかな?
原典求む。

>44は、>33も書いているのだね。
なんか、マジレスして損しちゃった。鬱氏。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/09/11 19:15
>>44
>CNS(中枢神経)関連における場所においては病原プリオンが集中してるからということであるが、
>末梢神経が散在する各臓器や骨格筋についての注意点がないというのはきわめて不自然。

こんなのがある
http://www.yomiuri.co.jp/kyougyu/ky20010911_07.htm
各臓器・組織ごとに調べたうえで結果牛乳、牛肉(骨格筋)は感染性なしとしているのでは。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 19:26
>>53
部位を色々見ていたら、焼き肉が食いたくなった。今日の夕食決定。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 19:34
こんなのもどうぞ
http://homepage2.nifty.com/~chujo/index.html

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 19:38
1頭発病しただけで大騒ぎ。
でも、よくよく考えりゃ皆は輸入牛肉食ってるんじゃねーの?
もう既に、もっとヤバいもの食ってるんだよなあ・・・
もう気にしたってしょーがないって!さ、牛乳飲も♪

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 19:42
ニュース特集 狂牛病(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/kyougyu/

農水省の狂牛病リンク
http://www.maff.go.jp/soshiki/seisan/eisei/bse/bse_top.htm

農水省への意見要望
http://www.maff.go.jp/white56.html

58 :きけん:01/09/11 21:11
>各臓器・組織ごとに調べたうえで結果牛乳、牛肉(骨格筋)は感染性なしとしているのでは。
牛乳が危険というのは
末梢神経:peripheral nerveも感染してるからだろ
さらにというか なんで牛乳が感染源であるのか認めることができないのか
不思議
これだけの臓器が感染していて、乳汁が感染してないという
根拠が薄いだろ
とにかく 考えられるものは危険

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 21:14
>>56良いんじゃないの?
マスコミ下手に騒ぎすぎ!
普通なら、肉にも牛乳にも影響ないらしいよ。

フィリピンでエイズ食う奴よりはましさっ。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 21:18
>>58神経細胞の根幹と、リンパ節が要注意と思われ。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 21:37
どっちが正しいかではなく興味深いのは、普段国産国産と宣伝している
スーパーや外食産業界や加工食品業界が、今度の騒ぎではこぞって、
うちは米国やオーストラリア産の肉を使っているから
安全だといっていることですよ。国産と外国産との使い分けは見事
としかいいようがない。(w

62 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/09/11 21:38
>>58
はじめに言っとくけど俺はただの素人だからまともな反論はできないよ。

ただ感染してるかしてないかはそのもの(牛乳)自体を調べて病原体の有無で解るんじゃないの。
仮に末梢神経や他の臓器と牛乳とのメカニズムや物質の流れとかが解明されてないにしても。

で、さらに素人意見を言わせてもらえばフグだってある臓器は猛毒だけどその隣の
別の臓器は無毒じゃない?

もっとも政府も牛乳や牛肉について安全と断言しているわけでなく「安全とされています」
と言ってるので不安があるが、脳や骨髄など明らかに危ないものがあるのに牛乳の危険を
ことさら取り上げるのはパニックになるだけ。

まぁ飲みたくないなら飲まなきゃいいけどね。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 21:42
農水省の失敗は海外からの肉骨粉を原因物質として疑わしかった
時点で法規制しなかったこと。ただその一点のみ悔やまれる。

64 :=63:01/09/11 21:46
1990年にはほぼ原因物質は分かっていたのに。その頃バブルで
業界関係者と飲みまくっていた農水省幹部はすでに退職か天下り。(萎

65 :あはん:01/09/11 21:51
>農水省幹部はすでに退職か天下り。(萎

これは本当
でも今の若い官僚はなかなかしっかりしてる
年寄りでまともなのは一人もいなかったというのが
業界というより国民的悲劇だね

あのなあ若いからっうことではいいが
論理まともでないのも多いな

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 22:00
>>62
臓器の危険性の度合いはプリオンの有無、多少をかたっぱしから
臓器ごとに検査した結果です。乳牛で発症したものは牛乳から
プリオンがでるのかでないかも調べたのは当然で、それも何万頭も
調べている。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 22:08
>でも今の若い官僚はなかなかしっかりしてる
頼むよほんと

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/11 22:40
EU医薬品審査庁による分類

感染性なし 心臓、腎臓、乳腺、牛乳、卵巣、唾液、唾液腺、精のう、血清、骨格筋、こう丸、甲状腺、子宮、胎児組織、胆汁、骨、軟骨組織、結合組織、毛、皮膚
低度感染性 遠位結腸、鼻粘膜、末しょう神経、骨髄、肝臓、肺、すい臓、胸腺
中度感染性 回腸、リンパ節、近位結腸、ひ臓、へんとう、硬膜、松果体、胎盤、脳せき髄液、下垂体、副腎
高度感染性 脳、せき髄、目
http://www.yomiuri.co.jp/kyougyu/ky20010911_07.htm

しかし、なぜ変な飼料を堂々と輸出してるアメリカが批判されないのか?
ただでさえ遺伝子組換とうもろこしなんかも混ざってるんだろ?
輸入牛肉だって抗生物質をガンガン使ってるかもしれないし。
少なくとも、アメリカからの飼料を禁輸すべし!
少し打撃を与えないとあそこはこれからも商業主義で他国にヤバいものでも輸出しかねん。
これって日本だけの問題じゃねーよーな気がする。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/12 04:46
>>61
同意。でもそんなもんだろ。
>>68
>少なくとも、アメリカからの飼料を禁輸すべし!
無理。日本の畜産が成り立たなくなる。もっと現実的に。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/12 21:33
狂牛病が日本で急速に蔓延する可能性は低い=国連食糧農業機関専門家◇ロイター
http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/show/leaf?CID=onair/biztech/medi/141568

71 :NYネタすまん:01/09/13 06:09
テロ機が自分の勤めるビルに突っ込む可能性も低いが、
突っ込まれた場合は地獄。
消費者はどう考えるか。

72 :消毒:01/09/13 10:37
>臓器の危険性の度合いはプリオンの有無、多少をかたっぱしから
臓器ごとに検査した結果です。乳牛で発症したものは牛乳から
プリオンがでるのかでないかも調べたのは当然で、それも何万頭も
調べている。

ばかもん 牛では検査してねえんだよ
マウスだけ
万頭なんてかくな

それにしても北海道生まれなんて8月にわかってるのに
健康手帳あるだろ
発表が2日後とは情報開示が遅すぎる
政治的なんことより 人間に対してまともにやれ
農水省

元 家保職員

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/13 12:31
>>72
いや解るんだが、農家にもいい加減なのがいるのよ。
だから、簡単に断定情報として出せなかったんだとも思うぞ。
それに、この問題は厚生とのしがらみもあっただろーし。
まあ、だからと言って情報開示が遅いのは許されることじゃないが。

しかし、飼料に関しては誰かが嘘の証言をしているなあ・・・

74 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/09/13 12:52
>>50 さらに続報
日本農業新聞より
導入元の北海道の農家に供給されていた配合飼料にも肉骨粉は使われてなかった。
○ホクレン
「本会はもともと牛用飼料には肉骨粉は使っていない。現存する製造記録を見ても、
一九九六年四月の農水省畜産局通達以前から使っていない」
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews01010913.html
------------------------------------------------------
>>73の言う通り誰かが嘘をついてるのか?
英国での検査でシロとなれば一番嬉しいのだが。

>>72
検査で陽性とわかったのは9/10。8月には未だ狂牛病と特定されていない。
http://www.maff.go.jp/work/press010910-01.html
>ばかもん 牛では検査してねえんだよ  マウスだけ
お約束だがソース希望。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/13 18:44
どこの飼料を使ったとかじゃなく、肉骨粉を使ってる業者を洗い直した
方が良いんじゃねーのかなぁ?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/09/13 22:27
>>75
もうやってるよ。全国で。
http://www.maff.go.jp/work/press010911-03.html
-----------------------------------------------------
牛用配合飼料の製造工場に対する緊急立入検査の実施について
(1)実施対象工場
牛を対象とする飼料を製造する全ての配合飼料工場

(2)実施期間
平成13年9月12日〜9月25日を予定。

(3)検査内容
・肉骨粉等の購入先、購入量等
・肉骨粉等の混入防止対策の実施状況
・サンプルの収集、分析

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/14 02:07
肉骨粉を飼料に使ってたとしたら、原料名は何だろう?単価がいくらか分からないから何ともいえないが、蛋白供給源として輸入してまで使うかな?
ワクチンとかが原因の可能性は無いのだろうか?

78 :酪農家:01/09/14 03:08
肉骨粉を単品として飼料に添加している酪農家は少ないけど、養鶏用の飼料は酪農用の飼料より単価が安いから
TMRに混ぜて使っている農家はきっといるはず... 今更、飼料工場や農家に立ち入り検査しても何になる
のだろう? 間違いなく北海道が感染元であることは間違いないと思うが、今北海道の酪農家を徹底的に調査して
廃業に追い込んだら北海道経済が立ち直れないくらいの痛手になる。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/14 03:09
ただ、動物性蛋白の方が安価だと聞いたことあるよーな記憶が・・・
うろ覚えだけど↑
たぶん、業者がサンプルかなんかでタダで配布したのを食わせたんじゃ
ないか?そーゆー営業のやり方をするところあるって聞いたことあるよ。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/14 03:45
俺は千葉の方が怪しいと思うけどなあ。
北海道はでかい畑で自給飼料も作れる分、感染リスクは低い気がする。
千葉の方は市に4戸しか酪農家がいない中じゃ、うかつなこと言えんよ。
それに、取材やら調査やらがガンガン行けば嫌になって、ますます、本当のことは言わないよ。
この人は確か、他にも同じような死に方をした牛がいたって言ってるし。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/14 05:57
とりあえず、千葉と北海道産の牛乳、牛豚ニワトリ含めて畜産品は
ボイコット!

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/14 09:35
>>81
ウシとヒトのプリオン→構造似てる部分あり
ウシとブタ等のプリオン→構造が著しく違う
よって,ウシ由来の動物性蛋白をブタ等が食べてもBSE様疾患にはならない。
↑こんな感じじゃなかったっけ?

ただ気持ちはわからんこともないが・・・

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/14 12:12
牛乳や肉は感染しないと言われているし、あまり過剰反応する必要は
ないと思う。
それよりも、むしろ加工品の方がリスクは高い気がする。

84 :arere:01/09/14 21:59
ついに牛乳
千葉県の発生近くの学校給食で
牛乳でなくなったな
人体実験すればいいのに

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/14 23:41
<狂牛病>「廃棄」されたはずの牛が飼料に 千葉県の調査で判明
 千葉県白井市で狂牛病(牛海綿状脳症)の疑いのある牛が見つかった問題で、この牛が処理場で処分された後、
 飼料を作る化製場で肉骨粉になっていたことが14日、同県の調べで分かった。農水省は10日、この牛について
 「廃棄された」と発表していた。同省は「(飼料になったことは)知らなかった」と弁明。同県は「高温で加熱
 処理されており、問題はない」としているが、狂牛病の原因物質であるプリオンは熱に強く、汚染が拡大する恐れも
 ないとはいえない。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20010914-00000158-mai-soci

いったい何を信じていいのやら・・・

86 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/09/15 00:13
一応これも付け加えておいてね
「豚や鶏用の飼料と肥料になった」
「牛の肉骨粉を使った飼料は牛への使用が禁止されているため、問題はない。」

しかし農水省の不手際は弁解の余地無しだな。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/15 00:34
加熱処理したって・・・なんてこと知らんのか、千葉?
農水の不手際も問題だが千葉のズサンさも問題だぜ。
こいつら、ここまで大事になると思わないで適当に調査してたんじゃ
ねーのか?
とりあえず、千葉が怪しくなってきたな。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/15 00:48
age

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/15 03:07
化成場で働いているが、死牛が持ち込まれても狂牛病かどうかは分かりません。
何故なら死んだ状態では判断できんし、獣医の診断書も信用できん。
牛を薬などで殺してから獣医に来てもらえば死因はどうせ心筋梗塞。
農家も屠殺場に出荷するとやばいから、化成場に出すか、埋める場所があれば
殺してから埋葬でしょう。

90 :.:01/09/15 03:51
http://kaba.2ch.net/news/index.htm#2

91 :..:01/09/15 03:56
このじじつをしってて放置したひとがいるなら、
その人は非国民。人殺し。確実に人は死にます。
プールにおしっこして黙ってるのとはレベルが違います!

92 :>90:01/09/15 05:02
リンクの貼り方間違ってるよ。
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=1000484635&to=100

93 :ひひひ:01/09/15 05:58
http://www.himawari.sakura.ne.jp/%7Eloveseat/Adu/index0.html

94 ::01/09/15 06:51
アダルト。しょーもな。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/09/15 07:24
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/20010915k0000m040207000c.html
 ほかの牛の死体と混ぜて処理したため肉骨粉の総量は150トン程度に達し、
 うち約100トンが徳島の親会社へ運ばれた。
  徳島県の業者によると肉骨粉約100トンは保管したままで、茨城県の加工場
 の50トンもそのままあるという。このため農水省は全量が保管されているとみて
 いるが、同省自体として、問題の牛を原料とした肉骨粉がほかにも流通している
 かどうかは確認しておらず、同省の対応が問題になりそうだ。

ここで感染を断ち切れればよいが。
しかし牛一頭で済んだものを150トンがオシャカに。100%役人の責任だな。

96 :age:01/09/15 08:16
>神戸ビーフになる兵庫県特産の肉用牛は三歳までに食用に供せられるので、
>汚染の恐れはないとしている。
神戸新聞社説から抜粋
こういうウソを平気で記載するドアホは殲滅

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/15 08:41
>>96
発症前なら感染性なし、という説もあるし、そもそも肉は大丈夫らしい
ので、あながちウソとも言い切れない。あまり、過剰反応は・・・

それにしても、千葉は酷い。見てみ、これ。Yahooより転載。

千葉県内で見つかった狂牛病の疑いがある牛が廃棄されず、肉骨粉に加工されていた問題で、県農林水産部畜産課は14日、この事実を12日に把握していたことを明らかにした。同課は家畜の処分などを所管する健康福祉部衛生指導課から連絡を受けたという。
 畜産課はその直後、「問題の牛が魚用飼料などの肉骨粉、油として使われた」などとする内容のファクスを農水省に送ったという。
 同課は「(その段階で)発表すべきだったかもしれない」としている。
 県は当初、「問題の牛はすべて廃棄され、食用には供されていない」と発表していた。 (時事通信)

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/15 10:07
空胞は空砲だったに100万ガウス(w

99 :がっかり:01/09/15 13:29
>>65
>でも今の若い官僚はなかなかしっかりしてる
こう云うのしっかりしてるて言うのか?
「がっかり」じゃないか?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/16 01:26
#クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)

WHOの最近の報告によると1996年から2000年末までの世界で見つかった新しいCJD
の変異株による患者(vCJD)の数は英国で87人,フランスで3人,アイルランドで
1人(合計91人)であった.英国の屠場関係者にBSEに患った人のいないことや,
1980年代中頃までに牛の脳組織の入ったハンバーガーを食べた人の数を考えると,
BSEのプリオンを食しても発症する率は極めて低いものと考えられている.

101 :コピペです:01/09/16 02:46
・絶対食べてはいけない部位
牛・羊の脳・脊髄・骨髄・腸、(リンパ節・神経節を多く含む部位も避けた方が無難)

・食べると感染の危険がある食品
ハンバーグ・ソーセージ・ミンチ肉、もつ料理全般、ラーメン・カップ麺(スープに牛骨随使用)、
コンソメ、ブイヨン、デミグラスソース、カレールー、スナック菓子類(牛由来のエキス使用)、
ヨーグルト・プリン類(ゼラチン使用)

・食べても感染の危険度が低い(ほぼ安全な)食品
調味生肉・生肉全般(ほお肉除く)、左記肉調理品全般(ステーキ・焼き肉等)、牛乳、乳製品全般
化学調味料(グルタミン酸系)

102 :部外者:01/09/16 03:56
一時、某国で飼料の扱いをしたことがあります。私の場合は魚粉でした、プロテイン
をいかに高くするかで販売値段が違ってきます。
プロテインの検査方法の一般的なものは窒素含有量からプロテインを計算するものです。
その検査をごまかす方法として初歩的なものはUREA(肥料)を混ぜる。
鳥の羽(蛋白質80%しかし消化されない)
私がその仕事を辞めるときに不思議な粉が華僑経由で流れてきました、窒素を含む
ものなのですが、消石灰などではなく、ある地域で取れる鉱物ではないかとの事でした。
検査しても何を混ぜているのか判別しないもので、私が仕事をしている間は○○
に検査依頼しても返事がありませんでした。
Newsweekなどを読むと病原は動物性蛋白質に含まれているもののようですので、関係無い
と思いますが、その様な方法もあるということです。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/16 07:02
>>99
組織と言うものはトップが腐っていれば下まで腐っているものだ。
腐ったトップが自分に批判的なやつを出世させる訳無いから。
課長代理くらいまでは腐っていると思わなくちゃ。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/16 12:01
>>103

農水省幹部はすでにのーみそがスポンジなんだろう

105 : :01/09/16 16:35
みてね♪

午後九時総合テレビ
NHKスペシャル
 「狂牛病 なぜ感染は拡大したか」
http://www.nhk.or.jp/special/schedule.html

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/16 20:41
狂牛病疑惑 「正確情報」のはずが…焼却処分から肉骨粉加工に 食い違う県の対応
http://www.tokyo-np.co.jp/00/cba/20010916/lcl_____cba_____001.shtml

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/16 22:20
>>106
官公庁のリスク管理では、マスコミの非難をさけることが優先順位一位。
官僚とは、官僚機構を維持することに全精力をそそぐ有能な人たち。

公表内容は、全部ねつ造や希望的観測だというのは常識。
ばれたら少し修正(ウソ)。ある危険な状態が起きると、
官公庁独特のしんがり戦がはじまる。ばれたら後退、
ばれたら後退、そうしてじりじり安全に後退していく。

農水省の狂牛病に関する発表なんか典型的だな。
だれも、肉骨粉飼料全面禁止のリスクはしょえない。
政治家も責任は取らない。畜産家はそろいもそろって馬鹿ばっか。
県畜産課も国の言うとおりにしか動けない。

もうなるようにしかならん。エイズ薬害の再来だな。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/17 22:40
今日COOPで"件の乳牛は焼却処分にされており・・・"という張り紙を見たよ(爆

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/18 02:03
そう、エイズ発生の初期と似ている。
国内牛への感染・潜伏がはっきりすれば
やがてその状態を認めた上でのある種の共存生活が始まるのかもしれない。
もっとも先進国(?)のEUでもまだパニックを脱してない感じだが。

天然痘のように絶滅させるってわけにはいかないんでしょ?

110 :-:01/09/18 05:01
モロ、無修正画像サイト発見!

http://www.sex-jp.net/dh/01/
http://www.sex-jp.net/dh/02/
http://www.sex-jp.net/dh/03/
http://www.sex-jp.net/dh/04/

111 :ひひひ:01/09/18 06:11
http://www.himawari.sakura.ne.jp/%7Eloveseat/Adu/menu.html

112 : :01/09/18 15:54

   England→Japan
────────────
   ∧∧   1990 132,000
   (=゜ω゜)  .1991... 62,400
 〜(  x )  .1992... 43,146
   U U   ...1993... 30,715
────────────
        Total 332,261 kg

113 :>105:01/09/18 17:05
久しぶりに見た後に絶望感に浸れるドキュメントだった。
プリオン陽性でいつ発症するか分からない人々。
少なくとも(自国民だけ)は守ろうとする英国やEU。
生後3年以内の牛しか食用にしない、かつ解体の手順を徹底して厳守させる英国。
すべての牛についてと殺後に脊髄の検査をしてプリオンの有無を判定させ(5時間でわかる)安全なものだけ市場に出すEU。

それに対して「コストがかかるので」と危険度検査を中止させた日本(実際は汚染された飼料が確かに輸入されていないという証拠を提示できずに危険度3(4が発生済み)を付けられかけたので、公表されたらマズイと慌てて中止したらしい)
一部の牛だけに来年3月から検査実施する日本。
鬱だ詩嚢....

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/18 20:59
長真壜螺鈿、テロるんなら農水省だな。
まじで氏なすぞゴルァ!
脅迫で訴えてみな、役人ども。
本当に頃してさしあげますから。

国民は馬鹿だからウソついてごまかしておけば、
トータルコストパフォーマンスがいいなんていう
賢い計算は狂人には通用しないことを、
出血多量になってから、血圧低下で
シャットダウン寸前の脳で計算ミスに気づいて、
苦笑いして芥子ね。

貴様らに官僚の能力はあっても誇りはない。
マスコミが官僚を怯懦にしたのなら正直にそういえばいい。
国民の大半は、マスコミが嫌いなんだから。

そんな高尚な理由はなく、単に保身のためであって、
反省も不満も後悔もないなら、潔く氏ね。
板くも来るしくもないように会釈してやる。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/19 00:34
牛用の肉骨粉入り飼料 使用と製造を禁止
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20010918-00000107-mai-bus_all

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/19 08:02
生後30か月以上のすべてに狂牛病検査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20010919-00000401-yom-soci

117 :肉肉しい:01/09/19 12:58
>>78
鶏の飼料を牛に食わせると牛乳に抗生物質の反応出てしまう。。。即廃棄ですね。
今回、乳牛ばかり問題になっているが、肉牛はどうなってるの・・・?
二年以下は問題ないの・・・・?
肥育の餌の方がよっぽど危ないんじゃないって事になるんじゃない?
肉は大丈夫だろうけど、プリオンは?

118 :774:01/09/19 18:11
これはひそかな人気イベント!
必ずもらえるスキャナーかプリンター。
2人に1人プレゼント。
ビジネスマンの最強ソフトも付いてくる

商品    キヤノンスキャナーCanoScan D646U かエプソンプリンターColorio PM-780CS

期間    9月22日(土)から10月30日まで

発送    11月20日から12月20までの間に行います

条件    http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se202543.html
      ここからダウンロードしてください (無料です)
      ユーザー登録をして下さい

Windows98・Me限定です
参加の質問・詳細宛先はここにメールをください

        ok1@softstation.co.jp

ここに貴方のアドレス、氏名、を書いて送信してください

説明HP
   http://www.mionet.com/downup/top0006.htm

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/19 20:46
↓のHPにある加護のバナークリックしてみ。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~musume/

120 :ガーーーン!:01/09/23 07:15
「疑惑の牛、狂牛病と判明。 英での検査で「クロ」確認、東アジアで初確認。」
千葉県で狂牛病の疑いがある乳牛(5歳)が見つかった問題で、農水省が依頼した英国の獣医研究所の検査の結果、
狂牛病と断定されたことが21日、わかった。  www.asahi.com/national/kyougyu/index.html

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/30 22:42
国産肉骨粉の流通・使用を一時全面禁止
http://www.nikkei.co.jp/sp2/nt15/20010929deei022929.html
国産肉骨粉を全面禁止 輸入も一時停止へ 武部農相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20010930-00000128-mai-pol

肉骨粉使用全面停止に、国が買い上げ焼却

狂牛病の感染源とされる飼料用原料の肉骨粉について、農水省は29日、国内産の
肉骨粉の製造や出荷を一時停止するとともに、海外産も含めて在庫をすべて焼却し
、全費用を国が負担する方針を明らかにした。輸入についても、週明けから一時的
に全面禁止することを決めた。事実上の国による買い上げ措置で、肉骨粉は飼料市
場から一掃される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20010930-00000201-yom-soci

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/01 18:32
肉骨粉等の当面の取り扱いについて(13.10.1)
http://www.maff.go.jp/work/press011001-04.pdf

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/01 22:40
沖縄県は1日、起立不能症の乳牛2頭が県内で見つかり、動物衛生研究所に検査を依頼した、と発表した。
一部の検査項目で狂牛病は陰性と診断されており、2頭とも狂牛病特有の神経症状がなく、肉骨粉が含まれて
いない飼料を使っていたため、県は「狂牛病ではない」とみている。 iij.asahi.com/national/update/1001/022.html

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/01 23:09
乳の搾り取りすぎで栄養不足になったのではないでしょうか。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/02 00:32
「栄養失調、狂牛病、と殺、焼却・・・、俺らの一生は何なんだ。。。」 牛

126 :名無し@失業寸前:01/10/02 09:15
 肉牛のうち、特に「産地名を上げてブランド化している物」
については肉骨粉の使用は無いでしょう。

 魚粉、骨粉の類は、僅かでも肉用牛に供与すると、
肉に「独特の臭み」が出る為、肥育段階だけではなく
子牛のうちでも食べさせないのが慣例となっております。

 なぜ、「ブランド化している物」と限定するかと言えば、
大抵の牛肉ブランドには厳しい飼養規定があり、
骨粉や魚粉などを与えて、「臭みによるクレームが出て
ブランドイメージを傷つける様な飼養」を禁じているのが普通です。
 また、大抵は契約出荷で、その店の担当者に聞けば
どの産地の何月何日屠畜、格付け内容や
下手すれば生産者の名前や牛の血統まで教えてくれるかもしれません。
 実は私、国産中心の食肉卸兼小売店で仕事をしており、
店頭の品について聞かれれば上記の内容は即答できます。
(失業寸前なのは言わずもがな)

 逆に、ブランド以外の物は、
どこでどのような飼育をされてきたのか、何を食べてきたのか
食肉卸も小売店も分からないはずです。

続く

127 :126:01/10/02 09:35
 では、果たしてどのような肉が危険なのでしょうか?

1.上記の通り、標示の曖昧な物
2.国産牛としか標示されていない物

 最も危険なのは、廃用された乳牛の肉です。
 肉として飼育されたわけではありませんから、
骨粉を給与された可能性は否定できません。
現に、国内の新聞などで、大規模酪農経営で
「魚粉と表示された骨粉」を給与していたことが報道されています。

 1.はともかく、2.も、
国内で生産された(乳牛ふくむ)牛肉全てを指しております。

 では、具体的にどのような表示の牛肉が安全なのでしょうか?
(上のもの程安全)
1.産地指定のブランド品
2.黒毛和牛とだけ明記された物
3.和牛とだけ、明記された物

続く

128 :126:01/10/02 09:52
 1.は、前述を参考下さい。
 2.は、「悪質な店舗」によっては
「黒毛和種のお母さん牛」(危険ではないけど肉は堅い)
「F1種」(酪農家が、自家の乳牛に黒毛和種を交配させたもの。
肉の見た目は黒に近いが、風味に欠け、物足りない。
酪農家で生まれるため、骨粉給与の可能性を否定できない)
 3.は、上記の2つの他に褐毛和種、短角種を含む。
一概に褐毛、短角を否定できないが、どのような飼育を
されているのか、私には分からない。
(阿蘇の褐毛、北東北の短角種は一部ブランド化されており、
きわめて信頼出来る物ではないでしょうか?)

 申し訳ない、最も危険な2つを失念しておりました。

続く

129 :126:01/10/02 10:03
 「挽肉」「骨粉由来の健康食品並びに各種化粧品」です。

 後者は私詳しく分かりませんが、前者について。
 というか、「挽肉」については、私がとやかく云わずとも
ここまでお読み下さった皆様であればお判り頂けるはずです。

 長くなりましたが、皆様に本当にお気を付け頂く点は、
「信頼できるお店で信頼できるブランドを選ぶ」ことのみ。
 いま、国産牛肉は、スーパーなんかでは
誰も寄りつかず全て赤札(半額表示)、
居酒屋では肉鍋頼めばまっっずーーいラム肉が出てくる始末、
逆手に取れば、これほど安く黒毛和牛を堪能できる
時代はもう来ないかもしれません。

 おそらく私はもう、半年以内に失業するでしょうが
それでも安全な肉を選んで食べてくつもりです、
皆様も賢い消費者であって下さるよう願っております。

 乱文長文失礼いたしました。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/02 19:19
なんかこういう事件が起きるたびにいつもおもうんだが、
目先のことばかり気にしすぎだろ。

牛肉食べなきゃ安全だ?
わけないだろ。
ダチョウじゃあるまいし、砂に顔つっこんで、
敵が見えなくなれば安全なのか?


というわけで、何が絶対に安全な食品なのか。
また、食品以外でなにがどのくらい危険なのか。

詳細なレポートをどなたかお願いします。
あちこち貼り付けまくって、一般市民の
危機管理についての注意を喚起したいと思います。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/02 21:22
>>123

過剰反応

132 :名無しさん@お腹いっぱい:01/10/02 22:30
誰か教えてほしいんだが、
今日の報道にもあったように、アメリカで狂牛病
に似た症状の鹿に関して「米農務省が緊急事態を
宣言した」とのこと。
アメリカでは、公式には、狂牛病はないとされている。
ではなぜ鹿が? かりに、狂牛病をもたらすとされる肉骨粉
がアメリカにはないとすれば、鹿の脳がスポンジ状になった
原因は何なのか?
どうも、肉骨粉だけに狂牛病の原因を求めるのは、狭すぎる
解釈のような気がして仕様がないのだが。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/03 06:39
>>132
CDC出撃?

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/03 12:06
>>126
あなたの食べている肉は本当に○○牛ですか?
魚沼産のコシヒカリの出荷量と流通量のどちらが多いか御存知ですか?
笑っちゃいますね。
小さな紙に書かれた表示を信じて生きていかなきゃイケナイなんてね。

135 :126:01/10/03 13:43
>小さな紙に書かれた表示を信じて
>魚沼産のコシヒカリの出荷量と流通量のどちらが多いか
何れも、信頼出来る店舗を持つこと、見つけることが肝要です。
何を基準に信用しろというのか?ということは
ご覧になられた各人の心次第です。
判りにくい上要領を得ない回答で申し訳ありません。

「悪質な仲卸または店舗」では
魚沼コシ○○%のブレンド米の、割合をごまかしたり、
または味覚、形質の似通った品種(ヒノヒカリとか言うヤツ?)
で水増ししたりと、重大な表示違反があると聞き及んでおります。
全ての業者がそうだ、と断定できるはずも無いのですから
これも、信頼できる店で、と復唱してみたり。

店が暇です。半年も持たずに解雇されそうです。
いろいろ資格ありますから転職には難儀しないでしょうが、
一緒に苦労を、喜びを分かち合った人たちと
袂を分かつのは何とも辛いです。愚痴りましたね、ではこの辺で。

136 :134:01/10/03 18:00
>>126
笑っちゃうってのは我が身の事です。
自嘲だと思って下さい。
さっきもスーパーで食品の表示とにらめっこ。
情けない・・・・

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/03 21:00
狂牛病ってハムスターとかペットにはうつらない?
餌にミートミールとかカルシウム骨粉とか書いてあるんだけど。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/03 22:08
>さっきもスーパーで食品の表示とにらめっこ。
>情けない・・・・

いやいや、情けないことないぞ。本来、消費者として当然の行動です。
今回の騒ぎでは牛の排除だけしか対策として出ていないが、なぜ、食品
成分などの詳細な表示をさせることが話題に上らないのだろーか?
強制的に成分表示を義務づけすりゃいいんだ。
企業はBSEに限らず説明責任を果たしてくれ。
今、自主的にやれば、評判も良くなるだろーに。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/03 23:27
>138
成分って肉の?それは無理。結果が出た時にはすでに腐ってる。
他の食品ならすでに成分表示は義務だし。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/04 01:07
この記事読むと、千葉の肉骨粉が原因という気が・・・
http://www.yomiuri.co.jp/kyougyu/ky20011003_01.htm

141 :牧場糞まみれ:01/10/04 02:34
肉骨粉やめても数年間BSEが増えてる。(フランス)
異常プリオンだらけ?の牧場の土はどうするんだ?
http://www.ilyfunet.com/ovni/471/html/sp01.html

「骨肉粉飼料の使用を91年以降、完全に禁止しても、その後、
 普通の飼料だけで飼育された子牛からも病気が発生しており、
 この事例をとると、今まで考えられてきた食料と母体から
 胎児への伝染だけでは説明がつかない。

 専門家は第三の伝染形態を仮定し始めている。
 それは、牛の糞を通じて、牧場の土壌
 そのものが汚染されてしまっているのでは
 ないかというものだ。」

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/04 06:35
>132+>141=?          !
コワイヨー

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/04 06:38
>126
遅レスだけど、サンクス。
>137
肉骨粉は牛以外の家畜にも大量に使用されていたが発症したのは牛だけでしょ。
最悪でも、ハムちゃんの脳を食べなきゃ人間は大丈夫。(食べてる?
>141
感染の実態調査がいつできるのか、だな。
潜伏期間中の感染って脳を分析すれば分かるの?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/04 06:57
不謹慎と言われるかもしれないが、
カネミ油とか森永砒素ミルク事件は、ルートと範囲と責任者がはっきりしてた
ということについてだけはマシだったのか、と思う。
「分からない」ということは何より怖い。その点について、初期のエイズと同じ。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/04 07:08
農水省の試験結果はやすぎる。嘘くさい・・
そんなに簡単な試験じゃないんだけどな。

もう、なにも信用できない。
安心して食えるものなし。
開き直るしかない。
食ってくって食いまくって、
10年後に発症したら、
動けるうちに速攻農水テロってやる。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/04 13:22
牛乳は大丈夫なの?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/04 14:57
がいしゅつだったら申しわけないけど、
マウス実験で狂牛病との関連があるって証明されたらしいけど、
どれくらいの量を食べさせて、どれぐらい感染したんでしょう?
人間の発症率はどれくらいで、感染のための有効量はどれくらい?
筋肉に含まれているプリオン何ppmで発症するんですか?
ヤコブ病との関連の「可能性」がある、というだけで確証はないのでは?
あまりにも情報がなさすぎです。
用心するのはもちろん大切ですが、確実に実証されていないことを
騒ぎ過ぎているように思います。
騒ぐよりさっさと基礎研究のデータが欲しい。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/04 15:13
>143
食べてませませんよ〜っ;
5日ほど前からハムの1匹が真っ直ぐ歩けなくなってしまって、
多分コマネズミとかいうやつなんだとは思いますが、
今まで30匹以上飼ってたけどこんな事初めてで
しかもタイムリーだったのでちょっとビビった・・。

149 :ヨロケ:01/10/04 15:38
以前から酪農家で言われてるヨロケ牛って何なんだ。
教えて。

150 :1:01/10/04 16:11
http://www5.justnet.ne.jp/~ttp/

151 :haltukusyon:01/10/04 23:16
狂牛病は、はんすう動物特有の病気って
言ってたんで、
羊とかも当然アウトでしょ。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/05 00:28
飼料の安全性が完全に崩壊しましたね。
ということは農業に使われている農薬や肥料なども本当に安全かどうかは確認がされていないということが明白になったと考えてもいいでしょう。
農水省や農協は不勉強と言われてもしょうがないです
農水省は消費者や農家の感謝の気持ちが給料に反映するような民間団体になるといいでしょう
農協は解体すべきです。心の底から農協に勤めたい人が一人もいないような団体がまともな仕事をするわけがありません
お役所や農協の言った通りに農業をやってきたお年寄りはかわいそうです
こういった人だけは保護してあげましょう

153 :147:01/10/05 00:44
やっぱり詳しいこと知ってる人はいない?
・・・じゃあなんでこんなに騒ぐのか。
本当に危険だったら「感染率○%!」とか言って
大々的に言うのでは?
日本じゃなくても、ヨーロッパの国が。そっちの方がひどいんだから。

だいたい日本で見つかった陽性の牛はまだ少数でしょ?
あの足がガクガクになった牛の映像はイギリスの映像。
日本ではそんなにひどいのはいない。
・・・ならそう心配することないのでは?

今の肉に対する態度は、清潔志向に取り付かれて
消毒液そこらじゅうにふりまいて抗菌グッズで固めて…っていう状態
にすごく近いように思う。
ちょっとやりすぎでは?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/05 06:33
>>153
イギリス以外のヨーロッパ諸国もそういってて
狂牛病が自国で発生してからあわててる。馬鹿だ。

それを知っててあえて同じ轍を踏もうとする日本は
ヨーロッパ諸国からは気が狂ってるように見えるだろう。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/05 07:30
同じ轍は踏んじゃいけないよな。
だから、政治も行政もちゃんとした対応をすべきだし、
消費者もパニックになったりしないようにしなきゃいけない。
今の対応は役所も政治家も勉強不足だ。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/05 08:33
肉骨粉使用中止で一番困るのが、レンダリング業界。言わずと知れた
童話関係だよね。農水省は手も足も出せない領域なので、総務庁の
登場だそうだ。補助金ばらまいて口封じをはかるらしい。
ちなみにマスコミも気づいているけど、アンタッチャブルだからね。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/06 00:55
狂牛病「人へ感染しにくい」・潜伏期間長く食生活と関連

 狂牛病が人に感染して発病するとされる新変異型クロイツフェルト・ヤコブ病は、
発病の仕組みがよく分かっていない。治療法のない恐ろしい病気だが、もともと感
染する可能性は低いとされ、専門家は、食材管理など徹底的な対策が取られれば
「心配しなくても良い」と指摘している。

http://www.nikkei.co.jp/sp2/nt15/20011005dnni013505.html

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/06 00:55
風評パニックの懸念も、対応遅れ厳しい措置に?…専門家見方

厚生労働省の今回の指導について、各界の専門家からは「国の対応は遅過ぎる」と
批判の声が上がる一方で、消費者に対しては、冷静な行動を求める声も相次いだ。
http://www.yomiuri.co.jp/kyougyu/ky20011005_08.htm

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/06 08:22
食材管理など徹底的な対策が取られれば
食材管理など徹底的な対策が取られれば
食材管理など徹底的な対策が取られれば
「心配しなくても良い」


ダメじゃん。

160 :>149:01/10/06 14:17
遅レスだが、「へタレ牛」とは「ダウナー牛」のことだろうか。
アメリカ特有の狂牛病ではないかと疑われている。やはり脳が海綿状に
なるのだが、ヨーロッパの牛と違って攻撃的行動は取らず、立ち上がって
歩くということができなくなる牛。Downer Cow(ある日とつぜん「ダウン」
することから、そう命名された)。
1985年ミンク脳症の異常な集団発生を調べたリチャード・マーシュ(ウィス
コンシン大学の教授)は、ミンクの餌に、「ダウナー牛」が使われたことに注目
し「ダウナー牛」が病原体を伝播したことを突き止めた。
マーシュは、「ダウナー牛」がアメリカ独自の狂牛病だという見解を発表したが、
社会的な影響の大きさをおそれて、当局は、彼の説を黙殺しているようだ。
かくして、アメリカ政府の公式見解としては、アメリカには狂牛病の牛は一頭
も存在しないのだが、他方で何千頭もの「ダウナー牛」が存在しており、それが
肉骨粉になっているというのが現状のようだ。

このことに憂慮の念を抱いているアメリカ国民は少なからずいて、Downer Cow
で検索すると、それに言及している多数のサイトがあることがわかる。
また、『食品汚染がヒトを襲う』(ニコルズ・フォックス著 草思社)にも
詳しく述べられている。

161 :えろがぞう:01/10/06 14:39
http://www.himawari.sakura.ne.jp/%7Eloveseat/Adu/index4.html

162 :22:01/10/06 16:23
http://zzz777.room.ne.jp/~erodouga/

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/07 01:48
マウスでの感染実験は、問題部位を食べさせたんじゃなくて
脳に直接注入した結果だそうだ。
・・・あの、経口感染はやっぱりなかなかないんじゃないの?

164 :名無しさん@お腹いっぱい:01/10/07 03:21
「脳内接種は経口接種よりも10万倍高い感染効率といわれている」。
だから、「なかなかない」が、ぜんぜんないわけじゃない。

http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/jsvs/prion/pf122.html

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/07 03:24
プリオンは豚や鳥にも移ると思うし,
安全とされてる筋肉部分にも感染しています,。
だってイギリスの感染者は肉しか食べなかったのに
ヤコブ病にかかってるんだよ!
肉は美味しと思うから本当に残念だけど
病気が怖いので今後はなるべく口にしたくない,

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/07 07:28
>イギリスの感染者は肉しか食べなかったのに
根拠は?
>プリオンは豚や鳥にも移ると思うし,
憶測。

デマになるから、やめれ。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/07 08:30
>>164
殆ど無いのも事実。んなこと言ったら食中毒で死ぬ奴もいる。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/07 10:32
プリオン病とはどんな病気か?
http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/jsvs/prion/pf122.html

BSE発生の1980年からv-CJDが初めて見つかった1996年までに、
英国では75万頭のBSE感染ウシが食用に解体されたと推定されている。
そこで、当初は最大50万人のv-CJD患者が発生するとの予測がなされた。
しかし、2000年になって オックスフォード大学のグループによる
試算では、発病までの潜伏期が20年以下であれば1300人の患者、
もしも60年以上であれば最大13万6000人という推定が出された
7)。なお、もっとも短い潜伏期は9年間と推定されている。

日本では約300トンの肉骨粉がこの頃に英国から輸入されていた。
もっとも、大部分はニワトリの餌と肥料用で、ウシにはほとんど用いら
れていなかったと言われている。しかも、フランス、ドイツなどEUの多
くの国では3万トン以上を輸入していた事実を考えると、日本の場合は
きわめてわずかということになる。したがって、日本の場合この餌から
感染したウシがいる可能性は、ゼロとはいえないまでも、きわめて低い
といえる。
(脚注:日本では1996年に、肉骨粉をウシの餌に利用するのを制限
するよう指導が行われた。2001年1月にウシ用飼料について検査し
た結果では、肉骨粉の混入は認められていない。)

一方、日本では、表2のカテゴリー1,2の組織(脚注:脳、脊髄、眼、
腸、扁桃、リンパ節、脾臓、松果体、胎盤、硬膜、脳脊髄液、下垂体、
胸腺、副腎)を医薬品、化粧品の原料として用いることが2000年
12月に禁止された。これは理論的危険性にもとづいた予防措置である。


5年前の狂牛病パニックが再燃している。しかし、現在では科学的知見
が蓄積し、安全対策上の国際的取り組みも進展し始めている。それらの
現状を正しく理解することが無用の社会不安を招かないためにも重要で
ある。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/07 13:04
(脚注:日本では1996年に、肉骨粉をウシの餌に利用するのを制限
するよう指導が行われた。2001年1月にウシ用飼料について検査し
た結果では、肉骨粉の混入は認められていない。)

実態は?


一方、日本では、表2のカテゴリー1,2の組織(脚注:脳、脊髄、眼、
腸、扁桃、リンパ節、脾臓、松果体、胎盤、硬膜、脳脊髄液、下垂体、
胸腺、副腎)を医薬品、化粧品の原料として用いることが2000年
12月に禁止された。

実際に使用しているかどうかが重要だろ?


「政府は誠実に対応しました。
しかし、なぜか狂牛病が広まりました。」

これじゃ確信犯といわれてもしょうがない。

170 :農水省の対応が改めて問われそうだ。:01/10/07 13:06
狂牛病に感染した牛が生まれた北海道佐呂間町の牧場で使われていた
牛の飼料が、肉骨粉入りの豚や鶏の飼料と同じ生産ラインで製造され
ていたことが6日、分かった。96年に牛飼料への肉骨粉使用が「禁
止」された後も業者の間では肉骨粉混入の危険性が指摘されていたが、
農水省が牛用に専用ラインを設けることなどを定めた混入防止のガイ
ドラインをつくったのは今年6月になってから。混入と感染牛との関
連は不明だが、徹底を欠いた農水省の対応が改めて問われそうだ。

http://www.ffis.go.jp/sub8/obj/kohyo1305.pdf

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/07 13:10
>>170
早い。ありがとうございます。
(もしかすると、偶然かな・・)

172 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/10/07 13:27
>>160
非常に興味のある話なのでニュース議論板の情報蓄積スレに
コピペさせて頂きました。

たとえアメリカの公式見解とは違っても研究者間では情報が伝わるとおもいますが、
そこで、この仮説についてイギリスのBSE研究者やWHO等の国際機関の研究者の
見解がもし解れば教えてください。

173 :名無しさん@お腹いっぱい:01/10/08 00:43
Downer Cow については、まだアメリカ国内でしか問題になっていない
ようです。アメリカでしか見られない現象ですし、アメリカ政府は、
「狂牛病」をなるべくイギリスのローカルな風土病に仕立てあげたいら
しく、この問題に積極的に取り組む姿勢を見せておりません。したがって
Pierluigi Gambetti のような一握りの良心的学者が、基礎的な調査を
ほとんど孤軍奮闘状態で、追求しているのが現状です。
それに関する記事は、↓。
http://www.farmsanctuary.org/newsletter/mad_cow.htm

174 :↑ 補足:01/10/08 01:42
WHO のBSE調査委員会の会長だった Clarence Gibbsや、
プリオンの発見でノーベル賞を取ったStanley Prusinerも
ダウナー牛が狂牛病のアメリカ版であることを支持していた
ようだ。詳細は以下にある。
http://www.purefood.org/madcow/cows7101.cfm

175 :号外:01/10/12 11:24
★★東京都で狂牛病発生★★★
http://news.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=1002851962

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/12 12:34
もう終わりだね。牛肉喰えない。

177 :原因は:01/10/12 16:39
業界と農家が指導を守らないからだよ。
確信犯は、知っててやってる悪徳業者と悪徳農家とそこから票を得ている政治家だろ。
官僚に責任とらせて首をすげかえたとしても、根元が変わらないかぎり、
食肉の安全性は変わらないぞ。

178 :くわず嫌い:01/10/12 17:10
>>177
結局、牛食わなければいいのら!
日本人は魚たべよう

悪徳何とかも食っていけなくなるのら!
でもなぜ、狂牛病はイギリスで検査なんだ(意味不明
日本で検査しろ

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/12 19:57
>>178
確かに畜産家は馬鹿ばかりだから、
つぶれようが死のうが自業自得だ。

しかし、相手を人間だと思うから、
腹も立つし、改善を要求したくなる。

だったら、こう考えよう。

相手はタダの機械だと。

牛をどんどこ造る機械。
でも牛が売れない。
機械は回り続けるための
動力を得るために
燃料(金)を手に入れようとする。

なら牛を売るしかない。
でも食用肉としては売れない。
だから、牛とは関係のなさそうな
製品の原材料として
潜り込ませてさばこうとする。

そしてそれは、良い悪いの問題ではなく、
論理的な、システム的な問題だ。
なんせ相手は機械だから。

だとすれば、相手を追い込むことは
事態の改善ではなく、
事態の潜在化をもたらすだけだ。

改善策は一つ。
徹底的な長期間にわたる検査と、
その期間の損失の補填しかない。

今のように国と畜産家を責めてればいい
などということを続けていれば、
見えない形で手痛いしっぺ返しを受けるよ。

畜産家も馬鹿だが、国民全体もそれに
負けないぐらい馬鹿だ。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/12 23:54
狂牛病の疑いの牛は陰性、厚労省が確認
http://www.nikkei.co.jp/sp2/nt15/20011012dcci146212.html

「食生活変える必要ない」と専門家=人間への感染性低い狂牛病

東京都の食肉卸売市場で狂牛病の疑いのある牛が発見され、消費者の
不安が高まっているが、国立精神・神経センター神経研究所の金子清俊
疾病研究第7部長は「狂牛病の牛を人間が食べて、痴ほう症の一種であ
るクロイツフェルト・ヤコブ病にかかる危険性は低い。厚生労働省など
行政はこの危険をなくし、早く安全宣言を出せるよう最大限の努力をす
べきだが、消費者が牛肉や牛乳を避ける必要はない」と話す。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20011012-00000297-jij-soci

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 07:25
今回の東京の牛はシロ。それは良かった。
行政も今回の経験を生かしてくれれば、災い転じて・・・となるのだが。
それから早く補償制度を整備しないと!
じゃないと30ヶ月以上の牛を30ヶ月未満と偽って市場に出ることもあり得るよ。
英国も最初補償を渋ったので、ヤミで感染牛が加工に回ってしまったため、
蔓延してしまったという指摘もあるのだ。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 08:36
最初にイギリスで発見されてから時間が経ってるが、その間
農水省や食肉業協会などは何をしてたんだ?食肉業協会などは
アングラな組織だから気を付けないと・・・

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 11:54
豚・鳥には感染しないの?

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/14 13:50
236 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :01/10/14 08:40
 畜産農家も販売業者も85年にイギリスで発見されても、何も対策・調査
しなかったのでは?それを一方的に農林水産省の責任にするのはおかしい
でしょう!やはりイギリスで発見された直後に畜産農家の組合・食肉組合・
農水省が連携をとって調査・対策を講じるべきだったのでは?
恐らく対岸の火事としか認識しなかったはず。
米・野菜・肉・魚等を生業・販売してる者達は自然災害やこういう事態を
起こりうることを前提として働いているのでは?この他の業種も色々な
リスクを背負って働いているのです。

禿同!

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/15 19:17
244 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :01/10/15 12:37
常識、ねぇ。
じゃあ、EUで狂牛病が出たときに消費者も騒いどけよ。
今になって大騒ぎしたっておせえっつーの。
そーすりゃ自殺者なんて出さずに済んだ。
自分らの責任は「ゼロ」か?
少なくとも、ヤコブ病に感染する率くらいの責任はあると思うぜ?

186 :根元は・・:01/10/16 15:24
論理のすげかえは怖いね。

根本の原因は、
 知らぬふりをして指導を守らなかった業者と農家でしょ。

 指導を法令という強制力に変えられなかったのは、
 とりもなおさず、新たな施設整備を必要とすることが面倒だということで
 反対した業界とそれに押された政治家のせいでしょう。

 ここ(しらばっくれ農家と業界、たかり政治家)を除去しないかぎり、
 同じようなことが何度でも起きる。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/16 17:59
つーかさ、日本で行政指導なんかが多いのはさ、結局はちゃんと法律
による規制を渋ったり、罰則の無い法を作ったり、するからという側面
があると思うんだよ。
(そもそも、罰則規定の無い法なんて意味無い)
こーゆーのは立法府の怠慢だよな。
少なくとも、今回の狂牛病騒ぎで新たな関連法をつくるって動きは、
与野党とも鈍いじゃん。何やってんだって。
今は、本来はテロ法案もあるし、土日返上で審議していてもおかしく
ない時だよな。
政治家の怠慢・勉強不足は酷いよ。
政治がリーダーシップをとるべき問題だろうに。
むしろ、足を引っ張ってる印象があるよ。ったく。

188 :政府は嘘をつきました:01/10/16 19:12
1頭目
ウェスタン→シロ
エライザ→クロ
イギリスに検体を送る→クロと判定

2頭目
エライザ→クロ2回判定
ウェスタン→シロ
政府はシロと発表


http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/bse/niahsurvey.html
エライザ法は最も検出感度が高く,その感度はウエスタンブロット法の数十倍と報告されています。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/16 21:53
1頭目
ウェスタン(プリオニクステスト:検体を濃縮しない簡便法)→シロ
エライザ→クロ
イギリスに検体を送る→クロと判定
ウエスタン(検体を濃縮して検査)→クロ

2頭目
エライザ→クロ2回判定
ウェスタン(検体を濃縮して検査)→シロ
政府はシロと発表

ということらしい。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/16 22:11
>186,187
何でもいきなり法で規制されたら駄目だろ。
危険な可能性あるから禁止というのなら、5月から11月の間刺身禁止。
先手を打ったらさんざん「規制緩和」と言って、後手に回れば文句。
当然といえば当然の権利だけど、簡単すぎるよね。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/16 23:14
>何でもいきなり法で規制されたら駄目だろ

いや、それはそーなんだけどさ、そもそも政治家が議論もしてな
いんだもん。議論した上でやっぱり規制しなきゃ、って結論なら
すぐやらにゃいけないと思うんだよ。

で、この問題は生産・流通・消費全体に総合的な対策が必要だと
思うんだよ。あちこちで勝手にバラバラやってたら、また縦割り
でおかしくなるかもしれないじゃん。

なら、やっぱり国会でちゃんと法の整備やらないとまずいんじゃない
かねえ。やっぱり、役人ってのは現行法でしか動けないし。
補償や予算も必要だろうしね。

今のトロい動きを見てると政治家がそのことを認識してない気が。。。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/17 07:35
2000年1月の雑誌New Scientistによれば,疫学的見通しでは,1999年
のnvCJDが15例以内にとどまり(1999年11月末現在で9例),2000年も
同程度の数であれば,nvCJDは今後,多く見積もっても1万4000例
以下にとどまるだろうとのことである.当初懸念された何十万人もの犠
牲者を出すような事態はどうやら避けられそうだ.

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/17 18:33
狂牛病(牛海綿状脳症)の有力な感染源とみられる肉骨粉類が、農水省の行政指導
に反して牛の飼料に使われていた問題で、このうち「骨炭」などを最近まで販売し
ていた東京都内の飼料業者など約10社に対して、同省が立ち入り調査をし、販売
停止を改めて指導していたことが17日、明らかになった。個別業者に対する指導
は異例。同省の従来の指導が不徹底だったことを逆に裏付ける形になった。

農家が肉骨粉類を牛に与えるのは、手軽にカルシウムやたんぱく質が補給でき、牛
乳の品質を高めることができるためという。

肉骨粉業者は「消費者が脂肪分3・5%の牛乳を欲しがることが背景にある。牧草
だけ食べて3・5%の牛乳なんて出るわけがない」と指摘。蒸製骨粉を扱っていた
業者は「酪農家には『乳の出がいい』と喜ばれた」と証言する

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/22 07:35
危険だと煽ってる奴の理屈から言えば、もう新型ヤコブ病の感染者が
もっとゴロゴロいなきゃねぇ。
連中は英国でいつから狂牛病が発生したかも知らないのかね。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/05 20:36
日本農業新聞(11/5)より

英国のBSE発生2〜3年後下火に

英国の環境・食料・農村省(DEFRA)の牛海綿状脳症(BSE)担当者であるマーク・
フィレー氏は、同国のBSE発生状況に関し「発生率は急激に下がっている。2〜3年後
には症例は少なくなる」と、あと数年でBSEの発生が下火になる見通しを明らかにし
た。
日本農業新聞のインタビューに答えた。

肉骨粉使用規制が効果

同国では、政府や農業団体、農家などの懸命の運動により、牛肉の消費は回復してお
り、着実に正常化に向かっている。
同国でのBSE発生は、18万頭にのぼる。1993年がピークで、当時は毎週1000頭の発生
が報告されていたが、今年はかなり少なくなっており、年間で700〜800頭にとどまる
見通しだ。
BSEの発生が減っている理由について、フィレー氏は「(牛への肉骨粉使用を禁止し
た)88年から飼料制限が始まり、96年にはすべての家畜に対して肉骨粉を含む飼料
を与えることを禁止する厳しい規制を行ったため」と、厳しい飼料制限の効果が出
ていることを強調。
「96年以降に生まれた牛は守られている。今年発生した牛も、年をとった牛である
ことは間違いない」と述べた。
ただ、「BSEは潜伏期間が長く(飼料制限などの)政策の効果には時間がかかる」と、
あと2〜3年はBSE発生が続く見通しであることを明らかにした。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/05 20:38
農業共済新聞10月2週号より

人への感染について品川教授は「1995年に英国で新変異型クロイツフェルトヤコブ
病が発見され、世界で111例見られる」とし、原因は@異常プリオンタンパクに汚染
された牛肉や特殊くず肉(脳、脊髄、胸腺、脾臓)、その加工品(ハンバーグ、ミート
パイなど)の摂取A食肉加工を行う段階での異常プリオンタンパクの付着―が推定で
きるという。
しかし、「日本は西欧と違い、牛の脳を食べる習慣がない。その点、西欧と比較して
危険性は少ない」(品川教授)。また、「マウスへの感染実験では、牛が感染する最少
量の(BSE感染牛の)肉骨粉を、千倍にしなければ感染しなかった。人を含め他の動物
への感染度が低いのは明らかだ」(山内氏)としている。
また、研究者の中には、北海道大学の近藤喜代太郎名誉教授のように「人がヤコブ病
にかかるリスクは@食生活の中で危険部位をどれだけ食べるかA人口一人あたりの
『市場流出汚染牛』頭数―により違う。試算では日本人がBSEにより新変異型クロイ
ツフェルトヤコブ病にかかるのは、9000億分の一の確率」と、危険度は極めて少な
いという見方もある。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/06 00:29
以前ほど肉が安くなくなっている

198 :エルジ:01/11/14 21:37


199 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/18 16:41
>>197
高くても安くても安全性に不安のあるものなど消費者は買えないと売る側も気づいた?

200 :エルジ:01/11/22 18:25
mnj

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 21:16
原因は第一の発生と第二の発生の酪農家が共通して使っていた餌。
肉骨粉牛の餌の原料に使ってないと言っているxxxンの餌が原因
なのは明らか。
原料に肉骨粉使ってなくても、肉骨粉使った豚や鶏のえさと
おなじラインで製造し、おなじタンク車で餌運べば、いくらでも混入する。
犯人ははっきりしてる。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 22:33
食料自給の観点からは日本に畜産業なんていらない。
米と野菜と魚だけで日本人は生きてきたんだから、
牛肉なんて食べるのをやめたらいい。コレステロール
値も下がって、長生き出来るよ。日本人が長生きなのは
牛肉を欧米程たくさん食べないから。

203 :あははは:01/11/22 22:49
>202
日本人の寿命の伸びと食肉消費量の伸びはいっちしているよ.
肉を喰わない民族だった日本の昔は短命だったよ.

204 :楽農竹山:01/11/22 23:46
>>203
それはどうか? 日本人に限らず近代と前近代では特に先進国と言われ
る国では寿命が延びてそうな気がする。
たとえば戦前の結核の問題は、1つに栄養状態の改善が言われるが、抗
生物質の存在も有意でしょう。
また、平均寿命には乳児死亡率も大きく影響する。
肉食=平均寿命の延び論は反証には絶えられそうにない。肉食→成人病
蔓延論もあるし。
でも、>>202も極論の感がある。「ハレ」の食としての肉食もあるだろ
うし。沖縄などでは豚はハレ食だよ。平均寿命は日本では1番だったと
記憶する。

むしろ問題は、穀物や動物蛋白給餌という先端畜産技術=規模拡大畜産
の在り方のように思うが??
草で牛を少数飼って、年に数回すき焼きの日がないと、寂しいでしょう。
もちろん、サシの入った特上ロースというわけにも行かないけど。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/23 01:54
>沖縄などでは豚はハレ食だよ。

食文化圏では琉球は台湾文化圏に近いでしょう。日本の食文化とは
異質だと思います。

>平均寿命は日本では1番だったと
>記憶する。

温暖な為に、老人の肺炎罹患率が極めて小さいのが大きいと聞きます。

日本における食肉はわずか150年程度の歴史しかありません。一般庶民
レベルでは、牛肉が今の水準で消費されるようになったのは、戦後です。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/23 02:00
今回の狂牛病騒動は、長い目でみれば好ましいと思います。
異常な程の大量の穀物を食肉に変換するアンガス種や和牛の
肥育は、資源の無駄使い以外のなにものでもありません。

日本固有の食文化があるのですから、それに帰ればいいのです。

畜産業は消滅するればいいと思います。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/23 02:18
海洋汚染の現実、養殖の在り方・・・土壌の汚染等、
固有の食文化を蔑ろにしたツケが今来てるのかもしれない。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/23 09:21
>>206
あまりに痛い論理だね。ところでさ、あんたが言うところの「日本固有の
食文化」ってヤツはどこにあるのよ?そう安易に食文化って言葉を
使ったら永山某のように古代食までさかのぼらなくてはいけないぜ。

つまり、あんたの考えはあまりに厨房的。そう簡単に畜産業はなくならないよ。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/23 09:44
畜産業はなくならないが、ここ20年ほどはどの畜種に関して農家個数は減少している。大規模化・商業化してるとこが最後まで生き残るんだろうな。

210 :あははは:01/11/23 13:17
to 楽農竹山さんへ

昭和三〇年代の長寿国を見ると,北欧など動物性タンパク質摂取の豊富なところですが.

戦前の日本の結核は抗生物質がなかったこともありますが,
最大の原因は栄養不良ですよ.

成人病の蔓延は長寿の代償だとおもってあきらめたほうがよいと思います
成人病と乳幼児死亡率は対極構造です.

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/23 14:11
>そう簡単に畜産業はなくならないよ。

      畜産王国欧州のでさえ壊滅的な打撃を受けた。

       日本の畜産業なんてひとたまりもないさ。

         毎月毎月狂牛病の牛がでるだろうな。

       最後のとどめは変異型のヤコブ病だろうな。

   これから畜産業食肉流通業はすればするほど赤字の垂れ流しさ。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/23 14:47
>206
概ね同意。
ただ、今はマクドナルド等の対幼児戦略で子供時代から
舌の感覚が微妙に変えられているから、急に和食回帰は
むずかしいだろう。

まずは、酪農畜肉産業、同食品サービス業が
コントロール可能なところまで弱体化させる
絶好の機会であるとはいえるね。

資金力にものを言わせて、秘匿してきた
畜産業界の汚物を白日にさらすチャンス。

213 :  :01/11/23 23:00
この件で食肉業界はO−157のように弾除けが無いから今度ばかりは火達磨だな。

214 :名無しの農家:01/11/23 23:42
感染源はどうやら2社の飼料に絞られてきたみたいだけど、
狂牛病の原因が「くみあい配合飼料」なのでパニックを恐れて
感染源が特定出来ていないと言い訳して時間稼ぎをしているような気もする。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/24 00:12
> この件で食肉業界はO−157のように弾除けが無いから今度ばかりは火達磨だな。
O−157のときは、カイワレとか野菜が風評を受けたが、あれも、原因は家畜か?
大腸菌だから、もとは、温血動物由来なんだろうが、どこからきたんだろう。
やっぱ家畜の糞尿?解体時の肉への付着?井戸水の汚染?もともとは、輸入飼料?
このあたりって全然表に出てこないね。ずっと不思議。誰か教えてください。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/24 03:19
畜産、食肉流通に、どれだけ沢山のアングラ人脈が
ぶら下がっているかは、すこしはこの業界のこと
知っている人間なら、だれでも知っていることだろう。

狂牛病騒動は、このいかれた産業を日本から駆逐するいい
機会だと思うよ。

217 :エルジ:01/11/24 03:44
vv

218 :一応ここがホンスレか?:01/11/30 22:34
群馬で3頭目が出たって。今度も乳廃用牛
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20011130-00000113-yom-soci

219 :ななし。:01/11/30 22:49
とにかく感染源早く特定しろよ。
夜もねむれないっちゅーの。

220 :楽農竹山:01/11/30 23:36
群馬と言うことになると、(北海道区の)くみあい配合飼料よりも
(全国区の)代用乳の方が注目浴びそうだね。
まだ、詳しい情報は何にも出てないけれど。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/01 00:07
3頭目か
なんかこのままあっという間に2桁になりそうだな

222 :放送禁止用語集:01/12/01 00:33

二度あることは何度でもある

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/01 00:55
日本で3頭目の牛は群馬で飼育されていた牛!
群馬から29日に大宮食肉市場に出荷され、狂牛検査を受けた。
埼玉中央食肉検査センターでエライザ法により測定不能になるほどの
異常プリオンを検出。
狂牛1頭目、2頭目は生まれが北海道であったが、
この牛は群馬県勢多郡宮城村柏倉のホルスタインで群馬で
生まれ育った。

224 :1129:01/12/01 01:05
>>220
確かに、あの代用乳は群馬県で作られた製品です。
しかし、あれはホクレンの委託注文なので流通はホクレン管内のみです。
全国区の流通ではありませんよ〜。
どうせ群馬で見つかった3頭目の牛も、北海道からの導入でしょうね。
北海道はほとんどの初任牛を生産してるからね。

225 :1129:01/12/01 01:10
>>223
群馬県産の牛でしたかー。
このレス見ないでカキコしてしまいました。
スマソ・・逝ってきます。
でも、そうなると3頭の共通点は何?
調査結果が早く知りたい。

226 :巨乳ハンター2:01/12/01 01:45
>>225
現状での共通点は、3頭とも乳牛だって事。
これじゃ、5歳前後の乳牛を抱えている酪農家は恐くて出せないだろう。

227 :ななし。:01/12/01 02:58
ためらうほど高確率ってわけでもねべ

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/01 03:40
狂牛病は、ホルスタインにのみ発生するみたいですね。
(ソース未確認ですが)
同じ乳牛でもジャージーでの発生はあるのでしょうか。

229 :真田有 行造:01/12/01 05:56
ヤパーリBSE症状外見で判らなくとも検査してみりゃ
ほこりが出るんだ。

遺伝子組替え大豆は使用していません表示の食品だって
配合飼料だってもう何がナンダか訳判らん!!

230 :1129:01/12/02 00:20
こんばんわ。>>224&225です。
昨晩>>220さんに対して全国区の流通ではないですよ〜≠ネんて
大威張りしてしまいましたが、今日ふっと思ったのです・・。
確かにあの代用乳はホクレンの委託なのですが、それは飼料設計のみホクレンの指定で
原材料も生産ラインも群馬県の科飼研で作ったんですよね。
だからホクレン以外からの委託注文が来た場合、同じ材料とラインを使用する訳だ。
だから・・もしも、もしもだよ。
それが狂牛病の肉骨粉で汚染されていたら、ほかの所にも出回っている
恐れは大いにあるのよね。
だからもしその代用乳が原因ならば
当時それを使用していたスモールは皆危ないって事?
やーん。怖い〜〜。

>>226さん。
私も、現在5歳以上の廃用牛が居る酪農家はびくびくものだな〜って思います。
これからもっともっと出てくる恐れがあるって事?
でも全頭検査がきちんと機能しているからこそ発見されると思うのです。
今、出回っている牛肉は安全だと思いたいです。

231 :楽農竹山:01/12/02 10:56
>>230 さんへ
だと思うよ。で、「ホクレンはBSE〜」にも書いたんだけど、
科飼研の代用乳のシェアはどのくらいなのでしょうか?
全農だけでなく、例えば明治系や森永系なども代用乳つくってんのかな
? あるいは、商社がアメリカやひょっとするとEUから輸入したてりし
てんのかな?  
 つまり、日本中の牛がヤバイのか?特定メーカー代用乳利用農家の牛
だけがヤバイのか? その辺りが知りたい。
 もちろん、まだ代用乳原因説に固まったわけじゃないないけど。

232 :れお:01/12/02 11:49
とすると
同じ年の代用乳に使用したかも
しれない肉骨粉の汚染により
狂牛病が発生したかもしれない
ってことかしら?

もう食べてしまったのだろうが
その代用乳を与えたと思われる
ホルスの雄、F1牛、受精卵の和牛
が30歳未満で食肉として食べてしまった
可能性あるかもね

まだ結論づけるのはやいのだろうが・・・

全農の子会社が作っていたと
いうのが怖いよね
結局、飼料に関わる中枢のところで
安全に配慮が欠けていたということになるわけで
国の責任だけでなく全農=農協=農家も
狂牛病への安全に対する意識なかったってことに
なるものね
今までの食肉汚染に対する嫌悪感が今の牛肉消費減退
につながっていくのだろうなぁー

233 ::01/12/02 18:10
全農の子会社の新聞記事

原因がこの会社なら、なさけないでっせ、社チョー

http://www.jacom.or.jp/kataru00/01032701.html

234 :1129:01/12/02 18:44
>>231さんへ
はっきりした数字はわかりませんが、
科飼研のシェアはそんなに多くないですよ。
全農関係商品の生産だけなので、
他のメーカーさんの製品は作っていません。
あるいは=`以降の質問の意味が良くわからないのですが・・。
肉骨粉の輸入の事ですか?
ちょっと原材料のことは今のところ私にもわかりません。
わかったら、カキコします。
今現在の所は、科飼研の代用乳を使用していた仔牛がアウトっぽいですね。
でも、その原材料が汚染されていたものだとすれば
同じロットで作られた肉骨粉が他のメーカもしくは会社に行っている
恐れは十分にあるのだから、仮に科飼研の代用乳がクロならば
そのころに生産された他メーカーの肉骨粉入りの代用乳及び飼料は
限りなくクロに近いのではないでしょうか?

>>232さんへ
私も、そう思います。
そのころの肉骨粉が汚染されていたのでしょう。
今回の宮城村の牛も、外見上は何ら変わった所はなかったそうです。
だから今までに屠殺された中に
きっと狂牛病の牛は混ざっていたと思います。
そして何も疑うことなく食卓に上っていたのではないでしょうか。
だって、狂牛病なんて対岸の火事だと思っていましたもの。
本当に現在酪農家は怖くて廃用牛を出せません。

235 :れお:01/12/02 19:15
肉骨粉を意図的に使った農家が
狂牛病でてくるならわかるけど
関係ない、素直に農協の指導に
沿った代用乳で感染したのなら
すごい問題が大きくなってむなしさ
感じますね
こういう酪農上がりの経産牛がどう
いう肉として利用されていたかを
消費者に教えて欲しい
とにかく30ヶ月を越える酪農上がり
の経産牛は国が買い上げるとかして
牛肉市場から隔離してほしい。
同時期の5歳くらいの牛はサンプル調査してほしい

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 19:23
狂牛のミルクって危なくないのか?
まじで出荷してたんだろ、その狂牛のミルク。

237 :1129:01/12/02 19:56
ちょっとうろ覚えなんですけれど・・。
異常プリオンって、脳と腸と脊髄に蓄積するものだそうなので
生乳中には含まれないそうです。
スモール価格大下落等の大打撃を受けている酪農家さんの為にも
牛乳飲んで下さいませ。

今回の事は牛の肉骨粉を牛に給与した共食いの報いだ≠チて
言われてますが、鶏と豚の肉骨粉は今も生産されているんでしょう?
それは鶏・豚には使用されているんですか?
だってもしかしたらこの先
この様な病気が他の家畜にも出る可能性があるってことじゃない?
誰か教えてくださいませ。

238 :れお:01/12/02 23:04
だんだん何が安全かわからなくなって
きたという感じがしますね
直接育てていた生産者がわからない
のが現実だものね

239 :かず:01/12/03 00:18
>>1129
鶏、豚の肉骨粉は今も作ってるけど、今年の10月4日から全ての肉骨粉
をエサに使用することは禁止されたので、エサには使われず保管されて
います。国が処理方法を色々検討しているようです。

240 :かず:01/12/03 00:27
農水省の中間発表によると、科試研の代用乳には、血漿たんぱくが
含まれていました。
ただし、これはアメリカ産の豚由来のものです。
仮にこれが原因だとすると、BSE非発生国ということになっているア
メリカが実は、BSE発生国だったか、アメリカの工場が、豚といいな
がら、輸入した肉骨粉を使用していたということになる。
う〜ん、調査は難航しそう..

241 :れお:01/12/03 00:55
アメリカの豚由来って
ことにしてたんじゃない?
あやしい肉骨粉でまわって
みたいな気がするし
形式的な安全証明ですんでた
実体があるのではないかな?

242 :楽農竹山:01/12/03 03:16
現在の乏しい情報の中で、科飼研の代用乳の原料の何かが怪しいと思っ
ているので、そのシェアが気になったのですが、これは必ずしも肉骨粉
とも血漿タンパクとも精製不良の動物性油脂とも決めつけられません。
特にアメリカの豚汚染まで想定できるほど血漿タンパクに執着する理由
は無いでしょう。
逆に同じ時期にミルクを飲んだ牛に限定されている間は、かなり小さな
ロットだけの問題の可能性もあるので、その事に期待します。
この時期以降の代用ミルク全てが汚染されてるというところまでは、ま
だ想定する必要はないでしょう。
罹患牛が出るほどに、範囲が狭まっていくことに期待します。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 06:36
>>なんで、病気になった牛を、税金で買い上げなきゃならいの
農業は、そうやってすぐ税金・補助金の要求

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 11:03
>>243
> なんで、病気になった牛を、税金で買い上げなきゃならいの

国による「強制」買い上げだもん、当たり前だろ。
国の法律にある病気だけだよ、強制買い上げは。
その牧場の狂牛病ではない無実の牛も強制に殺処分されているんだよ。

245 :とある裸苦農家:01/12/03 11:16
>>243
酪農・肥育農家は、安全で美味しい製品を
消費者に届けたいと、毎日仕事してる。
国の(農水省)の政策の失敗で被った被害は国に償っていただきたい。
欧州であれだけ騒いでいたのに肉骨粉を輸入禁止にしなかった。
そしてその付けは今、全国の酪農家に来ている。
肉骨粉を使っていない農家から何故、狂牛病が出るんだよ。
安全だって言われた飼料が汚染されていたなんて・・。
どこの牛舎にだって感染牛が居るかもしれないってことだろ。
役人どもは、いつも机上の空論しかしない。
1頭目の狂牛病が出た後の
保健所の聞き取り調査なんてほんの通り一遍等。
いつも現場の人間が割を食う。
バブル時代やりたいほーだいやって
その挙句税金投入してもらう銀行さんの方がおかしいと思う。

246 :酒場の名無しさん:01/12/03 15:57
>>242
国が買い取るのは、

国内の専門家による楽観的見解に寄りかかって
「海外から輸入飼料・原材料による狂牛病感染の危険性はない。」
「水際での防御は完璧だ」と
狂牛病感染国やプリオン病の研究者から寄せられていた
警告を無視してきた結果ですし。

その彼らの意見をお題目に
押して感染対策をおろそかにしたり、
させたりした行政や官庁があった訳で、
そして行政官庁は指導範囲を一脱する企業を監視し、
その指導範囲を信頼して、企業は活動を行うわけです。


日本は選挙によってその行政を最終的に指揮する
責任のある人たちを選んでる国なわけで、


それが許せないと言うなら、
次の選挙では
「狂牛病の国内での感染被害は
 一重に生産農家や関連団体の自己管理能力の欠如にあって、
 国民や政府はその被害者です!!」
なんて言う候補者を探してその選挙区に移り住み、
一票入れればいいんではないですか?

逆にいえば議員先生を
つまり、私達のお金である税金を
どう使うか決める責任者に押し上げた責任は、
わしら有権者にあるんであって、
民主主義国家に住んでいる限り、
押し上げられなかった責任も、
また、有権者にあるでしょ?

選挙は遊びや他人事ではないんですから。

銀行に税金が投入される事に反対なら、
狂牛病が怖いなら、
自衛隊が・・・

次回の選挙から各候補者の演説会を聞いて回ってみるくらいすれば?

247 :酒場の名無しさん:01/12/03 16:01
間違った!!
>>242 → >>243

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 16:55
http://www.geocities.com/crazydizzy2001/

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/04 00:47
代用乳はほとんどの飼料会社で取り扱っている
成分・原料は似たようなもんだ
日本では代用乳に肉骨粉は入ってないよ
血漿蛋白は肉骨粉ではない
本当に血漿蛋白が原因だとしたら
日本の牛はみーんなBSEになる可能性がある
原因は他にあるような気がするけど

250 :質問者:01/12/04 04:12
スレ内容とはずれますが、質問させてください。

狂牛病に関する報道の中で、農業コンサルタントる人が、
産後の肥立ちが悪い乳牛に魚粉・血粉などの動物性飼料
を与えるように指導していたという記事が新聞紙面で何
度か掲載されていますね。

草食動物である牛も、出産の時に後産(胎盤等)を食べ
ると見聞したことがあります。そして、それが母体の回
復にとても大切であるそうですね。
昨今、その胎盤エキスから化粧品や薬品が販売されてき
ましたが、後産は人的に処理してしまうようになってい
るのでしょうか?

酪農関係者の方の回答があればうれしいです。

後産を口にするだけで、産後の肥立ちがOKとい
う短絡的なことはないとは思いますけれど。。。。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/04 05:44
無実の牛をジェノサイドする国民が、捕鯨を非難する。
もう白人の動物愛護なんて信じない。

252 : :01/12/04 10:42
後産食わせるとこなんてあるか。
バーンクリーナーに捨ててお終い、だろ。

253 :楽農竹山:01/12/06 22:57
草食動物が後産食うのは、天敵肉食獣から子どもを守るためとの説がある。
家畜の牛さんも昔はサバンナの草食獣だったから、そんなこともするかも
知れない。
 でも、産後の肥立ちと言えば牛さんのためのように聞こえるが、すでに
子牛を放した母牛の、乳量が落ち込んだ時にはという指導だよ。
それで回復が芳しくなければ、即、屠場。効率の悪い牛を置ける余裕は現
在の酪農家にはない。

254 :名無しさん:01/12/06 23:16
そこまでシビアな農家っている?

255 :れお:01/12/06 23:23
調整魚粉って意味わかんない
肥育牛の配合飼料にも魚粉の
名目で混合されてたのだろうか?
聞いてないよそんな話!って感じだよみんな

256 :あははは:01/12/06 23:27
酪農家悪者論が出ているが,
だとすれば,森永砒素ミルクを飲ませた母親や
水俣湾の有機水銀たっぷり魚を食べて,胎児性水俣病の
子供を産んだ母親が悪いことになる.

飼料が原因だとすれば,だとすればだよ,
消費者である酪農家は安全が保証されていることを前提に飼料を買っているのだから
何ら罪はない.もちろん

だいたい,禁止物質や注意を要する材料に目を凝らして買い物する人はまずいないだろう.

257 :あははは:01/12/06 23:29
>253
豚だって胎盤食べるよ,食べるほうが多いくらいだ

258 :Pater:01/12/07 22:36
肉や牛乳が「安全」とか「プリオンが含まれていない」って、
とんでもないゴマカシだと思う。
単に「検出限界以下」ってだけだもん。
チリも積もれば。。。ってこと。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/07 22:47
>>258
そんなことを言い始めたら全ての食物は「ゴマカシ」になるだろ。
どんな食べ物も「検出限界以下」の毒が入って居るんだよ。
気にしていたら食べるものなんか無くなるよ。(w

260 : :01/12/07 23:04
>>259
 ほ、ほんとに? 全ての食物に毒いれてるの?

261 :ねぇ? ◆w.CBecv2 :01/12/07 23:15
>>260
はぁ?

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/07 23:24
「260」は逝って良し!(w

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/07 23:27
>>260
 確かに、いろんな加工食品には、牛を材料とするものがあるよ。
ゼラチンや、ラーメンのスープ、チーズ(牛乳)など幅広く使われている。

264 :264:01/12/07 23:31
>>258
調べてみると勘違いだということがわかるはず。
めんどくさいから書かないけど(笑

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/07 23:38
>>258
 検出は出来るよ。でも感染確率が小さいということ

266 :>>265:01/12/07 23:43
を、知らない情報。
ソース教えて。

267 :266:01/12/07 23:50
http://www.bpro.or.jp/contents/japanese/pages/o_news/2001/0104_13_abc_milk_vcjd.html
これかな?
感染性なしと読めるが?

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/08 03:09
発覚以前は皆、気にせず食べていた...
全頭検査の現在では以前のレベルに比べれば飛躍的に安全なものになった。
まぁ自分自身の判断で食べる食べないを決めればいいんじゃない?
俺は気にせず食べる。牛肉がウマイという事実には変わりがないから。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/08 03:11
牛乳や肉より加工食品のほうが怖いって。
ダイエット食品や、カルシウム材とか。
むかしジャンプとかで売ってた法外に高いカルシュウム剤って
たしかイギリス産の牛の骨が原料と宣伝してた。
イギリスから上陸とかで宣伝してた、記憶がある。
あの詐欺に引っかかった記憶があるなら覚悟したほうがいいな。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/08 13:52
▽飼料輸送車で肉骨粉混入も…3頭目狂牛病 (読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/04/20011208ic02.htm

こうなると代用乳じゃなくて、やっぱり本命は豚鶏飼料の交差汚染かな。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/08 18:12
と思ったら今度はこんなニュース
▽共通代用乳に魚粉成分―肉骨粉混入、否定できず
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20011208/eve_____sya_____008.shtml

この線も未だ消せないか。
どっちにしろ酪農家にとっては「そんなの、聞いてないよ!」と叫びたい気持ちだろう。

272 :れお:01/12/08 22:51
魚粉に肉骨粉はいっていたなんて
聞いてないよ!
肉牛農家も配合されてるのに

273 :Pater:01/12/09 09:47
>>264
1996年以降、英国でnvCJDが発生しているのは何故?
彼らは「危険部位」とやらを特に沢山食べていた訳ではないでしょ?

274 :ねぇ? ◆w.CBecv2 :01/12/09 10:12
>>273
それが不思議なんですよねぇ。
いろいろ調べたんですけど、狂牛病がvCJDを引き起こす直接的なメカニズムは
分かっていないようです。
つまり、危険部位というのは異常プリオンの濃度が濃いというだけで、
ここを食べると発病するかといったら、そうでもないのです。

275 :酒場の名無しさん:01/12/09 10:12
>>273
ハンバーガーにはいってたんじゃなかったっけ?

276 :酒場の名無しさん:01/12/09 10:20
後は潜伏期間の問題だと。
異常プリオンを食べたら
即発症と言うことではないんですよ。
あと、ちょっとだけしか食べてないから発症しないというものでもないし、
沢山食べたから必ずしも発症するとも限りません。

277 :酒場の名無しさん:01/12/09 10:35
海綿状脳症を発症した生物から
異常プリオンを人為、無為に関わらず感染させてしまった場合、
感染先の「種」が感染元に対して
遺伝的な「種」として近ければ近いほど、
同様の海綿状脳症を発症する確率は上がると言うことは判ってます。

278 :酒場の名無しさん:01/12/09 10:39
詳細は素人の話よりも、
こっちをみたりして自分で調べた方がいいかもね。
http://hayato.med.osaka-u.ac.jp/index/vet-j/zoonosis-j.html

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/09 10:43

東北の飼料メーカー団体は製造工場は港の近くにあり
魚粉が豊富にあるので肉骨粉は使ってないそうです。

魚粉より安い肉骨粉は港に運ばれてくるんじゃないのかね。

280 :名無しさん@お腹いっぱい:01/12/09 10:58
>>273,274
1996年以降に感染したと見られる患者っているの?

281 :ねぇ? ◆w.CBecv2 :01/12/09 11:05
>>280
直接の原因も潜伏期間も分かっていないので、いつ感染したか分からないのが実情。
1996年以前に感染してた人も多いだろうね。

282 :酒場の名無しさん:01/12/09 11:24
>>278
ちなみにウェブ上で公開されている
学術データのほとんどが2年以上前のものなので。
そこら辺は陳謝ね。
検証中の実験データが
他のところに持っていかれないようにするには
そうするしかないらしい。
そんなこと言ってる場合じゃないのにね。

283 :名無しさん@お腹いっぱい:01/12/09 11:28
>>281
ふーん、じゃ肉から感染する可能性もあるんだ。
安全じゃないじゃん。

284 :酒場の名無しさん:01/12/09 11:37
>>280
原因推測や、潜伏期間の推測については、この辺も参考になるかと。
http://www.analyst-fp.co.jp/ja/analysteye/bio_08.html
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/ne190305.htm
http://www.mhlw.go.jp/topics/0103/tp0308-1.html
http://www.fda.gov/oc/opacom/hottopics/bse.html

285 :Pater:01/12/09 16:42
原因究明も大事だけど、食べてしまったものは仕方がない。

今後、日本でもEU並に第三者機関による農畜産物の安全性の認証・表示が
義務付けられるような仕組みが出来るといいんだけど。。。

「役所のセクショナリズム」や「食肉流通の不透明さ」を考えると
枠組みが出来ても上手く機能しない気もする。
農水省も厚生労働省も「消費者」のことなんて何とも思っていないし。
なんか閉塞感を感じるなぁ。。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/09 17:09
 「牛肉を食べてしまったから、感染した。もう、どうでも良い」
といって、牛肉をやけ食いすることは、感染する確率を増やすことに
なる。

287 :ねぇ? ◆w.CBecv2 :01/12/09 17:17
>>283
いつ、肉から感染するって言った?

288 :Pater:01/12/09 23:31
牛肉や牛乳からの感染リスクは低いってのは分かるんだけど、
「危険部位」と違って、ほぼ日常的に摂取するわけだし
なんか、気になっちゃいます。
nvCJDは、発病すれば現時点では治療法はないしね。
まあ、nvCJD発病リスクも「喫煙による発癌リスク」より
低いだろうし。

せめて「これは安全」という、不正の入り込む余地のない表示体制が
できるといいんだけど。。。

289 :うふっ!がんばってね:01/12/09 23:32
http://www5.nkansai.ne.jp/users/mitani-sys/

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/10 01:07
リスク云々っていうのは、
新型クロイツフェルトヤコブ病になったら、まず助からない。
そして、そのロシアンルーレットに
自分が参加してるってだけで十分ですけどね。

中にはこういうある意味良心的な企業もありますけど(藁
http://www.google.co.jp/search?q=cache:xEhnhhXjGLw:www.nissinfoods.co.jp/util/oshirase.html+%93%FA%90%B4%81%40%93%C1%92%E8%8A%EB%8C%AF%95%94%88%CA&hl=ja

あとは自分が食べた食品サンプルを取るとかくらいしか思いつかないですねぇ。家庭でできるお手軽自己防衛(爆笑

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/10 19:43
やっぱ、この国の食品(特に農産物)の流通システムを
変革するってのは無理なのかねぇ。。。
ま、農協とかも邪魔だしなぁ。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/10 20:36
少なくとも食肉流通の世界は同和関係者もからむので
非常にセンシティブ。
っていうか真っ黒けでアンタッチャブル。

農水省の畜産部長なんか弱み握られてるから
腑抜けた対応しかできない。
事務次官もそうだな。元畜産局長だし。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/11 23:21
昼間のニュースで、4頭目が岡山で見つかったって言ってたけれど
その後の情報が、全然無い!
どうなってるのか、情報きぼーん♪あげ

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/12 01:45
本当はもっと前から発見されてたのかくしてたんでない?
エイズの時も、¥本当は血友病患者がエイズに感染してたのに隠して、
ホモの患者を先に発表しててじゃん。全農はホクレンに責任なすりつけようと
北海道から感染ぎゅがでるまで、監査を遅れさせてたんじゃないの?
内地の連中ならそないな姑息な手つかいそうやん。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/12 01:56
同和関係者ってなに? 内地じゃまだくだらない差別引きずってるの?

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/13 16:41
あげ♪

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/13 16:48
ねえねえ
岡山の4頭目の話は?
あれから全然テレビでもやらないけど・・・。
私、夢でも見たのかしら?
確かに、お昼のニュースでやったんだけれどなー。
シロだったのかな?
だったらそれもきちんと発表してほしい。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/13 17:34
↑夢見がちな文章ではある。

299 :ねぇ? ◆w.CBecv2 :01/12/13 17:58
このスレの>>297って、狂牛病マニアなの?
シロ判定をいちいち発表していたら
キリがないじゃない。

300 :狂牛病マニア:01/12/13 18:54
>297
【狂牛病】:1次検査で1頭から疑いの反応 岡山 1211
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1008046521/l50

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/13 19:16
http://www.sex-jp.net/dh/03/

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/13 22:57
「北海道新聞より」

肉用子牛わずか1000円 狂牛病で道東の酪農家悲鳴  2001/12/13 18:38

 【中標津、別海、標茶】「狂牛病(牛海綿状脳症)の牛を出したら離農しかない」。
国内有数の酪農地帯を抱える根室、釧路管内の酪農家に不安が広がっている。
こうした心配は、乳を搾り終えた牛(廃用牛)の食肉向け出荷を控える動きにつながり、家畜市場を寒々とした空気が覆う。
牛肉の消費低迷で肉牛用の子牛の価格下落も止まらず、子牛1頭が1000円と、悲しくなるような値をつけられた例もある。
狂牛病禍が冬を迎えた酪農地帯を揺さぶり始めた。

 十二日、根室管内中標津町内の家畜市場。狂牛病が表面化する前、一頭十万円前後で取引された廃用牛の価格が平均二万二百円まで落ちた。
最安値は三千百五十円。
出荷頭数は五十五頭で、例年の三分の一だった。

 同町内の酪農家(52)はこの日、廃用牛二頭を売りに出した。
「ここにもってくるのには相当な勇気がいる。
万一って事態もあるわけだし。
でも、牛舎がいっぱいなんだ。腹をくくった」と話す。

 同管内標津町。五十三歳の酪農家は、宗谷管内猿払村の廃用牛が国内二例目の狂牛病と確認された十一月下旬以降、廃用牛の出荷を見合わせている。
「万一のダメージを思うと、怖くて出せないよ。
牧場のほとんどの牛が疑似患畜とみなされ、処分される。
そうなったら、首をくくるしかないからな」。

   ◇    ◇

 根室管内では別海、中標津など千八百戸の酪農家が約二十一万頭の乳牛を飼育している。
出荷のリスクと廃用牛を抱え込んだ場合のえさ代などコストのせめぎ合いが、酪農家を苦しめる。

 配合飼料に、感染源とされる肉骨粉が混入していた可能性が浮上してから、酪農地帯は一段と敏感になっている。
「自分のところでも…」という不安が広がった。

 釧路管内で最大の酪農地帯でもある標茶町には、人口の四倍近い約四万頭の牛がいる。
十一日の家畜市場では、あまりの安値に、酪農家から「もう死ぬよ。死にそうだ」とのうめき声が漏れた。

 この日、肉牛として育てる「F1」(和牛と乳牛の交雑種、二カ月未満)の雌が一頭平均九千六百円と前例のない一万円割れを起こした。
最安値は子牛一頭が千円。同町内の肉牛農家は「牛肉の消費が落ち込んだ結果だ。しわ寄せがこの暴落だ」と嘆く。

   ◇    ◇

 九日、根室管内別海町内で開かれた狂牛病に関する討論会では、参加した消費者からも、後手に回った国への怒りに加え、地域に与える影響を懸念する発言が相次いだ。
「地域経済は酪農が支えている。商店も土木建設も酪農が駄目になればみんな駄目になる」。

 JA中央会など農業団体は「廃用牛の価格暴落に対する酪農家への補てんや牛肉の流通対策を国に求めたい」とする。
しかし、牛肉の消費は近い将来、果たして回復するのか。釧根の酪農地帯でさえ悲観的な見方が強い。
別海町内の酪農家(50)は「これで離農が相次ぐのではないか」と真顔で言った。
事態はそこまで深刻化しているのだ。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/14 00:56
廃用牛を出したくても処理場が受け付けてくれません
国は廃用牛の処理を優先させるべし
BSEは蔓延していると考えるべきで数多くの発症牛から
原因究明をするべし

消費者はこんないい加減な対応では牛肉食べません。
肉骨粉食べた豚も危ないと食べない
豚は1年後、牛は2年後に食べたいと
それも絶対肉骨粉食べさせてないと言う保証が有るべし

304 :某県庁職員です:01/12/14 01:07
畜産課が県産牛肉販売促進のために庁内で販売予約を取り始めました。
通常価格(今はあんまり意味無い言葉だが)より格安。各課5kgが目標だって。
協力したいと思います。(全頭検査で今は安心だし。)
がんばれ農家と肉屋さん。

305 :297です:01/12/14 02:30
>>300
レス、ありがとうございます。
>>299
私は狂牛病マニアではありません。
一介の酪農家として、事実を知りたかっただけです。
書き方が軽かった事は、不適切だったと思います。
すみませんでした。

>シロ判定をいちいち発表していたらキリがないじゃない

一次検査で陽性だったと言う発表をしたからには
その後の検査結果も発表があると思うのはいけない事ですか?
現在全頭検査している牛の結果を、1頭1頭全て発表しろとは言ってませんよ。
疑いのある牛が居るって事だったので知りたかったんです。
今、狂牛病の患畜を出した県は、肉・仔牛・廃用牛等の価格が下落しています。
淘汰牛は、屠場が受け付けてくれません。
岡山県の畜産農家の為にも
白黒をはっきりと報道すべきだと思ったのです。

長レスで、申し訳ありませんでした。

306 :ねぇ? ◆w.CBecv2 :01/12/14 23:11
>>305
こりゃ、岡山県の対応がまずかったね。

=========================
陰性確認遅れ、地元混乱 岡山の疑陽性発生で

岡山県内で解体され狂牛病の一次検査で疑陽性と判定された乳牛は十四日、確認検査で陰性と判
定されたが、結果判明までに時間がかかった影響で同県内では食肉卸売店にキャンセルが出るな
どの混乱が生じた。
この乳牛が解体された食肉処理場がある同県津山市では十一日の疑陽性の発表後、食肉卸売店に
キャンセルが相次ぎ、十二月の売上高が前年比半分の見通し。
同店の専務(51)は「歳末商戦に大打撃だ」と嘆き「とりあえず陰性ということでほっとした
が、県が疑いの段階で発表するからこんなことになった。安全性をだれでも分かるようにPRし
てほしい」と訴えた。
また、同じ津山市の食肉小売店では、十二月に入って売り上げが回復しつつあったのに、疑陽性
の発表以後は再び売り上げがゼロ近くに激減。まったく売れない日もあったという。経営者
(70)は「以前よりかえって客に敬遠されるようになった」とあきらめの表情だ。
http://www.kyodo.co.jp/kyodonews/2001/ushi/news/20011214-526.html

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 00:43
横レスですまんが、、、
かってのイギリスのハンバーガーには「隠し味」として牛の脳が混入してあったそうだよ。
ソーセージとかにもこの「隠し味」は使われるらしい。
なんでも一度この「隠し味」入りソーセージ食べたら普通のが食べれなくなるくらいうまくなるってきいた

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 16:37
飼料の検査って、ちょっと前まで匂いかいだり、目で確かめてだけってホント?

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 17:51
岡山は最終的にシロだって。よかったね。
http://mytown.asahi.com/okayama/news02.asp?kiji=1482
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/okayama/news001.htm

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 18:10
>>309
シロではなく、異物混入で灰色決着!

▽狂牛病疑い乳牛に「陰性」判定 (朝日新聞)
http://mytown.asahi.com/okayama/news02.asp?kiji=1482

 県食肉衛生検査所(津山市)の1次検査で狂牛病の疑いの反応が出た乳牛が14日、
「陰性 」と確認され、県関係者は一様に安どの表情をみせた。疑いが確認されてから4日目。
県環境 衛生課は「検体の送り方や情報の集め方は検討課題。国にも検査機関の拡充を
求めたい」と話 した。
 同日午後5時15分、三宅健・県保健福祉部次長が会見し、疑いの牛の「シロ」を発表した。
帯広畜産大で実施した「ウエスタンブロット法」と「免疫組織化学的検査」でいずれも陰性を
示し、「ほっとした。県の検査で市場で出回っている牛肉が安全と言いたい」と話した。
 神戸検疫所の検査が不調だったことに、県は「検体に異物が混ざった可能性があると、
厚生 労働省は言っている。判定の遅れで不安を与えたことは否めない」とした。
 また、1次検査の公表については、「消費者に牛肉の安全性を信頼してもらうためにも、
隠 しておくべきでない」と今後も続ける意向という。(12/15)

311 :名無し:01/12/15 21:39
このままじゃ畜産農家つぶれちゃうよ
消費者が肉喰わない
食肉業者が肉買わない
肥育農家の肉が暴落
生産農家の素牛暴落
やっと国が対策うつ
遅いよね
いまだに農林水産省の対応

312 : :01/12/15 21:41
>>311
 狂牛病を出した産業の自業自得じゃないの。罪の擦り付けあいしてるし。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 22:20
>>312
実際何がいけなかったと?

314 :名無し:01/12/15 22:51
われわれ業界関係者の自業自得だから
とうとうつぶれちゃいます。
みなさんさようなら

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 23:15
生産者の皆さん、今、NHK教育観てる?

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/16 13:06
そもそも一次検査の擬陽性ごときに騒ぎ過ぎなんだよ。
最初から擬陽性は出るんだから。

「国内4頭目」予定原稿を誤って使用 北陸中日、京都新聞
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/disease/2001-6/1213-4.html

信者は↑のことは無かったことにして議論を進めたいようだ(w

317 :名無し:01/12/16 22:20
擬陽性でて発表するからだよ

318 :ニュース速報板を荒らすのはヤメレ:01/12/16 22:46
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/news/1008344031/219

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/16 22:49
↑煽りは放置で。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/16 23:00
>>312
生産者が、農業に依存して成立する企業や組織を農業生産に必要な情報や飼料を購入するためだけに「利用」するのではなく、
生産者が、安定した商品販売ルートの確保や、生産者米価などの交渉のために、農業に依存して成立する企業や組織を労働組合的な団交を国と行うための組織として、「利用」し、
生産者に依存して成立する企業や組織は安定した収入源として、生産者の購買意欲を維持させるのに心を砕く、「相互依存」の関係にあるからじゃないの?

そういう関係にある生産企業や生産組織同士が新しい試みを行った場合、お互いが都合のいい情報しか交換しない事が多いので出来上がる物に良い結果は出ないもんなんだけどね。
お互いの製品に対する安全性や信頼出来るデータの収集、そしてその確実性のチェックそういう通常の企業の依存関係に見られるような、冷徹さが欠けていた。
事後理論の極みだけど、今後に活用できればそれでもいいとは思う。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/17 00:42
道東で独立系の資材調達農協とかが立ち上がって、アメリカから輸入
して勧告で配合して日本に輸入したときに、とてつもない圧力がかかって
もめたと道新かNHKでみた記憶がある。
全農やホクレンはMSのような姑息な真似をしてライバルに圧力をかけます。

322 :少なくとも欧州にけちつける資格無し!:01/12/17 01:46
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/news2/1006863980/249
しかし↑の
>A上記@に加え、イギリスおよびポルトガルでは次のSRMを除
>去しなくてはならない。

>肉生産管理が厳格に実施されている国(イギリス、ポルトガル)
>では、一定の条件の下で、牛のせき柱の除去が免除される。
と矛盾した基準について何も思わんのかね?
それにしても、つい二月前はさもイギリス並みの汚染国であるかのよ
うに騒いでいた狂牛信者は今はどう思ってるのかね?これから月に2
〜3頭発見されるとしたらせいぜい年100頭足らず。英国の18万頭に
追いつくのに何年かかるか・・・?ま、今度は連中は「頭数の問題じ
ゃない!」と言い出すだろうけど。それから向うは肉屋の店先で牛を
解体するなんてことも出来たのだよ。そんな国と日本の食肉処理に関
する法をちゃんと比較してみろと言いたいね。日本は十分管理が行き
届いていると分かるから。それにEUってそもそも家畜に“動物福祉”
なんて考え方持ち込む連中だぜ?

323 :少なくとも欧州にけちつける資格無し!:01/12/17 01:46
ヨーロッパの方が衛生管理や社会通念が進んでいるというのは幻想だよ。
電車のトイレで、流水のレバーを引くと、便器の中から線路が見えたりする。今の
日本じゃ考えられんよな。だから、電車が駅に止まっているときはトイレを使用し
てはいけない。日本人旅行者は案外知らないので皆さん気をつけましょう。それっ
て、日本じゃだいぶ昔に廃止された方式じゃ……貴金属とか落としたときに、駅員
総出で探しに行ったとかいう話も読んだな。
最も身近な例:都会ではポイ捨てが非常に多い。税金が高い分、行政サービスで
しょっちゅう清掃が入るけど。それでも汚い。マナーに関して一概にヨーロッパ
人がマナーが良いとは決して思えない。
イギリスもフランスも道路はそこらじゅう根元まで吸った吸殻だらけ
(笑ポケット灰皿は見たことが無い(W知らぬことばかりだ……じゃ
ぁ、シンガポールとかはどうなんでしょうね。公衆衛生に対する罰則
がきつくて、技術者が、もっと開放された国(アメリカとか)に流出
してるらしいけど。ああ、あれはそこら辺にゴミは捨てるはゲロは吐
くはでマナーも糞もないから。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こんなざまじゃあ、基礎が出来てないのにねえ
それよりも英国のずさんな解体事情を知ってる?肉屋の店先で解体
!とか、水での洗浄もしないとか。脳を食う文化もあるようだし。
店先で解体するときに脳を適当に取り出そうとすりゃ汚染されるよ
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/news/1007520808/424
一応解体作業時には食肉の衛生と作業員の安全を兼ねてマスク・手
袋の着用と、器具の洗浄・消毒を徹底していると屠畜場で説明を受
けました。
大地の畜産担当職員の方が書きこまれた屠殺場での厳重な方法の回答
があります。(買い物板)
http://life.2ch.net/test/read.cgi/shop/989516547/559-560

324 :少なくとも欧州にけちつける資格無し!:01/12/17 01:48
で、もともと危険部位徹底分離、極少数の普通の人はまず
食わない低品質クズ老乳牛転換牛肉以外にはニクコップン
を与えていない日本でイギリスと同等の狂牛病・人型狂牛
病が発生するという詳細情報源は?

欧州との日本の食文化の差異、牛製品消費量、食肉処理態勢
にかんする衛生防疫管理の状態や法律などの差も考慮も無い
情報源(例えば日本人は狂牛病に離間し易い)は脳内と=
なので信用ゼロ。「ム−」と同レベルです

ほほう、それでは牛肉からnvCJDに感染する、と言えるのか?また、異常プリオン
危険量に汚染された牛製品が、食卓に乗る確率が、一体どの程度あるのかい?以上
を鑑みれば、「牛肉=毒」といった様なデマに、どれほどの根拠があるといえるだ
ろう。そもそも君は、自分が殺人者である、という事実に気付いてはいないのかね
? 風評被害でどれだけ死者が出ようが、倒産が起きようが責任とる気は一切ない。
国が信用できないってのは、気持ちとしては分からんでもないしね。たださ、無責
任な「牛製品=毒」といったデマによって、どれだけの人々が苦しんでるか、考え
たこと
はあるのか?

325 :g:01/12/17 20:25
>>126-128

326 :名無し:01/12/17 22:22
農協は何もしてくれない

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/18 01:56
肉は安全だろ。肉より、高濃度に汚染された輸入肉骨粉を使われた
加工食品が危ないのに、危険部位がもともとあまり流津しない牛肉
を危ないと騒ぐのは、加工食品業界の情報操作ではないだろうか。
狂牛病前の出荷された加工食品の成分欄には堂々と牛肉エキスとか
肉骨粉とか書かれてたんだけど。

イギリス製牛骨から、注出したカルシウム剤とか、牛の胎盤で作った
化粧品とかダイエット食品とか、こちらのほうが危険であるのだが。
巧妙な情報操作で、危険なのは牛肉だというデマが流されている。
日本人の狂牛病かんじゃがでたとしたら、間違いなくダイエット食品
化粧品。加工食品ルートで直接高濃度に汚染されたプリオンを摂取した
人間だろう。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/20 23:26
http://www.mars.sphere.ne.jp/usi-farm/sadannkai.htm

329 :g:01/12/27 20:36
bhughvuuiyhgughy
guyiyikgyi7gighu
o9o9op9;890;00o

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/29 01:45
愛用している総合ビタミン剤の成分表をよんで愕然とした。
成分にbone meal とあった。アメリカ産とはいえ異常プリオンに汚染されていないか心配だ。
商品名 マンズチョイス スポーツ用品店で入手。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/29 10:38
ゼロリスク探究症候群
http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/bse.html#whtteat

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/01 20:24
>>331
読みました〜
論理的思考停止?

333 :酒場の名無しさん:02/01/01 20:49
>>332
どうやろ?
いろいろいいことも書いてあるけどね〜

けど、たしかに、
先進国はリスクを減らすことを追及して発展してきたんですよね。

生産現場での事故を減らし、
人的コストを下げ、
生産効率を上げるための大量生産方式であったり

経営方針のなるべく民主的な合理化と、
運転資金の安定、
そして特定集団内での
経済の平均化と同業内部での地位の公正に
貢献している株式市場とそのシステムだったり。

ま、いろいろご意見はあると思いますが。
ただ、あるリスクを改善する為に
新しい手法が提示されることによって
一つのリスクが減ったとしても、

その手法のために、
また、新しいリスクが発生するのも事実ですし。
そのリスクをいかに減らすか考える事は大事だとは思います。

「リスクから逃げるのではなく、
リスクに立ち向かわんでどうする?」
ってな感じです。

「リスク」という単語に怯えるのではなく、
「何が原因で、何が危険になるのか?」
回避方法も含めてもっと具体的に考える。
考えないなら調べる。
これ大事かと。

334 :酒場の名無しさん:02/01/01 20:53
今回、誰がそもそもこのリスクを生み出したか?
まず初めに行き着くところはこれでしょう。
今んとこ、これにすら辿り着けてないように感じます。
皆さんはどうですか?

335 :酒場の名無しさん:02/01/01 21:01
当然国内のBSE発生に関してです。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/01 21:17
 簡単なことです。酪農家が、楽をして銭を儲けようとし、製品の
安全性を全く考えなかったところにある。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/01 21:28
農家にPL法みたいなのをかぶせるべき

338 :酒場の名無しさん:02/01/01 21:57
食品安全基準見たいなのはあるみたいですけど、
それを改正しろってこと?かな?

339 :酒場の名無しさん:02/01/01 22:02
この板全体の各所の書き込みを見ている限り、
生産者の大半は楽して金儲けしようと「だけ」思ってるとは思えない。

340 :酒場の名無しさん:02/01/01 22:10
生産者の方はどうですか?
農業や水産などによって私達の元に届く生産物
ありとあらゆる食品が
他人や自分の口に入る物という認識に対しては?

農産物は
単に商品としか思ってないんでしょうか?

それとも、食品とは
人が生きていくために必要不可欠なものであり、

それを育て、売って生きている事に
ある種の気概みたいなものを感じますか?

また消費者の「より高度な需要」に
どの程度耐えられると考えますか?

341 :酒場の名無しさん:02/01/01 22:16
また国内のBSE発生まで
安全を主張し続けていた国の
その根拠の根幹は何だったのか。
これも個人的に疑問に思うところです。

342 :g:02/01/02 02:19


343 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/02 02:36
農林水産省の狂牛病対策費ものすごいよね。
原因究明のためより、いま、困っている農家を補助する額の
報が遙かに多い。とにかく現金握らせて農家を黙らせ、
真相究明はゆっくりと・・。

それから、各農政局のBSE対策、風評被害防止活動もすごい。
酪農家への小学生の見学会にはじまり、幹部、職員の試食会、
家庭を持つ女子職員を集めて牛肉販促のアイデア募集。
この二ヶ月で、総力を挙げて「業界養護」・・
・・先月末にでた各農政局BSE対策報告書から。
で、肉骨粉のルート解明は闇の中・・・

賭けてもいいが、五年たったら完全に忘れ去られるんじゃ
ないかという気がする。

それから、北海道の某町は「検査基準の緩和」を求めて
署名嘆願活動を大々的に展開中。

・・・外道。

344 :酒場の名無しさん:02/01/03 13:28
人生がかかってるからなぁ。
そりゃ、直接の関係者は自分の持てる力の全てを注ぎ込んで、
自分の責任は無かったことにしつつ、
責任転嫁の方向を探ろうとしていると思いますけど。
現場は徐々に核心に迫ってると思いますよ。

345 :名無し:02/01/03 13:44
農水省内の風評活動より
一般消費者へのPR対策費使ってくれよ
そんなことしてるから世間の空気読めなくて
乖離していくんじゃないだろうか?

346 :狂牛病:02/01/03 14:05
おいおい狂牛病の牛肉って検査前にはたくさんデパートに出回っていたんで
今から食べなくてもすでに食った後だよなあ。。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/03 14:07
日本人は全人口の約30%が異常プリオンに犯されてて潜伏期間中にあるってほんとですか??

348 :相互リンク(狂牛病):02/01/03 18:25
粗放肉牛生産やってる人いる?
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/agri/986963879/l50

乳なんか飲まなくていいや
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/agri/990787301/l50

***猛牛病の影響****
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/agri/1009078586/l50

本の牛肉はどこ産が安全よ?
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/agri/1004281460/l50

骨入り栄養ドリンク
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/agri/1002121327/l50

ッキリ言って狂牛病に騒ぎすぎだ!!
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/agri/1006506730/l50

牛病:広まったら農林水産省の担当役人を裁判へ!
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/agri/1000503324/l50

牛病日本でも発見。
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/agri/1000126881/l50

ヨウナラ 我が牛達へ
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/agri/1001729664/l50

349 :ねぇ? ◆w.CBecv2 :02/01/03 22:50
>>347
はぁ?

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/03 23:04
>>347
 そうだとしても、発病者がある一定以上発生しないと、統計的に推定
できないでしょう。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/05 12:29
ほんとに素朴で、専門家の方から見れば笑止かもしれませんが、
狂牛病問題とは、つまるところ「品質管理」の問題なのでは?

安全な飼料を使って安全な畜産製品を生産する
それができない酪農畜産農家は品質管理能力にかけるので
やめてもらう、ということはできないのでしょうか。

たとえば、ある食品メーカーが品質管理、安全管理基準以下の
製品を公害垂れ流し状態で生産する、などということは許されない。
訴訟・不買運動も起こるだろうし、社会的に葬り去られるでしょう。
まして、品質管理にお金がかかるので公的資金を注入、ということには
ならないと思うのですが。

なぜ故に、狂牛病対策費に名を借りた農業支援金が垂れ流しになっている
のでしょうか。

352 :酒場の名無しさん:02/01/05 17:12
狂牛病騒ぎとは少し別の話になるけど、
生産者の中にも、そして外にも、
生産者の地位が向上する事が怖い人がいるからじゃないかな?

農業は、他の生産物と違って、
天候や土壌、地方経済も含めた
地域の環境に大きく依存しなくては成り立たない業種だから、
守るべき生産環境は地域規模にならざる得ないでしょう。

個人でいくら努力しても、
その地域の共同体の協力や理解が無ければ
最終的には安全な生産環境を守りきる事が出来ない。
土壌汚染しかり、飼料汚染しかり。

消費者は
よい生産環境を守る為には
ある程度の協力が必要である。
という事は覚えておいて欲しい。

そして生産者は
その支援の手を、正しく使う方法を考えないと、
これから先、どんどん立場が厳しくなっていくと思う。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/06 10:56
>消費者は
>よい生産環境を守る為には
>ある程度の協力が必要である。

ある意味、傲慢だね。消費者に買っていただくための生産者の努力は
放棄して、安全性に劣る製品、畜産廃棄物垂れ流し状態で、
もっと高値で買え、そういっているようにしか聞こえないが。

よい生産環境?「自分たちに都合のよい生産環境」だろ。

「地域住民の生活環境」を考えるなら、産廃基準をもっとあげて、
同時に酪農畜産製品の消費をさげ、不良生産者を淘汰するほうが、
よほどためになるとおもうが。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/06 11:16
>>353
あのー、のべつ幕無しで消費を抑制すると、むしろ不良生産者が生き残って
しまう気が。その辺は考えようね。

355 :酒場の名無しさん:02/01/06 20:38
安全性に劣る製品、
畜産廃棄物垂れ流し状態で、
もっと高値で買え。

そういう事をする生産者に
もとから未来なんて無いんじゃないかな。

別に農業に限った事じゃないけど。
農業免許でも作る?

356 :酒場の名無しさん:02/01/06 20:44
いや、確かあったよな、そういうのも。

357 :名無し:02/01/06 21:09
http://w2222.nsk.ne.jp/~forelle/newmad.html

ここの狂牛病ニュースは深いかも

358 :酒場の名無しさん:02/01/06 21:12
…ともかく、
農業は、他の生産物と違って、
天候や土壌、地方経済も含めた
地域の環境に大きく依存しなくては成り立たない業種だから、
守るべき生産環境は地域規模にならざる得ないでしょう。

>消費者は
>よい生産環境を守る為には
>ある程度の協力が必要である。

ってのはこの場合
個人レベルで事実上不可能な
家畜飼料などの流通経路の調査や管理は
行政も積極的に協力・指導を伴わないといけない。
そのための予算に税金をまわす事。
ってこと。
今まで民間の農業系企業や農業組織の持っていた権限
(特に流通管理)に、行政が大きく踏み入る事になるかもだけどね。
自業自得って事で。

生産者が安全性の高い製品を生産するなら
業者はダンピングせずに正当な値段で買え。
そして正統な値段で消費者に売れ。
この辺はどうも耳の痛い話になりそうだけどね。

環境向上はお互いの歩み寄り。
とはいうものの、
確かに糞尿の始末の悪い畜舎はあるからなぁ。
でも、今回畜産現場に下りる援助は、
この辺に使われて消えるんじゃないかな。
ちょっと心配。

359 :ねぇ? ◆w.CBecv2 :02/01/06 21:13
>>357
そのページは
怪しげな「国際ジャーナリズム」のページ。

360 :酒場の名無しさん:02/01/06 21:23
弁護するつもりは無いんだけど、

当座の飼料代や生活費とか、
生きていくことに必要な
援助を税金から出すっていうのは
個人的には人情として理解できない事も無い。

問題はその期間をどこまで短く出来るか?
つまり、短期間で国産食肉の信頼を
取り戻せるかにかかってるだろうね。

感染原因の解明と、今後の対策。
最低限これだけでもなんとか
胸を張って公開できる程度にならんと。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/07 11:44
  Λ∞Λ  .
 ( ;〜;)
 ( つ つ
  .)  ) )
 (__)_)

ねえ【ねえ】
一時活動していたコテハン「ねえ」のコテハンキャラ。
キャラ自体には、作者は「サメザメ」と名付けたこともあったが、全く使われることはなく、もっぱらキャラも「ねえ」と呼ばれ本人として扱われていた。
コテハン「ねえ」は女性らしいが、憚りなくセクースネタに持ってゆき、
普通の2ちゃんねらーの用いる「ドキュソ」や「厨房」といった単語のかわりに「包茎」という単語を連発する強烈無比なキャラクター性のため、行く先々で叩かれていた。
やがて叩きを避けて地下スレでシラネーヨのマターリ公国などを作り活動するが、繰り返し見つかり、晒しageられ、叩かれて、遂に姿を消した。
(モナー童話集「おむすびころりん」はほぼ実話に近い)
このキャラは当時の童話のログや、いくつかのキャラ紹介ページなどにその姿をとどめている。

362 :もう少し、優しい口調で書いてほしいですよね。:02/01/07 16:08
>>361
彼女は、他人のレスには激しく突っかかるが
自分に対する批判のレスは全く無視・・と言う特徴があるので
未だもって、しぶとく活動中ですよ。
いろんな所で、無差別攻撃中です。

363 :ねぇ? ◆w.CBecv2 :02/01/07 20:50
>>361
労作、ありがと。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/08 01:28
       農林水産分野に関する掲示板 http://www.takebe.ne.jp/bbs/nougyou.cgiで削除の嵐

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/08 08:22
  Λ∞Λ  .
 ( ;〜;)
 ( つ つ
  .)  ) )
 (__)_)
は、AA大辞典(仮)からの無修正引用。

http://members.tripod.co.jp/maruheso/aadic/

366 :熊本城に捨てられた牛たち:02/01/08 14:59

http://kumanichi.com/news/local/main/200201/20020107000229.htm
       ___ AA
    *〜/NO!⊂ ・・ P
       |BSE(_∀)
      U U ̄ ̄U U
       ___ AA
    *〜/能なし⊂ ・・ P
       | タケベ.(_∀)
      U U ̄ ̄U U
       ___ AA
    *〜/ 小 泉⊂ ・・ P
       | HELP(_∀)
      U U ̄ ̄U U
       ___ AA
    *〜/ 私 は ⊂ ・・ P
       | 安全デス(_∀)
      U U ̄ ̄U U

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/08 15:37
>>366
 捨て牛が、捜査員に向かって突進してきたとのこと。捨てた農民は
牛の危険性を全く考慮していなかったんだろうか?
 犯人の早急な逮捕と厳罰を望む。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/08 15:44
http://kaiji9.site.ne.jp/gbbs09/img/990.jpg
http://kaiji9.site.ne.jp/gbbs09/img/992.jpg
http://kaiji9.site.ne.jp/gbbs09/img/993.jpg

369 :ノウナシ:02/01/08 22:58


http://www.odubt.com/imgboard/img-box/img20020108225326.gif

370 :うし:02/01/10 12:51
大きな焼却炉をこしらえて 老廃牛は 殺して 焼いてしまわなくちゃ

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/12 14:16
▽「廃用牛出荷できない」 と畜場が拒否(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02011208.html

 廃用牛の扱いに酪農家が苦慮している。出荷したくても市場に拒否されるケースがある一方、
牛海綿状脳症(BSE)を恐れて、出荷を控える生産者もいる。いずれにしても出荷ができず、
経営を圧迫。国は十一日、廃用牛の流通対策の細目を決めたが、生産者からは早急な実効を求
める声が高まっている。 埼玉県や熊本県で捨てられたとみられる牛が見つかった事件は、経
営に苦慮する畜産農家の不満と抗議の表れと考えられている。
 静岡県函南町で百八十頭を飼養する片野敏和さん(51)は「牛を捨てるのは許せないが、
捨てた方が安いのは事実」と言う。「廃用牛は、一頭数千円にしかならない。輸送費を考える
と、出荷のたびに数万円単位の赤字になる」。今は出荷の自粛を求められ、出荷したくてもで
きずにいる。飼料効率も悪くなり、経費はかさむ。
 生産者団体が廃用牛の買い上げを県に求めた島根県。大田市の酪農家(44)は「肥育用に
育てた二十七カ月齢の未経産牛さえ、ホルスタインというだけで、食肉市場から『二十四カ月
齢以上は受けられない』と返された」と、怒りをぶつける。「周囲を含めて、出荷の申し込み
さえしなくなった」と無念さを漂わせる。
 と場法は、設置者または管理者は正当な理由がなければ受け入れを拒否できない、と規定。
これに違反した場合には、三万円以下の罰金が科せられる。
 しかし、ある市場の開設者は「BSEの発生を恐れる産地が出したがらない半面、卸売会社
が産地と協議して出荷を自粛してもらっているようだ」と打ち明ける。
 廃用牛専用のと畜場を求める声も上がっている。農水省は昨年末、廃用牛を処理する、と場
の設定や曜日・時間帯を決めて受け入れを進めるよう通知した。酪農家にとって、廃用牛の更
新は不可欠なだけに、対策の実行が急がれる。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/13 03:55
>367
獣医をしてるが、正直種ボー以外危険を感じない。
その農家の人も一緒だったんだろう。威嚇はするが、追えば逃げる。
慣れてない人は威嚇だけでものすご怖かったんだろな・・・。
皆が自分と一緒と考えてしまうとこんな事になるんだね。

373 :プリオンとは何か:02/01/16 16:06
プリオンって何だか知っている?
銅の代謝に関する酵素を構成する蛋白だ。
酵母以上の生物が持っている。
だから哺乳類ではあらゆる細胞に含まれているとみてよい。
特定危険部位などという概念はまやかしだ、何の根拠もない。
銅代謝酵素についてはネット内に大量の情報があるから各自調べることができる。
 結局、牛乳も、肉骨粉を与えられたあらゆる動物、魚は異常プリオンを保有している
危険性があることになる。
牛の皮で作った革靴を裸足ではいて靴ずれになったとしたら
これまた危険だと思うが。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/16 18:06
>哺乳類ではあらゆる細胞に含まれているとみてよい

何の根拠もない。 “みてよい”ってあんたの勝手な説じゃん。

またプリオンが全細胞にあったとしても“異常プリオン”が局所にしか
存在しないのなら問題ないわけで“異常プリオン”が全細胞にある、
ということが確実でなければこの>>373論はなりたたない。

まして正常プリオンが大量に存在していなければ異常プリオンが
増殖することは出来ない。

375 :参考atニュース板:02/01/16 22:41
馬鹿が少しは調べろ!
655 :日本語わかる? :02/01/16 17:26 ID:HBXJU48l
 プリオンって何だか知っている?
銅の代謝に関する酵素を構成する蛋白だ。
酵母以上の生物が持っている。
だから哺乳類ではあらゆる細胞に含まれているとみてよい。
特定危険部位などという概念はまやかしだ、何の根拠もない。
銅代謝酵素についてはネット内に大量の情報があるから各自調べることができる。
                         *****
英語だから、ねぇとかは無理か(^^)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov:80/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=10964653&dopt=Abstract
http://www.ncbi.nlm.nih.gov:80/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=11073991&dopt=Abstract
http://www.ncbi.nlm.nih.gov:80/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=11014806&dopt=Abstract
http://www.ncbi.nlm.nih.gov:80/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=10982839&dopt=Abstract

376 : :02/01/19 21:10
>375
あんたこそ正しい情報を調べてね。

377 :いいのか?:02/01/23 09:25
▽輸入牛肉を国産牛に偽装、買い取り申請 雪印食品(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0123/001.html

 狂牛病発生による国の牛肉買い取り制度をめぐり、大手食肉会社「雪印食品」の関西ミート
センター(兵庫県伊丹市)が昨年、制度の対象外であるオーストラリアからの輸入牛肉を国産
牛の箱に詰め替え、業界団体に買い取るよう申請していたことが22日、朝日新聞社の調べで
わかった。複数の関係者が認めた。雪印食品は「ありえない話だ」と否定している。
 複数の関係者の証言によると、雪印食品関西ミートセンターの社員7、8人が昨年10月末
の定休日、朝から兵庫県内の冷蔵保管業者の倉庫で、オーストラリア産牛肉をもとの箱から自
社の箱に詰め替え、自社ラベルを張って国産牛と偽る操作をした。量は約600箱、10トン
余りにのぼり、在庫に関する伝票も書きかえたという。
 同社は11月ごろ、これらの偽装した肉を含め、関西ミートセンター分の約100トンを業
界団体に買い取り申請した。業界団体との売買契約はすでに成立しているが、肉は現在も冷蔵
保管業者の倉庫で貯蔵されている。
 狂牛病問題で外国産牛肉も売れ行きに影響が出ており、買い取り対象外の輸入牛肉を国内産
として買い取ってもらえば、損失を抑えて在庫を処分できる。
 国内で処理される牛に対する厚生労働省の全頭検査は昨年10月18日に始まり、国は同日
、消費者に届く牛肉の「安全宣言」をした。農水省は消費者の不安解消のため、それ以前に処
理された国内産牛肉を業界団体が買い取り、その費用を国が助成することを決めた。
 菅原哲明・同ミートセンター長は22日、「取引先の要求に応じて部位を加工して箱の詰め
替えをすることはあるが、輸入牛を国産牛と偽ることはない」と話した。また、雪印食品広報
室は「我が社の品質管理や在庫管理の体制から考えて、ありえない話だ」と否定している。
 雪印食品は雪印乳業の子会社。(03:46)

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 21:18
ひっそりと意見募集してます。

飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令の一部改正案について意見募集
http://www.maff.go.jp/www/public/020208/public020208-siryo.pdf

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/05 12:34
3月5日 日本農業新聞北海道版より

“牛肉いじめ”の消費者心理
道農業団体BSE対策本部が2日、札幌市で開いた牛海綿状脳症(BSE)セミナー「牛肉を安心
して食べていただくための講演会」で、国立療養所犀潟病院の池田正行氏が、「ゼロリス
ク症候群」という言葉を使って、牛肉を忌避する消費者心理を説明した。リスクを過大に
評価するあまり、「牛肉いじめが起きていると指摘。この不安を解消するには「行政、農
業団体、農家などはリスク開示を、消費者は情報を正当に判断する責任を負う必要がある」
と提言した。講演の要旨は次の通り。

BSEパニックの背景には、バランス感覚の欠如がある。英国では18万頭の感染牛を出して
いるが、日本は今のところ3頭。それでもパニックは英国と同じくらいか、上回っている。
しかし、数字で比較すると、英国の最終的な新型CJDの患者数は、5千人程度との最新予測
がある。この確率で言ったら、日本で仮に100頭出たとしても、患者は多くて6人だ。
結核で死亡する患者が年間2700人いることを考えると、極めて少ないと言える。それでも、
消費者は結核よりBSEを恐れる。

「ゼロリスク探求症候群」とは、このようにリスクを過大に評価することを言う。この行
動は、ハンセン病やHIVに対する差別や偏見とも共通する。
問題を解決するには、悪いことも知らせ、受け手が冷静に判断するという「リスクコミニ
ュケーション」がとれていなければならない。消費者が最も知りたいことは、あと何頭
BSE感染牛が出て、新型CJD患者が何人になるのかという予測だ。それと合わせて、畜産業、
関連産業の被害額も伝える。

双方のリスクを開示することで、情報を受け取る消費者には、それを正当に判断する責任
(=リスク)が生まれる。医療界の「インフォームドコンセント(十分な説明と同意)」と
同じだ。行政や農業を批判するだけではだめ。自分に何ができるか問うべきだろう。
では、今からできることは何か。BSEの検査体制は整った。BSE発生前、発生後のリスクを
比較し、食生活を元に戻し、牛肉を食べることである。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/10 12:44
フィリピン、狂牛病に対する懸念から日本産魚粉の輸入を一時停止
[マニラ 7日 ロイター] 
フィリピン政府は、狂牛病に感染した牛の肉骨粉が含まれている懸念から、日本産魚粉の輸入を
一時停止した、と発表した。
農業当局者は、2001年と2002年に入ってからは、日本産魚粉を輸入した記録はない、と指摘
したうえで、今回の禁輸が予防措置になる、と述べた。
[3月7日20時9分更新]



381 :映画「うつくしい人生」:02/03/10 23:03
南フランスのある田舎町。牧畜を営む一家の息子ニコラは、このまま農場に
とどまるべきか迷っていた。とりあえずの恋愛、都会への漠然としたあこが
れ。同じく家を出たいと考えている妹。日々は淡々と過ぎていく。友人たち
と夜遊びに繰り出して牛の出産も満足に手伝えないニコラに、祖父は遠い日
の自分の姿を重ね、優しく諭すのだった。
牛乳工場からの入金が滞り、一家の財政は危機に陥っていた。父は種や農機
を買うために膨大な借金を抱え込む。弱りきった父親が息子に言えるののは、「種がまける限り、金持ちにはなれないが何とか食べていける」という言葉だけだった。
ある日車で街へ出かけたニコラは、帰り道に美しい女性、マリアを送ること
になる。かつてオペラ歌手だったマリアは、夫を事故で失い、村はずれの山
で自活していた。彼女は徹夜明けのニコラを気遣い運転を交替する。目的地
に着いて眠りから覚めたニコラの前に、マリアの微笑があった。おだやかな
気品をたたえた栗色の瞳。たった一度の出会いと知りながら、ニコラは恋に
落ちてしまう。しかし狂牛病の惨禍を被った一家は破産に追いこまれ、
絶望した父親は自殺をはかる。葬儀の後、祖父母は老人ホームヘ、母はスー
パーマーケットで働きはじめ、家族は離れ離れになる。責任を一身に背負っ
たニコラは地元の作物をパリのレストランに直売する事業に乗り出すが、
ささいな不注意ですべてが失敗に終わる。さらに母親の長年の不貞が発覚す
る。農場と家族。馴れ親しんでいたものたちが崩れていくとき、平凡に生き
ることさえ難しい。限りなく続く青空を前に考え込むニコラ。妹を連れて老
人ホームを訪ねたニコラに、祖父は「太陽が見たい、大地の匂いを感じてい
たい」とつぶやく。そのとき本当に大切なものの存在に気づいたニコラは、
家族を集めて山上の小さな家に移り住み、みずから荒れた野を耕していこう
と決心する。土の感触や鳥たちの声に生気を取り戻す祖父と、昔ながらのチ
ーズ作りをなつかしむ祖母、無邪気に遊ぶ妹に囲まれて、ニコラは少しずつ
大地に向き合い馴染んでいく。


382 :AGE:02/05/04 23:29
あげときます。

383 : :02/05/07 13:58
【ブーブー】豚の口蹄疫再発か=韓国【5月3日】
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1020402664/


384 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/13 11:41
>>383 「倍率ドン、さらに倍」

韓国が4万頭の豚を処分 口蹄疫感染拡大の恐れ

韓国農林省は12日、京畿道安城市と忠清北道鎮川郡の
養豚農場の豚を調べた結果、口蹄(こうてい)疫に
感染していることが新たに確認されたと発表した。

京畿道で5月初めに口蹄疫に感染した豚が見つかって以来、
発生確認はこれで計8カ所。韓国内ではサッカーの
ワールドカップ(W杯)を控え、飲食業界などを中心に
イメージダウンを心配する声も出ている。

同省は感染拡大を防ぐため、発生地域を中心に消毒作業を
強化する一方、これまでに感染の恐れがある豚や牛、
合わせて約5万5000頭を埋設処分にした。

http://www.kahoku.co.jp/news_s/20020512KIIAIA33410.htm

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/09 10:04
BSE基金
http://www.moon.sphere.ne.jp/usi-farm/kikin.htm

386 :うし:02/06/09 23:42
酪農家って今まで保護されてきたのを棚にあげて
牛肉の輸入自由化のときもそうだし
こんどのBSEの時も自分たちは悪くない農水省が悪い農協が悪い
とばかり言う。

どんな職業でもリスクはつきもの酪農家はそれをすぐ人のせいにする
酪農家のみなさんもう少しその辺を考えてみてはいかがかな?



387 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/12 15:05
【社会】鶏肉も狂牛病の危険性あり[6/11]
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1023749538/

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/21 21:38
韓国で牛の口蹄疫発生

 韓国の農林省は8日、京畿道安城市の牧場で、口蹄(こうてい)疫に感染した
乳牛一頭が見つかったと発表した。韓国で牛の口蹄疫が確認されたのは今年初めて。
(略)
----
※以上引用。全文・詳細は原典記事参照。
※原典記事:http://www.sankei.co.jp/news/020608/0608kok060.htm
※産経新聞社のSankei Web(http://www.sankei.co.jp/)2002/06/08配信



389 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/22 19:52
韓国が準決勝も勝って、サポーターが大挙して日本に来る事態がこわい。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/22 19:58
まあ、サポーターが農場をうろつくことはないとは思うけどな。心配。

391 :ジャパーン ◆1CV58ydQ :02/07/22 15:46
>>367
貴様を厳罰に処す!貴様は死刑だ!

392 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

393 :山崎渉:03/01/11 17:58
(^^)

394 :山崎渉:03/01/18 01:22
(^^;

395 :山崎渉:03/04/17 09:13
(^^)

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/04/18 18:00
BSEの発生以前より酪農家は裕福になりました、それもこれも族議員様が必要以上に国民の血税を投入してくださった御陰です、心から感謝致します。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/04/18 19:38
それは間違い。

偽装牛肉業者の内部告発があったため、今まで交雑を和牛と偽っていた業者が減ったため。
それと、アメリカの船会社のストライキがあったため。

398 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/04/18 23:00
肉骨粉

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/04/18 23:25
400

401 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

402 :山崎渉:03/04/19 18:46
狂牛病って、そんなに過剰反応することないです。私は焼肉好きです。
種の差というのがあって簡単に人間には感染しません(^^)

403 :bB943:03/04/19 19:13
ヨーロッパじゃ割りと怖がられているけどね・・・・・・

404 :山崎渉:03/04/19 19:42
後、参考までに山崎渉のちょっといい話(^^)
狂牛病をはじめ、クロイツフェルト・ヤコブ病などプリオン関係の病気に
かかりたくない方には、銅をとることをお勧めします。
イギリスの有機農業の実践者、マークバーディ氏はある発見をしました。
BSE(狂牛病)が多い地域では、当時の農漁業食糧省の通達通りに
有機リン殺虫剤を集中使用して、ウシバエを駆除してたという事実が
わかりました。そして、完全有機飼料に切り替えた農場で育った牛は
1頭もBSEにはかかってなかったのです。
             (中略)
つまり、有機リン系殺虫剤は、牛の体内に存在する銅を減らしてしまうので
ある。銅が減少したことにより、体内のマンガンの量が相対的に増加
するとしたら、これがBSEの原因もしくは引き金になったと
マーク氏は考えたのであったのです(^^)


405 :山崎渉:03/04/19 19:48
山崎渉のちょっといい話2(^^)
また、マーク氏は世界中にあるBSEタイプの病気を調べてみました。
そうするとその病気が異常に発生している地域があることがわかりました。
土壌や草に含まれるマンガンの量が基準値を遥かに超え、銅の量が
低いところであったのです。

406 :山崎渉:03/04/19 19:59
山崎渉のちょっといい話3(^^)
マーク氏は民間の研究者です。しかも、学位があるわけではないので、
その見解が学会で認めれれる可能性は少ないのである。
ところが、ケンブリッジ大学のプリオン研究者デイビットブラウン博士は
このマンガン説に興味を抱いた。
彼は実験で銅の無い環境で培養された細胞に加えられたマンガンが
正常なタンパク質にくっついて、異常プリオンタンパク質を作って
しまうことを発見したのである。
この異常プリオンタンパク質はBSEの牛や変異型ヤコブ病患者
の体内で発見されているのである。
ただ、これもすべての事例でいえるとは限らない。
BSEをはじめとしてプリオン病には謎が多く、まだまだ
推測の余地があるとの例をマーク氏は示している。
以上ですね(^^)(^^)(^^)
皆さん、銅が多い食事を心がけましょう(^^)(^^)(^^)(^^)

407 :ドクトルbB:03/04/19 22:23
亜鉛とビタミンCを一緒に空腹時に摂取すると精力がアップします。
亜鉛はアメリカではセックスミネラルと呼ばれており、サプリメントとして積極的に空腹時に摂取することをお勧めします。


408 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

409 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

410 :山崎渉:03/04/20 03:46
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

411 :アンアン:03/04/20 17:38
>>410
あんた早起きだな!!!!!!!!!

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/04/20 17:58
有機リン系殺虫剤は既に生産中止になってるはず。

413 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

414 :小粋な農協職員:03/04/20 20:29
>>412
は?お言葉ですが農業用に限ってはオルトラン、トクチオン、スプラサイド、DDVP、
ダイシストンetc、沢山流通していますよ。海外の事情や非農耕地用薬剤の話
ならよく知らないけど・・・。
で、BSEの発生原因って動物性タンパク質じゃなかったっけ?




415 :中央会:03/04/20 23:05
その通りです。銅をとってどうこうって話じゃない。

416 :ドクトルbB:03/04/20 23:06
同感!!!!!!!!!!!!!!

417 :アッ子:03/04/20 23:07
(^^)

418 :金正日:03/04/20 23:07

   ,rn                 
  r「l l h.                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | 、. !j                | 
  ゝ .f         _      |  
  |  |       ,r'⌒  ⌒ヽ、.  │  http://www.freeweb2.kakiko.com/saitama/
  ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ. │   こんなのあったニダ
 ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)  | 
  |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ   | 
  \    \.     l ; r==i; ,; |'  .人_ 
   \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ___
     \  ノ ハヽ  |_/oヽ__/     /\
      \  /    /        /  |.  
        y'    /o     O  ,l    |


419 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/04/20 23:12
>>410,418
同一人物じゃねえかヨ!


420 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

421 :山崎渉:03/05/21 23:25
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

422 :山崎渉:03/05/28 14:23
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/29 23:35
韓国では今年の4月から豚コレラが発生して、
現在までに約10万頭のブタが殺処分されてます。
しかも、まだ終息していません。

韓国人は日本に来て欲しくないです。


424 :山崎 渉:03/07/15 13:11

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

425 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/08/02 03:00
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

426 :山崎 渉:03/08/15 18:42
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/24 10:58
米国でもBSE確認

吉野家キター  99%が米国から輸入、1パーセントがオージー

輸入先は、99%が米国で残り1%がオーストラリア。
使用部位は全てショートプレート(バラ肉)です。

ソース
http://www.yoshinoya-dc.com/about/food/beef/safety.html

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/24 11:33
さ〜て、今日のアメリカのマスコミ各社の報道は↓ (日本語訳つき)
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9613/link/link11.html

CNNやNBC、ABCのニュースサイトも日本語で読めるよ


429 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/24 11:34
>吉野家が海外から輸入する牛肉は年間約3万トン。
>輸入先は、99%が米国で残り1%がオーストラリア。
http://www.yoshinoya-dc.com/about/food/beef/safety.html

>当社が輸入する牛肉は、あらゆる面で高い安全性が保たれています。
>理由として、
>(1)BSE※および口蹄疫※の未発生国のみ輸入先としている
 →米国で初のBSE感染牛か ワシントン州で見つかる
  http://www.asahi.com/international/update/1224/003.html

>(3)BSEは生後30ヶ月以上の牛からしか発生実績がないが、
>当社の輸入しているショートプレートは生後24ヶ月未満の牛のみ使用している、
→生後21ヵ月牛がBSE感染
 http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2003nov/04/K20031104MKH1H100000110.html

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/24 13:18
>BSE※および口蹄疫※の未発生国のみ輸入先としている

そもそもBSEや口蹄疫の汚染国からは、牛肉を輸入したくても
できません。家畜伝染病予防法で禁止されています。


     検 疫 に 引 っ か か る わ !



もうね、アh(ry

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/25 02:48
明日から祭りだワショーイ

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/25 17:30
>>431
殺伐と吉牛オフ?
つゆだくプリオン少な目?

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 13:52
食肉処理をする技能公務員って、
えた・非人なんですね

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 14:00
↑ハズカスィー

435 :さん ◆O5fh4.CMZw :04/04/29 02:16
一つ日本の専門家に聞きたいですね
日本は全頭検査をしている。だが、年何万もの処理の牛をすべて検査することができるのだろうか?
設備や人員、流通の体制の整備に時間がかかるはずである

また、検査の失敗ないといえるのか
専門家の意見が聞きたいですね。韓国ですら安全で確実な検査は年30万頭の中の1000〜3000頭である

お願いします

436 :専門家じゃないけど:04/05/01 20:46
韓国が30万頭中1000〜3000頭しかBSEの検査が出来ないってのは、
病理組織検査、免疫組織化学検査を前提にしてるからじゃない?
アメリカと一緒でELISA法とかでのスクリーニングを嫌がってんだよ。

それと、検査の失敗とか言い出したら、何も食べられなくなるよ。
検査ミスの可能性を考えたらO-157、ボツリヌス、サルモネラとかのほうが怖い。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 10:41
【話題】吉野家、牛丼を一時復活−横浜で3000食を限定販売@ヌ速+
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1083840935/

【国際】BSE感染可能性の牛、検査せずに処分 米テキサス州で@ヌ速+
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1083676747/

丑丑★復活 吉野家の牛丼を食べるオフ★丑丑@突発off板
http://off.2ch.net/test/read.cgi/offevent/1083840503/

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 10:05
米産牛輸入求め吉野家と“共闘” 仙台牛たん振興会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040508-00000009-khk-toh
 宮城県内の牛タン業者で組織する仙台牛たん振興会(大川原潔会長)は13
―16日、横浜市で開かれる「食の祭典inみなとみらい 2004ジャパン
フードサービスショー」に出展し、牛海綿状脳症(BSE)問題で輸入禁止が
続く米国産牛肉の輸入再開を求め、パネル展示と署名活動を行う。
 ショーは社団法人日本フードサービス協会の主催で10回目。外食の楽しさ
や豊かさを消費者にアピールすることを目的に、ファストフードやファミリー
レストランといった外食産業、食材、調理機器メーカーなど関連の約120社
が出展する。
 牛たん振興会の出展は、協会副会長を務める吉野家ディー・アンド・シー
(東京)の安部修仁社長が、仙台市で4月にあった企業団体のセミナーに出席
し、牛タン業者に輸入再開に向けて共闘を働き掛けたことが縁で決まった。
 ブースは吉野家の隣。吉野家は期間中、一般店舗で休止している牛丼(並盛
り280円)を計3000食限定販売することで話題を呼んでいる。大川原
会長は「10万人の来場を見込む大きなイベントだけに、仙台名物を知っても
らういいきっかけになる」と話している。(河北新報)[5月8日7時4分更新]

地元産ハンバーグを開発 産直4店で販売−−岩手中央農協 /岩手
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040507-00000002-mai-l03

この差!

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 19:04
ニュー速+から

【狂牛病】牛海綿状脳症(BSE)との関連を否定 ニュージャージー州のヤコブ病患者続出で米当局
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1083982569/

【政治】農水省、BSE安全基準で国際機関に挑戦
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1084352086/

政治】牛肉離れなぜ起きたBSE騒動 行政・企業不信が引き金…食品安全委
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1084198515/

【話題】吉野家、牛丼を一時復活−横浜で3000食を限定販売
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1083840935/

【牛正肉】「牛正肉」と書き換え指示 浅田容疑者幹部の業界組合
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1082915515/

【社会】偽装牛肉事件のハンナン側、元農相ら6人に8年で1千万円超の資金提供
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1082780545/

【社会】阪急百貨店が取引停止へ 牛肉偽装事件でハンナンと
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1083982379/

【不祥事】日本ハム、牛肉偽装事件以来自粛していたテレビCMを1年8カ月ぶり再開へ
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1079557573/


440 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/16 10:59
【狂牛病】今後60頭の感染牛確認の可能性 牛海綿状脳症(BSE)で食品安全委試算
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1084535314/

【政治】農水省、BSE安全基準で国際機関に挑戦
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1083840935/

発信箱:プリオン(毎日新聞)
科学の異教徒であり、今正教徒であるプリシナー教授が全頭検査を支持している。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20040516k0000m070122000c.html


441 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 16:24
異常プリオン高率で発見 英国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040521-00000085-kyodo-soci
 【ロンドン21日共同】21日付の英紙タイムズによると、英国人
約1万2500人を対象にした病理学検査で、牛海綿状脳症(BSE)や
変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の病原体となるタンパク質、異常プリオン
が3人から発見された。
 従来の標準的な予測より高率で、計算では英国全体で3800人前後が
異常プリオンを持っていると推定される。異常プリオンが発症に直結するか
どうかは不明だが、輸血などを通じて保有者が拡大している恐れがあるという。
 研究結果は病理学ジャーナルの最新号が掲載。同紙によると、英国では
ヤコブ病が原因とみられる死者が毎年20人前後、累計で計141人に
上っている。(共同通信)
[5月21日11時24分更新]



442 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/22 12:04
【狂牛病】ヤコブ病病原体となる異常プリオン、高率で3800人に感染か
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1085192466/

【国際】米農務省、狂牛病のリスクがあるカナダ産牛ひき肉輸入許可手続きに過ち認める
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1085191742/

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/22 12:46
ヤコブ病病原体となる異常プリオン、高率で人に感染か
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20040522i303.htm

国立精神・神経センター神経研究所の金子清俊・疾病研究第7部長は「これまで
の疫学調査などから推計して、英国の感染者は、多く見積もっても数百人程度と
考えられてきた。今回はそれを大きく上回る結果で、無視できない重要な報告だ。
日本の場合、感染牛が少ない上に、BSEが発生してから(全頭検査など)十分
な対策が取られているために、英国のような高い感染率は考えられない」と話し
ている。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/24 11:29
羊肉にプリオン蓄積、「牛でも研究を」 仏グループ
http://www.asahi.com/science/update/0524/001.htmlタソ
牛海綿状脳症(BSE)などの病原体である異常たんぱく質「プリオン」が、
羊では筋肉中にもたまることを仏国立ツールーズ獣医学校などのグループが
確認し、23日付の米医学誌ネイチャーメディシン(電子版)に発表する。
蓄積量はわずかなうえ、羊の病気は人にはうつらないとされるため、ただちに
食肉の安全性を揺るがすものではないが、「牛でも研究が必要」との声が出て
いる。
(以下略)

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/25 07:53
(5/21)米農務省、禁止カナダ産牛ひき肉輸入をひそかに許可
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0&i=2004052109634bs
 【ワシントン=吉田透】ワシントン・ポストなど複数の米紙は20日付
で、米農務省がBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)発生を理由に禁じて
いたカナダ産牛のひき肉の輸入を、昨年9月から一部の米食肉加工業者
にひそかに許可していたことが明らかになったと報じた。
 カナダでは昨年5月に初のBSEが発生。米農務省はすべてのカナダ
産牛肉や生きた牛の輸入を禁止した。同8月にはBSEのリスクが低い
骨なし牛肉などの輸入は再開したものの、ひき肉や生きた牛などの禁輸
は続けると発表していた。しかし実際には、昨年9月から今年4月までに
禁輸品目が米農務省の許可を得たうえで約1万5000トン輸入されていた
という。[2004年5月21日/日本経済新聞 朝刊]

BSE禁輸の牛肉「輸入認可」で米農務長官に辞任要求(朝日)
http://www.asahi.com/special/bse/TKY200405210303.html
牛海綿状脳症(BSE)の発生で禁じられていた一部のカナダ産牛肉の輸入を
、米農務省がひそかに認めていたとして、米民主党のコンラッド上院議員は
20日、ベネマン農務長官の辞任を求める書簡をブッシュ大統領に送った。
BSEをめぐる農務省の対応には不透明な部分が多いと指摘されており、
米国産牛肉の輸入再開をめぐる日米交渉にも影響する可能性がある。
 昨年5月にBSEが発生したカナダからの牛肉輸入について、米政府は
8月、生後30カ月未満の骨なし肉など一部は解禁したが、ひき肉などの禁輸
は続けている。しかし一部の業者に対し、農務省はひき肉などの輸入許可を
与え、最近まで輸入されていたという。ロイター通信によると、米農務省は
「適切な措置をとっていれば禁輸対象から除外する規定がある」と説明して
いるという。 (04/05/21 18:20)



446 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/25 07:54
(5/20)米上院議員ら、牛肉の原産地表示義務づけ法案提出(日経)
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0&i=2004052109634bs
【ワシントン=吉田透】米民主党のダシュル上院院内総務らは20日、米国内で
販売する牛肉や豚肉、果物などに今年9月から原産地表示を義務づけるべきだ
とする法案を提出した。原産地表示は2006年9月に義務づけられる予定だが、
法案は消費者の食の安全確保のために2年前倒しするよう強調している。
 米国初のBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)がカナダから輸入された牛から
昨年暮れに見つかったことが法案提出のきっかけのひとつ。20日には、輸入
禁止になっていたはずのカナダ産ひき肉の輸入再開を米農務省がひそかに
昨年9月から認めていた事実も発覚した。
 ダシュル院内総務は「米消費者が知らないうちにカナダ産牛肉を食べさせ
られていたという知らせに強い懸念をおぼえている」と声明を発表。原産地
表示の前倒し実施が急務だと訴えている。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/25 11:48
5/21)エスビー食品、「ゴールデンカレー」牛由来原料ゼロに
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?i=2004052008171bs&c=0
 エスビー食品は主力のカレールウ「ゴールデンカレー」をテコ入れ
する。BSE(牛海綿状脳症)の影響で牛由来原料に不安を感じる
消費者に配慮して牛肉由来の原材料の使用を完全にやめたほか、カレー
粉の配合なども改めた。2003年度の売上高は80億円だったが、3年ぶり
に大幅に刷新して今年度の売り上げは2割増を目指す。
 使用する油脂はパーム油や大豆油などの植物性に切り替える。既に
牛エキスの使用はやめており、これで牛由来の原材料はゼロになる。
 味も、従来の深みのあるまろやかなカレー粉に香辛料の味を強調した
粉をブレンドするなど改良した。244グラム商品には9月までの限定で、
カルダモンやナツメグ、唐辛子などを混ぜた調味料の袋を付ける。
振りかけて辛さを調節できる。
 6月中旬から順次、切り替える。甘口、中辛、辛口の三種類で、
100グラム入り(希望小売価格は税抜き165円)と244グラム入り
(同285円)がある。03年度の同商品の売り上げはBSEの影響などで
前年度比8%減となったため、刷新して回復を狙う。
[2004年5月21日/日経産業新聞]


448 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/31 16:44
米牛肉解禁でも農水省へ=全同食幹部らと浅田容疑者
−大量の在庫で逮捕直前
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040531-00000017-jij-soci
 ハンナンは輸入禁止前、牛丼チェーン大手が扱う米国産牛肉の仕入れの
約6割を担っており、禁輸について「ほんまにかなわん。陳情にいかな、
大変ですわ」などと漏らしていたという。

背骨処分事業へ参入図る 全同食
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040531-00000032-san-soci
 本来、食肉業者と背骨を扱う業者は完全分業で、全同食は背骨を取り扱った
ことはなかった。浅田容疑者らが牛肉の買い取り事業で国の補助金を引き出し
、利ざやを稼ぐだけでなく、骨までも金に換えようとしていたとみられる。

全同食=ハンナン浅田容疑者が専務理事の「全国同和食肉事業協同組合連合会」


163 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)